南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メルマガはこちら(地震予測・調査情報)

南海トラフ巨大地震の発生確率と起こる順番

f:id:tsukasa-fp:20190427012638j:plain



南海トラフ地震の発生確率


政府の地震調査委員会は、日本列島でこれから起きる可能性のある大地震の発生予測を公表しています。


全国の地震学者が集まって日本に被害を及ぼす可能性の高い地震についての長期評価を行い、各地震ごとに今後30年以内に地震が発生する確率を予測しています。



そのなかでも特に被害が大きいとされるのが、今世紀半ばまでに発生すると予想されている「東海地震」「東南海地震」「南海地震」という3つの巨大地震です。


この3つの巨大地震が30年以内に発生する確率は、10年以内では30%30年以内では70~80%50年以内では90%以上とされています。


しかもこれらの数字は毎年更新され、少しずつ上昇しています。


今世紀の半ばまでには100%発生すると断言しても過言ではないのです。



地震の発生予測では大きく2つのことを予測しています。


1つは今後数十年間において、何%の確率で起きるのかです。


巨大地震はプレート運動によって、プレートとの境目にエネルギーが蓄積され、それが限界に達したときに一気にエネルギーが放出されて起きます。


このプレートの動く速さがほぼ一定なため、巨大地震はある程度周期的に起きる傾向があるのです。


地震の発生予測は、この周期性を利用して、発生確率を算出したものです。


実際には確率論や数値シミュレーションなども使い、複雑な計算を行っています。



もう1つはどれだけの大きさ、つまりマグニチュードでどれくらいの規模の地震が発生するのかです。


これは過去に繰り返し発生した地震がつくった断層の面積と、ずれた量などから算出されます。



海溝型の巨大地震は必ず起こる


過去の地震に関するあらゆる観測情報を総合判断して予測を行う場合は、コンピューターだけでなく人間の判断が組み込まれています。


近代地震学が日本に導入されて地震観測が始まったのは明治になってからです。


それ以前の地震については観測データがないため、古文書などを調べて起きた年代や震源域を推定しています。


その結果、最も懸念される地震はこれから西日本の太平洋沿岸で確実に起きると考えられる「南海トラフ巨大地震」なのです。



過去の情報を読み解くと、東海から四国までの沖合で、海溝型の巨大地震が比較的規則正しく起きてきたことがわかります。


こうした海溝型の巨大地震はおおよそいつ頃に起きそうかを計算することが可能です。


この点が、数千年~数万年の周期を持つとも、そもそも周期はないとも言われる活断層による直下型地震と大きく異なります。



南海トラフの歴史をひもとく


南海トラフ沿いの巨大地震は、およそ90年~150年おきに発生してきました。


人間の時間感覚からはやや不規則ではありますが、緩い周期性があることがわかっています。


そして、こうした時間スパンの中で、3回に1回は巨大地震が発生してきました。



その例としては、1707年の宝永地震と、1361年の正平地震、887年の仁和地震です。


実は、近い将来に南海トラフ沿いで起きる巨大地震は、この3回に1回の番にあたるのです。


つまり、東海・東南海・南海の3つ、もしくは日向灘沖を含む4つの地震が同時に発生する「連動型地震」というシナリオになるのです。


さらに想定外を考えると沖縄まで延びる「琉球海溝」まで誘発されて、5連動になれば被害はさらに広域にまで広がります。


想定外を考えるとキリがありませんが、もし3連動が起これば、それらの震源域は極めて広く、首都圏から九州にまでかなり広域に甚大な被害を与えると想定されています。



最短2分で到達する巨大津波


南海トラフ沿いの海域では、過去にもM8クラスの巨大地震が発生し、数十メートルを超える津波が至る所を襲いました。


この「津波」は、風によって海の表面がうねる通常の波とは異なり、海底から海面までの水全体が横方向に移動する巨大な波の壁です。


プレートの跳ね返りとともに海底が隆起し、付近の海水が急激に持ち上がり、海面が数十メートル以上も上昇します。


これが最後に巨大な水の塊となって陸へ押し寄せるのです。



津波が移動する速さは陸へ近づくに従って減速します。


沖合では時速1000キロメートルというジェット機のようなスピードで移動しますが、陸に近づくと時速数十キロメートルにまで減速します。


沖合ではそれほど高くない津波も、後ろからやってきた津波が前の波に追いついて、波の高さがどんどん高くなっていきます。


そして日本列島に到達する頃には、想像を絶するほど巨大な波となって人々を襲うのです。



三連動型地震の順番


南海トラフ沿いの3つの地震は比較的短い間に連続して活動することがわかっています。


つまり、1つ地震が発生すると短い期間で続けて残りの2つが活動するということです。


そしてその発生パターンには以下のような順番があると考えられています。



東南海地震→東海地震→南海地震


まず、名古屋沖で東南海地震が起きるとそれに誘発されて静岡沖で東海地震が起き、続けて四国沖で南海地震が起こるという順番です。



具体的に過去の南海トラフ地震の発生パターンを見てみると、1944年に東南海地震が発生し、その後2年の時間差をあけて南海地震が発生しました。


また、さらにもう一つ前の南海トラフでは1854年に同じ場所が32時間の時間差で活動しました。


その前の3連動型地震と呼ばれる1707年の「宝永地震」では、3つの場所が数十秒のうちに順番に活動したと推定されています。



すなわち、名古屋沖で地震が起きてから東海や南海地域で避難準備をしようと思っても、間に合わない場合があるのです。


もし数十秒の差で地震が次々と発生してしまうと対応のしようがないのです。



あくまで統計的な話で科学的な理由はなにもわかっていませんが、過去の例では冬に発生する確率が高いということがわかっています。


また、南海トラフ沿いの地震は東日本大震災の影響を直接受けて誘発されるということは考えにくく、独立して起きるものである可能性が高いです。


その大きな理由としては、東北地方太平洋沖地震を引き起こした太平洋プレートと南海トラフ地震を引き起こすフィリピン海プレートの2つのプレートは、別の方向へ移動しており、沈み込む速度も異なるからです。


南海トラフ地震はいつ起こるのか?規則性から発生時期を予測する! - 南海トラフ地震警戒情報