南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


南海地震と東海地震は確実に連動することが明らかに!歴史記録にない新しい東海地震の痕跡を発見!


歴史記録にない新しい東海地震の痕跡を発見!南海地震と東海地震は確実に同時発生することが明らかに!

f:id:tsukasa-fp:20191121230210j:plain
国立研究開発法人・産業技術総合研究所は静岡県西部の太田川低地から7世紀末と9世紀末の津波堆積物を発見し、これまで未確認だった2回の東海地震の痕跡を発生しました。


684年と887年に南海地震が発生した歴史記録は残されているのですが、同時代に東海地震が発生した記録がありませんでした。



特に887年の南海地震の記録ではかなり広範囲で強い揺れがあったことが記されていますが、これが今回の津波堆積物の発見によって東海地震が同時発生したことによるものだということが明らかになったのです。


この発見により、過去の南海トラフ沿いの大地震についての記録がより詳細にわかってきました。



南海トラフ沿いで発生する巨大地震の発生時期や規模をより正確に推定するため、産総研はこれまで南海トラフ沿岸などで津波堆積物などの地質学的調査を行ってきました。


しかし、通常の調査研究では台風や洪水などの他の要因によってできた堆積物との区別が難しく、信頼性の高いデータを得られることができませんでした。



そこで、歴史記録の空白期間を埋める記録が保存されていた静岡県西部の太田川低地に注目しました。


太田川の河川拡幅工事で発見された地層断層を対象に、3年間にわたり津波堆積物の調査が行われたのです。



ここで見つかった堆積物が津波によるものである証拠もしっかりと公表されています。


それが「ザクロ石」の存在です。



太田川低地で見つかった津波堆積物にはそれぞれ「ザクロ石」が含まれていたのですが、


これは通常、太田川の川砂には含まれないもので、静岡県西部の海岸の砂に多く含まれているものです。


この海岸線からは2キロ以上も離れており、とても高潮などでは説明ができないのです。


また、津波堆積物の内部には、大波が何度も繰り返し遡上したことを示す構造も見られました。



ここで見つかった津波堆積物は4枚でしたが、その発生時期を調べてみると、


1.7世紀末
2.9世紀末
3.11世紀~12世紀
4.15世紀=17世紀


のものであると推定されました。



これらの推定された発生時期と歴史地震との対応を、先行研究も参考に検討した結果「3」は1096年の永長地震「4」は1498年の明応地震による津波であると考えられます。


つまり、684年、887年、1096年、1498年の南海地震は東海地震が連動している可能性が極めて高いということが考えられるのです。



これによって過去の南海地震はすべて、東海地震が連動もしくは連鎖していたということが明らかになったのです。