南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


地球の反対側で発生した津波が日本列島を襲うことも!?地震はいかにして引き起こされるのか?

f:id:tsukasa-fp:20190625191434j:plain




すべての地震はプレートの影響によって引き起こされている


日本列島の周辺には数多くのプレートがあります。


日本で多発する地震はすべて、このプレートの影響によるものだと考えられています。



日本列島の周辺みたいに多くのプレートが集まっている地域は、世界的にもかなり稀です。



具体的に名前を挙げてみると、


まず、ユーラシアプレート北米プレートという2つの陸のプレートがあります。


さらにフィリピン海プレート太平洋プレートという2つの海洋プレートが存在しています。


まさにプレートの密集地帯であり、ひしめきあっているのです。



日本列島周辺の地形を見てみると、太平洋側には海溝やトラフが深く刻み込まれているのがよくわかります。


これらの海溝やトラフで沈み込んだ海洋プレートに沿って、巨大地震が相次いで起きていることが分かります。



そして、海洋プレートの沈み込みに従って、大陸に近づくほど震源が深くなっているというのも理解できます。



こうしたデータから、巨大地震とプレートの因果関係を読み取ることができるのです。



いかにして地震が発生するのか?


日本列島とその近海で発生する地震について、震源の分布をみてみると、


内陸の浅い場所に分布するものと、沈み込むプレートに沿って帯状に分布するものが存在します。



前者が陸域の浅い地震を示し、後者がプレート境界付近で発生するプレート間地震や海洋プレート内地震を示しています。


太平洋側では海洋プレートが陸のプレートの下に沈み込んでいるため、日本列島には、常に強い圧縮の力がかかっています



この海洋プレートの沈み込みと、それに伴う陸地の圧縮によって、日本列島とその近海で様々な地震が発生しているのです。


www.nankai-trough.xyz



同じ断層で繰り返し大地震が起きている


内陸部で活断層が活動すると、陸域で震源が浅い地震が発生します。


陸域の浅い地震の規模は、大きくてもマグニチュード7クラスの場合がほとんどです。


しかし、1891年に発生した「濃尾地震」は内陸地震としては最大級のM8.0という規模で発生しました。



このタイプの地震は比較的地表から近い場所を震源として発生するのが特徴です。


断層運動が地表まで達することが多いため、地表に断層が現れることも珍しくありません。



こうした地表に達した断層を調査してみると、その多くで、すくなくとも過去数十万年にわたるずれの累積が見られます。


つまり、同じ断層で地震が繰り返し起きているという証拠なのです。



日本列島に同様の力がかかっている限り、このような活断層がある場所では、今後も大地震が繰り返し発生すると考えられます。


つまり、過去に起きた歴史地震が今後あらゆる場所で再び起こるということでもあるのです。


www.nankai-trough.xyz


地球の反対側を襲う津波


太平洋プレートやフィリピン海プレートが沈み込む千島―日本海溝相模トラフ駿河―南海トラフなどの付近では、


陸のプレート先端部が跳ね上がることによってプレート間地震が発生します。



プレート間地震の特徴は、まず規模が大きいこと、そしてときに津波を引き起こすということです。


プレート境界に面した沿岸地域や、特に震源に近い地域では地震による強い地震動を受けるほか、


その直後に津波が到来することが多いです。



また、日本列島やその近海の地震のみを警戒していればいいわけでもありません。


外国で発生した地震によっても、日本列島に津波が襲ってくる可能性があるため、常に津波警報は注意して聞かなければいけません。



1960年のチリ地震による津波はその典型的な例でした。


チリ沖で起きた地震による津波が、地球の反対側の日本各地を襲い、大きな被害を出したのです。


津波に関しては、地球の反対側だからといっても、決して安心はできないのです。


南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─