南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メルマガはこちら(地震予測・調査情報)

大阪の街を襲う南海トラフ地震の津波の脅威!地下街の広がる梅田や難波まで浸水する!?

f:id:tsukasa-fp:20190616043644j:plain




安政南海地震の様子と心得が書かれた碑文


嘉永7年(1854年)6月14日午前零時ごろに大きな地震が発生した。


大阪の人々は驚き、川のほとりにたたずみ、余震を恐れながら4,5日の間、不安な夜を明かした。


この地震で三重や奈良では死者が数多く出た。



同年11月4日午前8時ごろ、大地震が発生した。


以前から恐れていたので、空き地に小屋を建て、年寄りや子供が多く避難していた。



地震が発生しても水の上なら安心だと小舟に乗って避難している人もいたところへ、翌日の5日午後4時ごろ、再び大地震が起こり、家々は崩れ落ち、火災が発生し、その恐ろしい様子がおさまった日暮れごろ、雷のような音と共に一斉に津波が押し寄せてきた。



安治川はもちろん、木津川の河口まで山のような大波が立ち、東堀まで約1.4メートルの深さの泥水が流れ込んだ。


両川筋に停泊していた多くの大小の船の碇やとも網は切れ、川の流れは逆流し、安治川橋、亀井橋、高橋、水分橋、黒金橋、日吉橋、汐見橋、幸橋、住吉橋、金屋橋などの橋はすべて崩れ落ちてしまった。


さらに、大きな道にまで溢れた水に慌てふためいて逃げ惑い、川に落ちた人もあった。



道頓堀川に架かる大黒橋では、大きな船が川の逆流により横転し川をせき止めたため、河口から押し流されてきた船を下敷きにして、その上に乗り上げてしまった。


大黒橋から西の道頓堀川、松ヶ鼻までの木津川の南北を貫く川筋は、一面あっという間に壊れた船の山ができ、川岸に作った小屋は流れてきた船によって壊され、その音や助けを求める人々の声が付近一帯に広がり、救助することもできず、多数の人々が犠牲となった。


また、船場や島ノ内まで津波が押し寄せてくると心配した人々が上町方面へ慌てて避難した。



その昔、宝永4年(1707年)10月4日の大地震の時も、小舟に乗って避難したため津波で水死した人も多かったと聞いている。


長い年月が過ぎ、これを伝え聞く人はほとんどいなかったため、今また同じように多くの人々が犠牲となってしまった。



今後もこのようなことが起こり得るので、地震が発生したら津波が起こることを十分に心得ておき、船での避難は絶対にしてはいけない。


また、建物は壊れ、火事になることもある。


お金や大事な書類などは大切に保管し、なによりも「火の用心」が肝心である。


川につないでいる船は、流れの穏やかなところを選んでつなぎ替え、早めに陸の高いところに運び、津波に備えるべきである。



津波というのは沖から波が来るというだけでなく、海辺近くの海底などから吹きあがってくることもあり、海辺の田畑にも泥水が吹き上がることがある。


今回の地震で羽曳野の古市では、池の水があふれ出し、家を数多く押し流したのも、これに似た現象なので、海辺や大きな川や池のそばに住む人は用心が必要である。



津波の勢いは、普通の高潮とは違うということを、今回被災した人々はよくわかっているが、十分心得ておきなさい。


犠牲になられた方々のご冥福を祈り、つたない文章であるがここに記録しておくので、心ある人は時々碑文が読みやすいよう墨を入れ、伝えていってほしい。



安政2年(1855年)7月建立




大阪の街を襲う津波の脅威


南海地震が発生。


堤防が崩れ、大阪湾から河川を逆流した津波は、約8キロ上流の中ノ島付近から都心部にあふれ出る。


2時間半で5万立方メートルの水が地下街に流れ込む。



これは河田恵昭京都大学防災研究巨大災害研究センター長が行った、津波シミュレーションの結果になります。



大阪は1854年、安政南海地震で約800人の犠牲を出しました。


東海・東南海地震が起こった場合、大阪の震度は5強で揺れによる被害は比較的少ないでしょう。


しかし本当に怖いのはその後の津波なのです。


150年前と同様に太平洋で発生した津波は紀伊水道を通り、紀淡海峡から侵入し、淡路島で反射して大阪に押し寄せてきます。



第1波は地震発生から約2時間後、2.1メートルの高さ、第2波はその50分後、2.5メートルの高さ、時速36キロの速さで襲ってきます。



大阪に到達した津波は、河川を逆流して市内に溢れていきます。


しかし、昔と大きく異なるのが、現代の大坂の町は地上ばかりではなく地下にも広がっているということです。


さらに地下水のくみ上げによって、全体の地盤が沈下しているのです。



大阪、梅田の地下街は、一日に何十万人もの人が行き交う日本一わかりにくい地下街です。


この地下街を津波が襲うとどうなるでしょうか…。



津波対策としては水門を設けてあります。


大阪湾に入り込んだ津波は安治川、木津川、尻無川などを逆流します。


街は約900の防波堤で守られていますが、その防波堤はあくまで高潮用に作られたもので、津波を想定したものではありません。


さらにすべての水門を閉めるのには5時間以上かかるという結果も出ています。


そして、津波は大阪の中央区にまで押し寄せてくる可能性があるのです。



【南海トラフ地震】昭和南海地震から70年くらいしか経っていないのに「いつ起きてもおかしくない」と言える根拠とは? - 南海トラフ地震警戒情報


5つの不安材料


大阪の海岸線には、高さ3メートルの防潮堤が160キロの長さにわたって続いています。


大阪府土木部では「津波は防潮堤の高さよりも低いので、十分に対応ができる」としています。



また、淀川、大和川、石津川などの主な川には頑丈な水門を設け、防潮堤にある約7000の出入り口にも浸水を防ぐ扉が付けられています。


しかし、それでも不安材料が5つあります。



まず1つ目が、防潮扉が閉まらないということ。


一番小さな扉でも、完全に閉めるのに4人がかりで5分以上必要で、閉めなければならない数は約700もあります。


津波が来るまでの2時間以内にすべて閉めきることは不可能と言われています。



2つ目は、防潮堤以上の高さの津波襲来の可能性が考えられます。


津波は海水の塊なので、さえぎるものがあればその場所で高さを増します。


つまり、防潮堤に当たって高さを増し、そのまま流れ込んでくる可能性があるのです。



3つ目は、津波の前には震度5強の揺れが起こり、堤防や水門が壊れる可能性があるということ。


これまで起きた大地震のほとんどは、強い揺れや液状化によって堤防や水門が壊れるという被害が起きています。



4つ目は、船が防潮堤や水門に衝突して破壊するという問題。


大阪港には1日100隻以上の船が停泊しています。


津波は台風による大波と違って巨大な海水の移動なので、それと一緒に船も流されます。


外洋に避難することができなかった数万トンクラスの船が、時速50キロ前後の速さで岸壁や堤防に激突するのです。


破壊された堤防からは第2波、第3波の津波が陸地に流れ込んでいきます。



5つ目が、貯木場から流れ出した木材が水門や橋を破壊するという問題です。


スマトラ島沖地震や東日本大震災でも、一面に木材が散乱している写真がありました。



津波は梅田の地下街にも流れ込む


大阪市大正区は海抜0メートル地帯です。


防潮堤が破壊されたり、扉が閉まらなかった場合、津波は2メートルの高さで市街地に侵入するというシミュレーションがあります。



津波は海抜の低い地域を飲み込みながら、時速30キロ以上のスピードで難波や梅田に到達します。


梅田には巨大な地下街があり、1日60万人以上の人が行き交います。


出入口は88ヶ所あり、ここがすべて閉じられなかったら、また防水板より波の高さが高い場合は、海水が地下街に流れ込んできます。



梅田周辺の海抜は1メートルしかありません。


つまり、2メートルの津波には防水板は対応できないのです。



また、梅田周辺、淀屋橋や本町などのオフィス街で仕事をしていたころ、ほんの数十分間降ったゲリラ豪雨によって辺り一帯が膝上まで浸水したことがあります。


まだ雨水だったから良かったのですが、これが海水だったら、「塩害」という事態も発生してきます。


電気系統はショートし、一時は走っていた車も突然動かなくなります。


地下街の電気系統はすべてダメになり、鉄製のものもサビついてしまいます。


さらにガス管も水道管も、以後の耐久性、信頼性についてはまったく保証できなくなるのです。



地下街を持つ都市は、津波を含む水害対策を根本的に考え直さなければならないのです。