南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


【令和元年】香川県の南海トラフ巨大地震被害想定




香川県全体の被害想定


【死者】   6200人
【建物倒壊】 5万5000棟
【最大津波高】5m
【浸水面積】 27.9㎢
【被害額】  3兆9000億円
【避難者】  22万人
【断水】   74万人
【下水道】  37万人
【停電】   48万軒
【ガス】   5万5000戸
【防波堤】  2100m
【災害廃棄物】500万トン


市区町村別の津波予想地図


○分=1mの津波が到達する最短時間


f:id:tsukasa-fp:20190420223347j:plain



市区町村別の地震動予想地図


f:id:tsukasa-fp:20190420223356j:plain




香川県の被害の概要


内閣府では、南海トラフ巨大地震の複数の発生パターンから想定される香川県についての被害の最小値と最大値をとると以下のようになると想定しています。


死者数は約80人~約6200人
負傷者は約3300人~約2万3000人
全壊及び焼失建物数は約7500棟~約5万5000棟
地震発生から一週間後の避難者数は約3万2000人~約22万人となります。


建物の耐震化率を100%にすることで、全壊棟数は11分の1の2300棟にまで減少させることができ、倒壊による死者数も約15分の1の100人程度に抑えることができるとされています。


さらに、家具の転倒・落下防止対策を全員が行うことで死者数は4分の1まで軽減することができると予想されています。


また、津波による被害は県民が100%早期避難できれば約20分の1にまで軽減できると試算されています。