南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


房総沖でM8クラスの巨大地震が起こる可能性が高い!?

f:id:tsukasa-fp:20190829213601j:plain



関東南部では近い将来に起こるとされている直下地震があります。


南関東直下地震と呼ばれ、神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県、茨城県の南部で歴史的に繰り返すマグニチュード7クラスの大地震のことをいいます。


特定の断層で起きる地震ではなく、南関東のどこかを震源するM7クラスの直下地震をまとめて指す呼び方で、東京都はもちろん、他のどこの地域で起きても被害はかなり甚大なものになることが想定されています。



内陸地震に関する発生間隔は信憑性が薄いですが、過去の地震活動を見ると平均20年前後という短い間隔で直下地震が発生しています。


最後に被害地震を引き起こしたのは1987年の千葉県東方沖で発生した地震で、それから30年以上が経過しています。


加えて東北地方太平洋沖地震の影響によって、関東地方の地震リスクはかなり高まっているということが多くの学者から指摘されており、事実、2011年以降関東地方やその沖合では地震活動や地殻変動が非常に活発化しています。



また関東地方では、直下地震よりもさらに甚大な被害を及ぼすとされる相模トラフで起こる関東大震災タイプの地震も繰り返し発生しており、南海トラフ地震や東日本大震災クラスの地震や津波を引き起こす可能性があります。



もう一つ、関東地方で繰り返し発生しているものに房総沖の巨大地震があります。


これは千葉県の房総半島東方沖、太平洋の地下を震源とする地震のことで、千葉県東方沖地震や相模トラフに起因する地震とは発生地域が異なり区別されています。



平均的な発生間隔は産業技術総合研究所によるとM8級の地震は約400年とされていますが、ブログ記事でも説明したように地震の発生間隔に関する信憑性は非常に薄いです。


実際に過去の活動記録を見てみると、1605年の慶長地震がそれに当たると考えられ、それから72年後の1677年に延宝地震が発生し、千葉県、茨城県、福島県などに大津波が襲来しています。(約72年)



その後、約230年という期間をあけてM7.5の房総沖地震が起こりましたが、それでも前回の地震よりかなり規模が小さいと考えられ被害の記録は少ないです。(約230年)



次に房総沖地震が起きたのは、それから約44年後で、M7.5~M7.9と推定されています。(約44年)



そして一番最新の活動がその約30年後の1984年に起きたM6.6の地震です。(約30年)



これらの同領域の全ての大地震を見てみると400年という間隔よりは遥かに短いスパンで地震が発生していて、かつ、次の発生間隔までの長さが南海トラフ地震と同じく「前回の地震規模に比例している」という特徴があることがわかります。


まずM8~9クラスの巨大地震が72年という間隔で2回発生したことにより、次に起きるまでの間隔が230年もあいてしまったという見方ができます。


その後、M8未満の地震が30~40年前後の間隔で起きていて、最新の活動はM6.6とさらに規模が小さいことから、次の地震までの発生間隔は少なくとも40年前後かそれ未満の間隔で発生すると単純に予測することができます。


1984年から現在まで、35年が経過しています。


つまり、房総沖でも巨大地震がそろそろ発生しても不思議ではない状態であるということが言えるのです。



また「M8級の地震は約400年周期」という研究が正しければ、前回マグニチュード8以上の地震を引き起こしたとされる延宝地震からは約350年が経過しています。


前回の地震規模、そして東北地方太平洋沖地震の影響など総合的に考えて発生間隔は短縮されていて、次に起こる房総沖の地震はM8以上という巨大地震になる可能性が高いと推定できます。



関東大震災タイプの地震は発生周期説のみで考えるとまだ先ですが、「首都直下地震」と「房総沖巨大地震」のいずれかが発生すれば関東では甚大な被害が生じ、日本全体の経済がストップしてしまう可能性もあります。


それが数年から数十年という短い期間で2つとも発生するとなると、日本は壊滅的な打撃を受けることになるのです。


関東大震災や東日本大震災でも壊滅的な被害を受けましたが、どれほど甚大な被害になろうと、人さえいれば復興が可能です。


その点からも、まずは人的被害を最小にすることが日本を守るために一番必要なことだと考えます。


南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─