南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メールマガジン
完全根拠に基づいた短期地震予測で、現在、日本列島のどこで地震発生リスクが高まっているのかを配信しています。

犠牲者13万4000人!大阪府の南海トラフ巨大地震被害想定



大阪府全体の被害想定


【死者】   13万4000人
【建物倒壊】 33万7000棟
【最大津波高】5m
【浸水面積】 30.5㎢
【被害額】  24兆億円
【避難者】  150万人
【断水】   430万人
【下水道】  720万人
【停電】   450万軒
【ガス】   57万戸
【防波堤】  4900m
【災害廃棄物】4300万トン


市区町村別の津波予想地図


○分=1mの津波が到達する最短時間


f:id:tsukasa-fp:20190415191019j:plain



市区町村別の地震動予想地図


f:id:tsukasa-fp:20190415191026j:plain



大阪府の被害の概要


内閣府では、南海トラフ巨大地震の複数の発生パターンから想定される大阪府についての被害の最小値と最大値をとると以下のようになると想定しています。


死者数は約400人~約7700人
負傷者は約1万3000人~約6万5000人
全壊及び焼失建物数は約2万2000棟~約33万7000棟
地震発生から一週間後の避難者数は約26万人~約150万人となります。



しかし大阪府の想定では、M9.1規模の南海トラフ巨大地震が発生した場合、大阪府内の死者は最大13万4000人になると発表しています。


内閣府の想定する死者数の10倍以上に上ります。


しかし、地震発生後すぐに全員が避難を始めれば死者は8800人まで減らすことができるといいます。


この想定は、冬の午後6時と夏の正午の二つのケースを想定し、それぞれ地震発生5分~10分以内に全員が避難を始める場合と30%が津波到達まで避難しない場合を検討しました。


人的被害については、地震発生後2時間弱で津波が到達し、津波の浸水深が1メートル以上の地域では100%死亡すると仮定しました。



被害が最大となる冬の午後6時に地震が発生した場合は、約13万4000人の内、津波による死者が13万3000人になると予測しています。


内閣府の想定を大幅に上回った要因は、防潮堤の沈下などにより浸水面積が3倍以上にも広がったことによるとしています。


しかし、地震発生後5~10分以内に全員が避難を始めた場合は津波による死者はゼロになると想定されています。



また、地域別で津波被害を見てみると最も多いのは「大阪市西区」で死者2万人超、次いで「西淀川区」の1万9700人、「北区」が1万6000人、「淀川区」が1万3000人、「港区」が約1万人などと大阪市内に集中していることがわかります。


汚染・液状化・地下浸水 南海トラフ巨大地震による大阪府の甚大な被害予想 - 南海トラフ地震警戒情報