南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


紀伊水道で地震発生 南海トラフへの影響は?

f:id:tsukasa-fp:20190313190318j:plain



紀伊水道でM5.2の地震発生


2019年3月13日13時48分頃、紀伊水道を震源とするマグニチュード5.2の地震が発生しました。


震源の深さは約50kmで、和歌山、徳島で最大震度4、その他広い範囲で震度3を観測しました。



この領域ではスロースリップが原因で頻繁に地震が起きていて、今回と同規模程度の地震も度々発生しています。


今回の地震も頻繁に起こっている地震活動のうちの1つで、特別これまでとは別の何かの要因で発生した、というわけでもなさそうです。



深さは約50kmと、南海トラフの震源断層(深さ約30km)より深い地点で発生しています。


そのため、今回の地震は、フィリピン海プレートの深く沈み込んだ部分、プレート内部で発生したと考えられます。


南海トラフ巨大地震との直接的な関連性はないとはいえ、プレート内部での地震が固着域に与える影響についての心配はあります。


しかし、地震の規模で考えると、それも考えにくいでしょう。



つまり、今回の地震がきっかけで南海トラフ地震が発生する、あるいは南海トラフに影響を及ぼすという可能性は低いと考えられます。


ただ、今後マグニチュード6.0を超える大規模な地震が同領域で発生した場合には、話は変わってくるでしょう。


というのも、数年間という人間からすれば長いスパンですが、紀伊水道での大規模地震が南海トラフ地震を誘発させたと考えられる例は過去にありました。


今後注意したいのは、同領域での大規模地震の発生であり、それさえなければ、特別南海トラフ地震を心配する必要はないと考えられます。