南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メルマガはこちら(地震予測・調査情報)

最も信頼できる地震の情報ツール「J-SHIS地震ハザードステーション」の見方

f:id:tsukasa-fp:20190225043634j:plain



J-SHIS地震ハザードステーションとは?


防災を考えるにあたって最も重要なことは、地震動を引き起こす震源としての活断層と、揺れを増幅する軟弱地盤の分布を把握し、対策を講ずることです。


そこで、活用できる現在最も信頼できる情報ツールは、地震本部の評価をもとに作られた「J-SHIS地震ハザードステーション」です。


J-SHIS 地震ハザードステーション
こちらから直接アクセスできます。



まず、そのページにある「スタートJ-SHIS」ボタンを押してマップを起動させてください。
f:id:tsukasa-fp:20190225022824j:plain


J-SHISは防災科学技術研究所が運用しており、日本全国の地震ハザードの共通情報基盤として活用されることを目指して作られています。


ウェブマッピングシステムで地図の拡大・縮小・移動などが自由に行え、250メートル四方の情報にまでアクセスできます。


・地震予測地図
・活断層の分布
・活断層による地震発生確率
・海溝型地震の震源域
・表層や深部の地震動の増幅率分布
・特定の活断層による想定地震動

など様々な情報が閲覧できます。


自宅や職場の地震危険度の目安として参考にすることもできます。



J-SHIS Mapには多くの機能が盛り込まれています。


しかし、メニューには専門用語が並んでいて、一般の方々にとっては少しわかりにくい部分もありますので、少し見方を紹介したいと思います。



活断層による内陸地震のハザード


左上にある「震源断層」の囲みにある「主要活断層」と「その他の活断層」の右側のチェックボックスにそれぞれチェックをつけて下さい。
f:id:tsukasa-fp:20190225024110j:plain


そうすると、日本全国の確率マップに断層が重なって見えてきます。


主要活断層は赤、その他の活断層は黒線で示されます。


マップ左上の拡大ツールを使って拡大し、マップをドラッグして目的の位置に移動してください。



断層を表示すると、活断層は震源として長方形で表されています。


これは、傾斜した断層を真上から眺めている状態です。


そのため、鉛直傾斜の断層は長方形ではなく線での表示になります。



この状態では、濃赤から黄色で示される「確率論的地震動予測地図」の上に断層が示されていると思います。


マップの上にある「想定地震地図」に変更してください。
f:id:tsukasa-fp:20190225025038j:plain


そうすると先ほどの色が消え、地理院地図が表示されます。


この状態で、特定の活断層にカーソルを移動させ、クリックしてみてください。


その活断層が大地震を起こすときの想定震度分布図が示されます。
f:id:tsukasa-fp:20190225030315j:plain


背景の地図が見にくいようでしたら、ページ左上の「透過率」を上げて下さい。


自宅付近の想定震度を詳しく調べたい場合は、これを最大限拡大すると250メートル四方までの情報が示されます。




多くの活断層で複数の地震シナリオが想定されています。


そのため、地図とタブ列の間に複数のケースを選択できるようプルダウンメニューが用意されています。
f:id:tsukasa-fp:20190225032801j:plain



次に閲覧してほしいマップは、活断層による内陸地震のハザードマップです。


正確には「活断層など陸域と海域の浅い地震」です。


そのために、再度「確率論的地震動予測地図」をクリックしてください。


また暖色系の背景に変わるはずです。


そこで、このタブのすぐ下にある「全ての地震」のプルダウンメニューから「地震カテゴリーⅢ」を選択してください。
f:id:tsukasa-fp:20190225033305j:plain


そうすると暖色系で示される地震動確率が内陸地震のものに変化します。



たとえば、四国では「全ての地震」では濃い赤ですが、「地震カテゴリーⅢ」では黄色からオレンジ色になります。


これは南海トラフ沿いの巨大地震の影響が消えたためです。


逆にこれを新潟県に移動して同じことをすると、両方で色の変化がないことがわかります。


その理由は、新潟県に被害をもたらす地震はすべて活断層による内陸地震だからということが言えます。



ちなみにこの地図では、確率算定の平均ケースが表示されますが、最大ケースも選ぶことができます。
f:id:tsukasa-fp:20190225034112j:plain


また、震度の設定もプルダウンメニューから変えられます。
f:id:tsukasa-fp:20190225034153j:plain



重要な情報は「地盤増幅率」


最後に、閲覧を忘れてはならないマップは「地盤増幅率」です。


「表層地盤」タブをクリックしてください。
f:id:tsukasa-fp:20190225034444j:plain


そうすると寒色系から暖色系までの10色で地盤増幅率、すなわち表層地盤条件による揺れやすさが表示されます。


暖色系の地域では地下からの地震動が増幅、寒色系では減衰します。


震源がどこにあっても、基本的に暖色系の地域は揺れやすくなります。



主要都市は沖積平野に位置します。


また一級河川もあり、その周囲はとくに軟弱です。


この地表地盤マップを全国規模で見ると、関東平野や濃尾平野、大阪平野・京都盆地などで暖色が目立ちます。


その他、活断層による震度7の可能性が指摘されている、秋田平野、仙台平野、新潟平野、福井平野、奈良盆地、佐賀平野などでも広い地域で揺れが増幅されることが想定されています。



このマップでは最大250メートル四方までの情報が出されていますが、この表層地盤は実際のボーリング等で地盤をくまなく調べたわけではなく、あくまでも、地形と表層地盤の関係性がよいという仮定で、微細な地形に基づいて推定されたものです。


詳細については不確実生が高いということに注意が必要です。


内陸地震で警戒しなければいけない「津波・液状化・斜面崩壊」とは? - 南海トラフ地震警戒情報