南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


驚愕の津波シミュレーション結果!地震発生後すぐに避難すれば死者ゼロ!しかし、時間の経過と共に犠牲者は膨大な数になる!?

f:id:tsukasa-fp:20190614020855j:plain




東海地震でもっとも被害をうける静岡県


気象庁は日本近海で地震が発生すると、あらかじめシミュレーションしてある地震パターンから津波を予測し、3分を目安にして津波予想を出しています。


パターンは約10万通りあり、地震の規模と場所を入力すると、発生する津波のデータがわかります。


テレビ画面の上に流れるテロップがそれです。



東海地震では、千葉県から和歌山県にかけて津波による死者は、最悪の場合2200人にのぼると想定されています。


これは住民の津波に対する意識が低く、地震の揺れによって水門の閉鎖が不能になった場合の想定です。



東南海・南海地震が起きると、愛知県から高知県にかけて津波による死者は最悪8600人となると想定されています。


また、3つの地震が同時に起こると、20万人~30万人の死者が出ることが想定されています。



東海地震で最も大きな被害を受けるとされているのが、静岡県です。


ここではシミュレーションにより、駿河湾内で地震発生からわずか5分以内に10メートル以上の津波が押し寄せてくるとされています。


また遠州灘でも10分以内に津波が襲ってくると予想されており、これらの津波によって太平洋岸の低地は、約40平方キロが浸水してしまうと推定されています。



もしこの地震が夏場に起きたらどうなるでしょうか。


海水浴シーズンで海岸は万単位の海水浴客であふれているのです。


地震発生から5分から10分でとても高台に避難する事なんでできません。


万単位の人々、そのすべてが波にさらわれてしまえば死者の数は計り知れません。



高知県土佐清水市の津波シミュレーション


高知県が行った、南海地震による土佐清水の津波シミュレーションの結果が次の通りです。



第1波の津波が地震発生から数分後に市西部や市街地の清水地区に到達。


人口の約3分の1にあたる6000人が住む市街地は最高8メートルの津波でほとんど浸水し、海抜12メートルの高台にある市役所と小学校がかろうじて残るものの、市の主要施設や住宅は全滅に近い状態となる。


市北部の下ノ加江川流域では、上流約2キロ地点までが浸水5メートル、3キロ地点まで2メートルの浸水となる。




震源を南海トラフに沿って移動させながら、数通りのシミュレーションを行った結果、一番最悪の被害を受けるのが四国最南端に位置する土佐清水市だっだのです。


このシミュレーションによれば、土佐清水市に限らず、高知県には30分以内にすべての沿岸部に津波が到達しました。



南海トラフ巨大地震がいつ発生するのかを具体的に計算し予測!2030年までに必ず準備を!予知、予言に惑わされるな! - 南海トラフ地震警戒情報


わずか1mに満たない高さが生死を分ける


コンピューターシミュレーションによる動画のハザードマップを使用し、東南海・南海地震同時発生時の津波による被害想定を行った研究もあります。



マスコミや行政による災害情報が、屋外拡声器や広報車によって伝わる時間と住民の避難行動をパターン化し、それぞれのパターンについて予想される死亡者数を算出しました。



その結果、地震発生後すぐに避難した場合、津波による死亡者はゼロでした。


しかし、地震発生から津波が来るまで約20分間避難しなかった場合には、3000人近い死者が出ました。


この結果は東日本大震災やスマトラ島沖地震の津波を例にとっても十分に納得できます。


津波に飲まれて溺れている人もいれば、ほんの数メートル先でそれをビデオに撮っている人もいました。



また、二つ並んだ避難ビルにそれぞれ数百人という人が避難していました。


この二つの避難ビルの高さはわずか2メートル程度の差しかありません。


しかし徐々に水かさが上昇していく津波は、片方のわずか2メートル程度低い避難ビルを百人単位の人々を収容したまま飲み込んでしまったのです。


わずか2メートルという差で助かった人たちは、向かいの避難ビルが飲み込まれていく姿を何もできずにただ見ているしかありませんでした。



「なるべく高く」


生死を分けるのは1メートルにも満たない「高さ」なのでしょう。


南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─