南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


主要な活断層の少ない山陰地域でなぜ大地震が頻発しているのか?

f:id:tsukasa-fp:20190221033206j:plain



鳥取県中部地震はなぜ起きたのか?


2016年10月21日に、鳥取県中部を震源とするM6.6の地震があり、倉吉市と湯梨浜町、北栄町などで震度6弱を記録しました。


この地震は同年に発生した熊本地震のM6.5とほぼ同じ規模で、同じ横ずれ断層型でした。


しかし、被害の大きさは震度7を2回も記録した熊本地震に比べてきわめて小規模です。


この差は地盤の違いによるものが大きいと考えられます。


鳥取県中部地震の震源地は硬固な花崗岩地域でしたが、熊本地震の震源地周辺には阿蘇カルデラからの火山性堆積物が厚く堆積していて、揺れが増幅されました。



この鳥取県中部の地震でも、2015年の10月頃から中規模の地震が増え始め、本震の約2時間前には震源付近でM4.2の地震が起きました。


倉吉市付近では、1943年鳥取地震(M7.2)の大きな余震も起き、その後も地震活動が比較的活発でした。


内陸地震の余震は数十年以上続きますが、そのくすぶりが続く中で起きた地震ともいえます。



中国地方には、山口県から京都府北部にかけて地震活動の活発な地域が帯状に分布します。


鳥取県もその地震帯の一部で、意外にもふだんから地震が多い地域です。


被害地震に関しても、1943年には鳥取市を震源とするM7.2の地震、2000年にはM7.3の鳥取県西部地震が発生しています。


とくに、1943年の鳥取地震は鳥取市で1083名の死者、全壊家屋7485棟という大規模な被害をもたらしました。


この地震では長さ5キロメートルの吉岡断層、長さ8キロメートルの鹿野断層という活断層が動き、最大1.5メートルの右横ずれが生じました。



なぜ活断層の少ない地域で地震が頻発するのか?


山陰地域では、その他にも1872年にM7.1の浜田地震、1925年にM6.8の北但馬地震、1927年にM7.3の北丹後地震など多くの被害地震が発生しています。


ごく最近では、1997年6月25日にM6.6の山口県北部地震も発生しています。



これらの地震の特徴は、北西・南東方向の圧縮力による横ずれ断層型です。


しかし、その圧縮をもたらす原動力はまだよくわかっていません。


一部のマスコミでは「今回の地震のメカニズムは、フィリピン海プレートによる南からの押しの力」と解説がありましたが、それだと、なぜ南海トラフに近い山陽地域よりも山陰で地震が多いのかが説明できません。



また、山陰地域には主要な活断層が少ないのに、なぜ大地震が多く発生しているのでしょうか?


その理由としては、多くの小さな活断層が地下に隠れている可能性が考えられます。


中国地方には花崗岩が広く分布しています。


花崗岩は基本的に硬い岩盤なのですが、風雨に長期間さらされると表面が風化してマサといわれる砂になります。


マサは山口や広島で多い土砂災害の原因にもなっています。


この風化作用のため、断層が出現してもそのうちマサとなるので、断層変位地形が消失し、活断層が見いだされにくいのです。



もうひとつ考えられるのが、山陰地域は長期間蓄積した歪みを解放するシステムができていないということがあげられます。


短い活断層は散発的に存在しますが、近畿や中部地域に見られるような数十キロメートルもある大きな活断層は存在しません。


基本的に、広域に蓄積した歪みは大きな活断層がないと効率的に解消されません。


1つ長大な活断層があると、そのごく周辺には他の活断層は不要なのです。


短い活断層が多数あったとしても、山陰地方のように大きな断層がないところでは歪みが解消されにくいのです。


このような地域では地震は頻発しますが、地震規模としてはM7.5を超えるような極端に大きな内陸地震は考えにくいです。


鳥取県中部地震を引き起こした「隠れた活断層」は、どこにでもあるわけではありません。


M6.5以上の被害をおこす地震は、まったくでたらめに起きるわけではないのです。


内陸地震で初めて緊急地震速報が間に合った例とは? - 南海トラフ地震警戒情報

南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─