南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メルマガはこちら(地震予測・調査情報)

東南海地震が起こると必ず南海地震へと繋がる!事前避難で被害を最小限に!

f:id:tsukasa-fp:20190220214301j:plain



東海・東南海から南海へ連鎖する


もし地震予知ができるようになって、何時何分という精度で大地震が来ることがわかっていたら、どのような行動をとりますか?


また、もっと現実的に考えてこれが何時何分ではなく、一年以内に起こることが確実であるとするならどうしますか?



東北地方太平洋沖地震以来、南海トラフ沿いでもM9を超える超巨大地震の脅威が叫ばれています。


しかし、過去2回を見ると、最初に東南海側が地震を起こし、少し遅れて四国沖の南海地震が起こるパターンを繰り返しています。


1940年代の場合は、この差は2年で、1854年の安政地震では32時間差でした。


1707年の宝永地震では、全域が一度に動いてM8.6の地震になったため、サイクル的にも次も全域が一度に動く可能性が指摘されています。


しかし、南海トラフよりも地震の活発な領域で発生した東北地方太平洋沖地震でも1000年に1度と言われるほどの破壊が、南海トラフ沿いで前回の宝永地震からわずか300年程度の間隔で起こるのは確率的にはそう高くはないのではないでしょうか。


もちろん、地震に備えるのに最悪の事態は想定しておかなくてはいけません。


しかし、南海トラフ沿いでのサイクルを見てみると他と違った見方での対策が立てられ、それにより被害を極限にまで減らすことが可能になるかもしれないのです。



南海トラフ沿いで次に起こる地震がM9クラスの超巨大地震ではなく、時間差で発生するとしたら、過去に起きたパターンが必ずしも繰り返されるわけではありませんが、おそらく最初に東南海地震が発生するでしょう。


先に南海地震が発生しても、同じことが言えますが、ほぼ間違いなく最初の東南海地震から数時間から数年以内に南海地震が起こります。


つまり、東南海地震が発生した直後から南海地震の被害地域は「超危険区域」と化すのです。


反対に、もし南海地震が先に発生したとしても同じようにその直後から東南海地震の被害地域はすべて「超危険区域」となるのです。


予知ではありませんが、過去の地震サイクルや発生パターンなどを見ても、ほぼ確実に言えることです。


国をあげて強制避難を促しても全く問題のないレベルです。



つまり、次に起こる南海トラフ沿いの地震が「連動型」ではなく、時間差で発生する「連鎖型」だった場合、事前避難が可能になり被害を極限まで減らすことができるのです。


例えば東南海地震が発生すれば、四国や近畿、九州南部地方の住民は荷物をまとめてなるべく北(日本海側)へ避難すれば、少なくとも津波による被害を回避することができます。


南海地震の震源域外へ避難することが一番いいですが、最悪、津波さえ回避できれば人的被害はかなり減らすことができます。


実際にこのような状況にたったときに、土地、建物、会社など、自分とその家族の命のためにすべてを捨てて避難をする覚悟が必要になるかもしれません。


過去の例では東南海地震が発生してから32時間後に南海地震が起きています。


活動間隔が10倍以上も長い内陸活断層でも熊本地震では28時間差で連鎖型地震が起きているのです。


次の地震までの猶予はわずか数時間しか残されていないかもしれないのです。


南海トラフ沿いで地震が発生した時点で「緊急非常事態」だと認識して直ちに次の行動に移らなければなりません。



ちなみに、活断層の場合でも類似のケースは考えられます。


熊本地震の4月14日のM6.5と16日のM7.3もそのような状況だったとも言えます。


また、2005年の福岡県西方沖地震では、警固断層帯の北部だけが活動し、南部はまだ動いていません。


2014年の長野県北部の地震でも、神城断層の一部が動いただけです。


活断層の場合は、南海トラフ沿いの地震よりも活動間隔が10倍以上長いので、時間差は数十年以上になるとも考えられます。


もしくは歪みが蓄積されていないため当面大丈夫なのか、どちらかだと考えられます。




内陸地震のきっかけ


連鎖的な大地震は隣接した断層の相互作用によって生じます。


最近発生した内陸地震では、震源で、直前に地震活動が活発だったことが報告されています。


典型的な例は、2016年の熊本地震、2014年の長野県北部地震、2011年の福島県浜通りの地震、2000年の鳥取県西部地震などです。


熊本地震前後に地震活動が活発であったことは何回も言ってきましたが、2014年の長野県北部地震でも、震源付近で数日前から小さな地震が多発していました。


これらを必然的な「前震」活動とする解釈もありますが、それを裏付ける証拠はありません。


むしろ、活断層面およびごく近傍で局地的に地震活動が活発になり、その中小地震のひとつが、活断層全体の動的破壊を誘発したとみるほうが自然です。



動的破壊とは、数十秒で断層全体がずれていく過程のことをいいます。


いったん断層面のどこかでズレが起こると、あとは雪崩を起こすように短時間で断層の末端までずれがおよぶことがわかっています。


このことから、活断層を動かすには、ある程度の歪みが蓄積した状態で、それを連鎖的に破壊させるための小さなきっかけがあれば良いことになります。


当たり前ですが、活断層沿いで地震活動が活発になればなるほど、その確率は高まります。



2011年4月11日の福岡県浜通りの地震は、井戸沢断層と湯ノ岳断層という2つの活断層によって引き起こされましたが、1ヶ月前の東北地方太平洋沖地震で、周辺はすでに異常なほどに地震活動が活発化していました。


このような地震活動の局所的な活発化は、火山活動や水などの地下の流体の動き、プレートのゆっくり滑りなど、様々な要因によっても生じます。


そのような活発化した地震活動域の周辺に活断層が存在すると、注意が必要になります。


北海道胆振地方中東部(震度6弱)で地震発生!最大余震とは? - 南海トラフ地震警戒情報