南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メルマガはこちら(地震予測・調査情報)

犠牲者10万9000人!静岡県の南海トラフ巨大地震被害想定



静岡県全体の被害想定


【死者】   10万9000人
【建物倒壊】 31万9000棟
【最大津波高】33m
【浸水面積】 150.5㎢
【被害額】  19兆9000億円
【避難者】  110万人
【断水】   340万人
【下水道】  200万人
【停電】   200万軒
【ガス】   20万戸
【防波堤】  1万3200m
【災害廃棄物】3100万トン


市区町村別の津波予想地図


○分=1mの津波が到達する最短時間


f:id:tsukasa-fp:20190413182817j:plain



市区町村別の地震動予想地図


f:id:tsukasa-fp:20190413182827j:plain



静岡県の被害の概要


南海トラフ巨大地震の複数の発生パターンから想定される静岡県についての被害の最小値と最大値をとると以下のようになります。


死者数は約6700人~約10万9000人
負傷者は約6万3000人~約9万2000人
全壊及び焼失建物数は約23万4000棟~約31万9000棟
地震発生から一週間後の避難者数は約51万人~約61万人となります。



東日本大震災では約500キロメートルにわたって破壊が進んだとされていますが、南海トラフはそれを上回る700キロメートル以上もの破壊が起こる可能性があります。


そしてその断層のズレによる影響をモロに受けるのが、静岡県の東の端にある駿河湾沖です。


この駿河湾沖が震源となって発生するケースが、最も静岡県での被害を大きくすると予想されています。


さらに心配されるのが南海トラフ発生前後の火山活動への影響です。


過去の宝永地震の際にも、その大規模な地震により富士山の噴火を誘発し、二次災害が多発しました。


地震と火山は影響し合って発生しますので、1707年と同じように、南海トラフ地震と富士山の噴火が連鎖的に起きてしまえば政府の被害想定をさらに上回ることになりかねません。


そうなれば、また「想定外」という言葉が使われることになるのです。


南海トラフ巨大地震が発生すると静岡県ではどのような被害が生じるのか - 南海トラフ地震警戒情報