南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メルマガはこちら(地震予測・調査情報)

東日本大震災のM9の地震と巨大津波、それに伴うあらゆる被害はすべて予測されていた!?


f:id:tsukasa-fp:20190520062225j:plain



振り返る東日本大震災


2011年3月11日、午後2時46分、宮城県沖を震源とするマグニチュード9クラスの地震が発生しました。



地震そのものによる家屋損壊や火災はそれほどひどい被害ではありませんでした。


しかし、問題はその直後に襲い掛かってきた巨大津波です。


太平洋側の沿岸部では、幅500キロメートルにわたる海水の壁が押し寄せてきたのです。



北海道から東京まで、まさに東日本の沿岸部全体が津波の襲撃を受けました。


そのなかでも特に甚大な被害を被ったのが岩手、宮城、福島の東北3県でした。



津波は家屋や工場などの建物から、田畑まで、そこにあるものすべてを徹底的に破壊しつくしました。


大型トラックや大型漁船なども、瓦礫とともにオモチャのように濁流の中を転げまわりました。



そして、その瓦礫には約2万人もの人々が交じっていたのです。


私の友人もその中に交じり、沖合までさらわれてしまいました。


私が地震研究、そして減災活動をはじめたきっかけでした。


そしてその友人は、何度も壁にぶつかっても決して折れずに続けてこられた「原動力」を私に残してくれました。




しかし、東日本大震災の脅威はそれだけでは収まりませんでした。


東京電力の福島第一原子力発電所が津波によって破壊されたのです。


暴走を始めた原発は、想像を絶するほどの放射性物質をまき散らしました。



翌日、この東北3県はまるで爆撃を受けたかのようなひどい姿と化していました。



地震・津波という複合災害を人類は何度も経験し、原発事故も経験したことがあります。


しかし、地震・津波・原発事故という三種構造の複合災害は人類史上例を見ないのです。


この震災をめぐって、関係当局や一部の学者の口から一貫して出続け、大きな批判を生んだ言葉がありました。


それが「想定外」という言葉です。



責任回避のために使われる「想定外」


翌日、菅直人総理から国民にメッセージが向けられました。




福島第一原子力発電所、更には第二原子力発電所について、多くの皆様にご心配をおかけいたしております。


今回の地震が、従来想定された津波の上限をはるかに超えるような大きな津波が襲ったために、従来、原発が止まってもバックアップ態勢が稼働することになっていたわけではありますけども、そうしたところに問題が生じているところであります。




その後、気象庁や東大教授、地震学者などから次々と「これほどの地震が東北で起きるとは想定していなかった」という言葉が出てきました。


さらには、経済財政担当大臣からは「神様の仕業」という言葉まで出ました。



震災を「想定外」とすれば、東京電力や政府の責任問題は一気に解消してしまいます。


しかし、マグニチュード9という地震とそれに伴う津波が想定可能であったと認めた場合、東京電力の責任は免れることはできません。


賠償金は膨大なものになり、東京電力の株式は紙くず同然となり、株主への責任も問わざるをえなくなります。



兆単位の膨大な賠償金が科せられれば、東京電力は間違いなく破綻します。


それを「神様の仕業」という言葉の力を使って回避しようとしたのです。



本当に想定外だったのか?


経済財政担当大臣は、ある会見で次のように話していました。




福島原発はもともと10メートルの高台にあって、なおかつ7~8メートルの津波用のフェンスがあります。


それを乗り越えるような津波は発生しないという想定を立てたのは、人間の知恵としては最高の知恵を働かせたのだろうと私は思っています。


その人間の予想とか知恵をはるかに超える津波が発生ました。


それを神様の仕業と言ったのは、自然現象であり、あたかも原子力事業者がその事故の発生原因までも責任を負わなければいけないというのはおかしなことだと思っています。




つまり、福島原発は最高の知恵を働かせて津波対策を講じていたから、東京電力に事故の賠償責任を負わせるのは不当である、ということを言っているのです。


では、政府や東京電力をはじめとする当事者たちは、本当に「最高の知恵」を働かせてきたのでしょうか?



東北地方でマグニチュード9クラスの地震が発生し、10メートルを超える巨大津波が発生した。


この現象を「想定外」かどうかを評価するに際しては、震災が起きた時点での学界の知識を把握したうえで判断するべきです。



2011年3月時点での地球科学の知識レベルはどの程度であったのか?


その知識レベルからマグニチュード9クラスの地震を想定ができたのであれば、シミュレーションなどにより巨大津波は想定が可能だったはずです。


つまり、マグニチュード9クラスの地震が起きることが想定できたのかどうかが重要なポイントとなります。




まず、念のために「想定」の意味を確認しておきます。


当然、特定の場所で特定の時間にマグニチュード9クラスの地震を予測することは単なる「予測」であり、「想定」ではありません。


「想定」とは、日本の沈み込み帯プレートのどこかで、いつかマグニチュード9クラスの地震およびその規模の津波がありうると認識したうえで、対策を講じる、という意味です。


そう考えると、政府も、東京電力もこれまで何度も「想定」のチャンスを見逃してきたと言えるのです。



基準が見直されても想定を見直すことはなかった


チャンスを見逃したとは、どういうことでしょうか?


まず、地震の規模を表すマグニチュードには旧式と新方式のものがあります。


現在では、より正確に規模を示すことのできる新方式によって推定されますが、それが考案されるまでは旧式で計算されていました。


数式などの難しい説明は省きますが、旧式では、実際にどれだけ地震の規模が大きくてもマグニチュード8.5程度で頭打ちとなってしまうのです。


例えば、1960年に南米チリの沖合で発生した地震は新方式ではM9.5と推定されますが、旧式だとM8.3となるのです。



マグニチュードは1.0大きくなるとエネルギーは約30倍になります。


M9.5とM8.3では約150倍ものエネルギーの違いがあり、その表示の差はかなり重要な意味を持ちます。


まったく対策の仕方が変わってくるのです。


そして、過去に起きた大地震を新方式で推定し直してみるとマグニチュード9クラスの地震が複数見つかったのです。




福島第一原発を設計した時点では、旧式であったため、想定できる最大の地震はM8.5前後でした。


そのため、この時点で東日本大震災が発生していれば「想定外」と言われても否定はできませんでした。


しかしその後、新方式が考案され、全世界で複数のマグニチュード9クラスの地震が発生してきたことが明らかになりました。



様々な歴史地震が新方式によって見直され、マグニチュード9クラスの地震が想定内に入ってきたのです。


それにも関わらず、東京電力や政府は、東日本大震災が発生するそのときまで日本でマグニチュード9クラスの地震が起きる可能性を特に想定することも、地震・津波対策を見直すこともなかったのです。




まだ本格的に研究をはじめていなかった私ですら、当時、「南海トラフ巨大地震は連鎖することによってM9クラスになりうる」と考えていました。


しかし、その時、政府が想定していたのはM8クラスの地震でした。


南海トラフ巨大地震の想定がようやく見直されたのは、東日本大震災が発生した後だったのです。



過去に3度M9発生し、38mの津波が起きていた


新方式のマグニチュード推定は、1950年以降の観測機器によって測定できた地震にしか適用できません。


また、旧式による推定でも適用可能なのは地震計のある程度普及した1900年以降の地震に限られます。



そのため、地震学的観測から得られたデータに加えて、地質調査および歴史資料のデータも参考資料として使用する必要があります。



歴史資料では、どの町が特定の地震や津波に襲われたか、どれくらいの被害があったかについての情報は得られます。


こうした歴史記録を地質調査によるデータと合わせて総合的に解釈するとかなり有力な手掛かりとなります。



こうした調査により、東北地方では西暦869年に東日本大震災とほぼ同じ程度の巨大津波があったことが明かになりました。


これが「貞観地震」です。



さらに、これまでの約3000年間で貞観地震の津波と同じ規模の津波がほかにも2回発生した証拠が見つかりました。


とりわけよく知られている1896年の明治三陸津波では、最大38メートルの津波が起きていたことがわかっています。



つまり、まとめると「今日までの3000年間で、マグニチュード9前後の地震が3回、東北地方の沖合で発生した」という結果となりました。


この結果は、2001年までに判明していました。



マグニチュード9クラスという規模の地震が想定内に入ったことに加え、過去に東北地方で実際にその規模の地震・津波が起きていたことまで明らかになったにも関わらず、残念ながら東京電力や政府はそれを想定することも、地震・津波対策を見直すこともありませんでした。



その結果として、とてつもない被害をもたらしてしまったのです。



もしその時に自分が地震研究をしていれば歴史が教えてくれているのだから、それくらいは容易に想定ができたはずです。


そうすれば友人を救うことができたかもしれないのです。





貴方を失ったことは私の心にとって大きな損失であるとともに、私の人生に大きな変化をもたらしました。


私はこの損失をただの損失で終わらせるつもりはありません。


私が地震研究および減災活動に取り組むことができるのは貴方のおかげであり、


次に起こりうる地震災害からより多くの命を救うことができれば、それは貴方の残した功績として人々から感謝されるでしょう。


東日本大震災はまだ終わっていない?20年以内に確実に日本を襲う「西日本大震災」 - 南海トラフ地震警戒情報