南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


【令和元年】愛媛県の南海トラフ巨大地震被害想定




愛媛県全体の被害想定


【死者】   1万2000人
【建物倒壊】 19万2000棟
【最大津波高】21m
【浸水面積】 40.5㎢
【被害額】  10兆9000億円
【避難者】  54万人
【断水】   120万人
【下水道】  62万人
【停電】   71万軒
【ガス】   4万1000戸
【防波堤】  5200m
【災害廃棄物】1700万トン


市区町村別の津波予想地図


○分=1mの津波が到達する最短時間


f:id:tsukasa-fp:20190421035632j:plain



市区町村別の地震動予想地図


f:id:tsukasa-fp:20190421035637j:plain




愛媛県の被害の概要


内閣府では、南海トラフ巨大地震の複数の発生パターンから想定される愛媛県についての被害の最小値と最大値をとると以下のようになると想定しています。


死者数は約400人~約1万2000人
負傷者は約7100人~約4万8000人
全壊及び焼失建物数は約2万9000棟~約19万2000棟
地震発生から一週間後の避難者数は約6万6000人~約54万人となります。


愛媛県では、南海トラフ巨大地震が発生した場合、地震の揺れや液状化で防波堤や堤防が破壊されるなどと想定し、国が出した被害想定と比べ、津波による浸水面積が2.8倍に増えると想定しています。


また、最大震度が「7」を観測するであろう市町も、国の想定と比べて6市町増えました。


国の想定では津波が超えるまでは壊れないとされた防波堤や堤防について、県は地震の揺れで倒壊してしまうと判断しました。


河川や港の水門も一部を除き閉門していないと想定し、最新の地形データと合わせて分析したところ、浸水面積が大幅に増加したといいます。


全体では2.8倍と述べましたが、西条市では国想定の33.6倍、松山市でも7.4倍となっています。