南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


阪神・淡路大震災とそれ以降に起きた大地震

f:id:tsukasa-fp:20190331051507j:plain



阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の発生


1995年1月17日の午前5時46分頃、M7.3の兵庫県南部地震が発生しました。


震源は明石海峡の海底で、野島断層に沿って南西方向に破壊が進みました。


その間十数秒で地面が右横ずれ方向に最大2.1メートル、縦ずれ方向に最大1.3メートル変位しました。


これは野島断層にとって、考えられる目一杯の活動でした。



周期1~2秒の揺れが岩盤破壊の進行方向に向かい、多くの建物と共鳴して大被害を招きました。


老朽化した木造住宅、台風対策のために瓦の下に土を敷き詰めた重い屋根の家屋が震度7の激しい揺れで簡単に崩れてしまいました。


1階を車庫や店舗にして壁や柱を少なくした建物は、1階部分が押しつぶされました。


f:id:tsukasa-fp:20190331051532j:plain


神戸市役所や神戸市立西市民病院などは、鉄筋コンクリート建物の中層階が潰れました。


これらの被害を受けた建物の大半が、1981年の建築基準法改正以前の建物でした。



震災の帯とは?


淡路島では地面がずれ動いた野島断層の直上だけでなく、川沿いの低地や海岸部の軟弱な地盤で多くの家屋が倒壊しました。


一方、海を隔てた神戸側では、阪急と阪神電車の路線の間を東北東ー西南西に延びる帯状の地域に被害が集中して「震災の帯」と名付けられました。


この震災で有名な、高速道路が横倒しになったのも、この帯の中でした。


f:id:tsukasa-fp:20190331051555j:plain


f:id:tsukasa-fp:20190331051633j:plain


f:id:tsukasa-fp:20190331051712j:plain


震災の帯はフォーカシングによる地震動の増幅で説明されています。


断層を境にして、北側には六甲山地を構成する花崗岩の岩盤があり、南側の平野には柔らかい砂や粘土が厚く堆積しています。


柔らかい地層を伝わった地震の波が岩盤で跳ね返り、断層の下盤側に沿って振動が増幅して被害が集中したのです。


大坂の市街地を南北に貫く上町断層の下盤側などでも被害が多くでました。


f:id:tsukasa-fp:20190331051735j:plain


f:id:tsukasa-fp:20190331051757j:plain


犠牲者6434人の半数以上は高齢者


また、震災の帯より南の埋め立て地盤では液状化現象が著しかった。


周囲の柔らかい地盤が収縮して沈んだことによって建物が抜け上がり、基礎の不安定な建物は傾きました。


さらに地下に埋設したガス・水道管などのライフラインが破損。


ポートアイランドや六甲アイランドなどの人工島も泥水に覆われ、岸壁は抜け上がって地割れを伴いながら海へせり出しました。


古い時期の埋め立て地の被害はさらに著しかった。



六甲山地南東縁で、甲陽断層の断層崖の西にある西宮市仁川では、浄水場脇の急斜面が崩れ落ちて34人が犠牲になりました。


この他、六甲山地では多くの地滑りが生じました。


南麓の市街地でも、造成した地盤の盛土が滑り動き、至る所に地面の食い違いや地割れが見られました。



地震の数時間後から翌日にかけて、神戸市長田区や灘区、東灘区などから出火して数百人以上が犠牲となりました。


原因の一つに、地震後の停電で切られていた電熱器具が、電力復旧とともに、元のスイッチが入った状態になって発火した『通電火災』が挙げられました。



阪神・淡路大震災によって6434人もの命が奪われましたが、60歳以上の高齢者が半数を超えていました。


また、被災した多くの人たちは家を失い、長い間、不自由な暮らしを余儀なくされました。


現在の被災地には新しい建物が建ち並んでいますが、多くの人たちには二重ローンなどに苦しむ日々が続いているのです。



阪神・淡路大震災以降に起きた地震


2000年、鳥取県西部地震(M7.3)


2000年10月6日午後1時30分にM7.3の鳥取県西部地震が発生しました。


境港市の出雲神社上道協会をはじめ400軒近くが全壊しましたが、堅固な木造住居の被害は少なかった。


余震分布やGPS連続観測から、鳥取県西伯郡南部町付近に北西ー南東方向に延びる活断層が推定され、現地調査で道路・溝などを左横ずれさせる断層変位が認められました。


また、トレンチ調査で既存の活断層が活動したことが確認されました。


境港市の埠頭付近や中海の干拓地には液状化現象に伴う不同沈下や噴砂が見られ、松江城の石垣の一部が崩れました。


この地震では、182人の負傷者が生じました。



2001年、芸予地震(M6.7)


2001年3月24日午後3時27分に瀬戸内海の安芸灘を震源としてM6.7の地震が発生しました。


震源の深さは約50キロで、フィリピン海プレートのスラブ内地震だと考えられています。


この付近まで沈み込んだプレートの方向が少し変わるため、西方向への引張力によって地震が発生したのです。


呉市では54軒の住家が全壊し今治市で一階の駐車場が潰れました。



2003年、宮城県の地震(M7.1,M5.5,M6.2)


2003年5月26日に宮城県沖の海底からM7.1の地震が発生しました。


その2ヶ月後の7月26日午前零時13分、宮城県北部でM5.5の地震があり、さらに午前7時13分に3キロ南でM6.2の宮城県北部地震が発生しました。



新潟県中越地域の地震


活褶曲地域として有名な新潟県中越地域では、海底に厚く堆積した柔らかい地層が横方向から圧縮され、


断層活動を伴いながら隆起する過程でシワのように曲がり、地上で浸食されて何列もの丘陵を形成しています。



2004年10月23日の午後5時56分に発生した新潟県中越地震はM6.8、その後もM5.8以上の地震が5回も続きました。


活褶曲に伴う断層が活動したもので、魚沼市小平尾地域では、長さ1キロにわたって地震断層が生じました。


一方、3日前に通過した台風の降雨の影響もあって、丘陵地の傾いた地層で地滑りが相次ぎました。


山古志村などでは、土砂とともに家屋が崩れ落ち、棚田に貯めた綿鯉の養殖用の水も流れ去りました。


崩れた土砂は芋川などを塞ぎ止めて天然の湖を形成し、交通路を遮断された多くの集落が孤立しました。



2007年7月16日の午前10時13分の新潟県中越沖地震(M6.8)は、柏崎市沖の海底の活断層から発生しました。


地盤の軟弱な海岸沿いの低地で多くの木造家屋が倒れ、液状化現象によって斜面や造成地が滑り落ちました。


東京電力柏崎刈羽原子力発電所では、地震の揺れが想定を大きく上回るとともに、管理区域内での破損事故、周辺施設の出火などが重なり、原発に関わる活断層の評価や安全管理について、様々な問題点が浮き彫りになりました。



2005年、福岡県西方沖地震(M7.0)


2005年3月20日の午前10時53分に福岡県西方沖地震が発生しました。


福岡市北西の海底にある警固断層帯北西部で発生し、この地震により、玄界島で多くの建物が被害を受けました。


福岡市内のビル街では窓ガラスが壊れて地上に降り注ぎました。


東日本大震災や阪神淡路大震災などの大地震直後に報告された前兆現象の信憑性は!? - 南海トラフ地震警戒情報

南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─