南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


義援金はすべての人が必ず貰えるわけではないし、請求することもできない!?

f:id:tsukasa-fp:20190513094040j:plain



なぜ日本赤十字社に集中して義援金が集まるのか?


義援金は法律に基づくものではなく、人々の善意を形にした寄付金です。


東日本大震災では1年が経過した時点で、日本赤十字社と共同中央募金会には、過去最大の約3000億円の義援金が集まりました。


いまでは、災害において義援金は被災地の復興、被災者の生活再建に欠かすことのできない役割を担っています。



義援金は法律による規定がないため、誰が募っても、どこに寄付しても自由です。


特定の被災自治体、NPO団体、学校、施設、友好団体、個人など送金先は色々あります。


しかし、そのなかで多くの人が「日本赤十字社」に寄付をします。



なぜ日本赤十字社に多くの義援金が集まるのでしょうか?


日本赤十字社は、「日本赤十字社法」に基づく認可法人であり、その業務の1つに「災厄を受けた者に救護」があります。


そして、災害対策基本法では、日本赤十字社をNHKやガス・電気会社と同じように「指定公共機関」と指定し、「防災業務計画」の作成を義務づけています。


その、日本赤十字社防災業務計画に「義援金の受付及び配分」が明記されているのです。


直接の法的根拠ではありませんが、ルール化されているため、災害後ただちに募金の受付を開始できるのです。



義援金の配分方法


義援金の最大の問題はその配分方法です。


配分方法についても当然法律上のルールはありません。


一般的には「社会福祉法」に基づく共同募金で配分委員会が置かれているのにならって、地方自治体が設置する「義援金配分委員会」で配分方法を決めています。



ここには、日本赤十字社が「防災業務計画」に基づき参加しています。


業務計画は「義援金の迅速・公正かつ透明性のある配分」と定め、ここに挙げられた「迅速性」「公平性」「透明性」が配分3原則とされています。


ちなみにこれは、阪神・淡路大震災で被災者への配分が遅れた事、配分方法や内容に疑義が呈されたことなどの教訓から確立された原則です。



大規模災害では数次にわたって配分が行われますが、特に災害直後は混乱しているため、第一次配分では、何よりも「迅速性」を優先するべきなのです。


義援金の配分が遅れるのは「公平性」を理由にいろいろな条件をつけるためです。


東日本大震災でも義援金の配分は大変遅くなりました。



自治体などの意識調査で最も重視されているのが「公平性」でした。


不公平との批判を浴びるのを避けたいという配分責任者の意識から、誰の為の義援金かが忘れられているのです。



しかも、東日本大震災の第1次配分では、住宅の被害認定に応じて配分額を決める方針を立てました。


これでは確実に「迅速性」が失われるということは目に見えてわかります。


また、生活再建支援法と同じ要件のため、法の救済の谷間にいる被災者は救われず、民間の善意の柔軟性が失われるのです。



義援金は何に使われるのか?


義援金は、すべての被災者個人に配分されるとは限りません。


雲仙普賢岳噴火災害や奥尻島津波災害では、義援金の余剰金を原資にして復興基金を創設し、復興に有効活用しました。


個人に対する配分以上に、地域再生に大いに寄与することになったのです。



地方自治体に対して直接寄付された義援金は、各自治体がプールして、独自の事業に使うことが多いです。


例えば、遺児奨学金を設立したり、コミュニティ支援事業に充てたりします。


東日本大震災でも、岩手県宮古市では、日本赤十字社の義援金が配分されない人々、すなわち非住居店舗の事業主、応急仮設住宅に入らず避難している世帯などに対して独自の義援金を配分しました。



義援金はあくまで「贈与」である


義援金の法的性質は贈与です。


そのため、被災者に請求権があるわけではありません。



また、世帯に配分されるのが普通で、世帯主に贈与されると考えるのが一般的です。


災害後に別居した夫婦や、多世代同居世帯だと、誰が受け取るのかをめぐって紛争となる場合も考えられます。


地震や津波でも火災保険や生命保険金は支払われるのか!?被災者は生活保護を受給できるのか!? - 南海トラフ地震警戒情報

南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─