南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メールマガジン
完全根拠に基づいた短期地震予測で、現在、日本列島のどこで地震発生リスクが高まっているのかを配信しています。

実は、3.11東日本大震災は日本列島全体に大きな影響を与えていた!

f:id:tsukasa-fp:20190207103644j:plain



東日本大震災は日本列島全体にとっての大事件


2011年に発生した東北地方太平洋沖地震は、1000年に1度といわれるほどの巨大地震で、西暦869年に起きた貞観地震以来の規模でした。


東日本大震災の被害はあまりにも甚大で、二万人近い数の人が亡くなりました。


日本列島はこの震災を境として、状況が以前とはまったく変わってしまった。ということを私達は把握しておく必要があるのです。


地学的には、それほどの大事件が起きてしまったと専門家たちは理解しているのです。



東北地方太平洋沖地震はどのようにして起きたのか?


地震の直接的な原因と考えられている、プレートの動きは非常にゆっくりしたもので、1年に数センチ程度のスピードで動いています。


身近なものにたとえるならば、ちょうど人間の爪が伸びるくらいの速さだと言われています。


しかし、ゆっくりとした動きでも何十万年、何百万年という間には非常に大きな距離を移動します。


そしてこの運動が東北地方太平洋沖地震を発生させた原因ともなったのです。



太平洋沖の海洋プレートは、日本列島の乗った大陸プレートの下にたえず沈み込んでいますが、大陸プレートはしばらくの間はじっと持ちこたえています。


しかし、ついに限界に達すると、大陸プレートは一気に反発し、上に乗っているプレートを弾きます。


このときに巨大地震が発生します。
東日本大震災を引き起こしたのも、このしくみだと考えられています。



そしてこの巨大地震は、東日本が乗っている北米プレート上の地盤を大きく変えてしまいました。


実際、3.11の地震後に日本列島はなんと5.3メートルも海側に移動していたのです。


さらに、太平洋岸では地盤が最大1.2メートルも沈降したことが観測されました。


これによって東北地方から関東地方の太平洋側が東西に少し広がり、また、一部の地域が沈降したことになります。


結果として、日本の陸地面積は0.9平方キロメートルほど拡大したと計算されています。


東日本大震災はそれほど大きな影響を日本列島に与えたのです。


こうした現象は、海溝型の巨大地震が起きた後には必ず見られます。


歴史を振り返ると、こうした巨大地震は太平洋側で何十回も起きていましたが、その海底には大きな溝状の谷があります。


海洋プレートが無理矢理沈み込むことによってできた巨大な窪地で、それに沿って「震源域」と呼ばれる地震の巣があるのです。



震源域とは、地下で地震が起きる原因となった場所のことです。


実は地震は一点で起きるのではなく、ある広がりを持つ場所で発生するので、地域という意味を込めて震源域と呼ばれているのです。


プレートとプレートの境では岩石が固着しているのですが、ここが滑りながら大きく破壊されて断層ができるときに地震が発生します。



余震活動はまだまだ続く


東日本大震災を引き起こした地震の震源域では、その直後にたくさんの小さな地震が発生しました。


長さ500キロメートル、幅200キロメートルという広大な震源域の中で、いくつもの地震が立て続けに発生したのです。


東北地方太平洋沖地震の特徴の一つがこの異常ともいえるほどの余震活動です。



一般に余震というのは、本震よりも小さく、かつ数が次第に減ってゆくものであるということがわかっています。


しかし、今回の本震はマグニチュード9クラスという異常に大きなものであったため、余震でもマグニチュードで最大7クラスの大地震が発生しました。


しかもその余震活動はいまだに続いていて、少なくとも10年以上は終わらないだろうと地学の専門家は予測しています。



3.11の地震のあと、震源域とはまったく関係のない地域で、規模の大きな地震が発生しています。


本震の翌日には長野と新潟の県境付近でマグニチュード6.7の地震が起きました。


この地震では震度6強を記録し、東北から関西にかけての広い範囲に大きな揺れをもたらしました。


これは内陸性の「直下型地震」と呼ばれるもので、地面の下の浅いところで地震が起きるため、地上では非常に大きな揺れが襲ってきます。


逃げるのはもちろん、身構える暇もなく突然強烈な揺れが襲ってくるため建物が壊れたりしてたくさんの犠牲者が出ます。


こうした直下型地震は、日本列島の陸上にある「活断層」の地下で起きます。


大陸プレートに加わる巨大な力が、地下の弱い部分の岩盤をずらして断層をつくり、このずれが地表まで達すると活断層となります。


こうしてできた活断層は何十回も繰り返してずれ、そのたびに地震を起こします。



また、一度動いた断層は、なぜか何百回も動きます。


つまり、活断層のある場所は何百回も地震が起きていたことを示していて、今後も頻繁に動く可能性があるということになります。


しかし、反対に長い間動かなかった断層は、今後もあまり動かないと考えられています。



今後、内陸部の活断層が活発化する


東北地方太平洋沖地震のあと、日本列島の内陸部でこうした活断層が活発に動き出す可能性が高いと言われています。


過去にも大地震が発生したあとに、内陸部の活断層が活発化し、直下型地震を起こした例がたくさん報告されているのです。



たとえば、1944年の東南海地震の1ヶ月後に愛知県の内陸でマグニチュード6.8の直下型地震が発生しました。


また、明治三陸地震の二ヶ月半後には秋田県でマグニチュード7.2の地震が発生しています。


これらの地震は、海の震源域の内部で発生したものではなく、新しく別の場所で誘発されたものです。


つまり、「余震」とはまったく異なるメカニズムで発生しているのです。


東日本大震災では、マグニチュード9という超巨大地震が発生したため、遠く離れた地域の地盤にかかる力が変化したため、地震を誘発するようになったのです。


そして内陸性の直下型地震は、これからも時間をおいて突発的に起きる可能性があります。



首都直下型地震も例外ではない


この誘発地震は、首都圏を直撃する可能性もあります。


実は、3.11による誘発地震は、北米プレートの上で数多く起きています。


首都圏もこの北米プレート内に含まれているので危険は大きいのです。


東北地方太平洋沖地震の発生によって、首都圏も含めた東北・関東地方の広範囲にわたって、直下型の誘発地震の危険性が高まっているのです。


たとえば、東日本大震災後に起きたマグニチュード3~6までの地震は、なんと震災前の約5倍にまで増加しているのです。



次に心配されるのは「南海トラフ地震」


南海トラフ巨大地震は、太平洋岸に沿って大きな震源域が見つかっていますが、これは東西方向で三つの区間に分かれています。


それぞれ、「東海地震」「東南海地震」「南海地震」と呼ばれる大地震に対応し、首都圏から九州までの広域に被害を与えると予想されています。


また、これらの地震が起きる順番としては、
東南海地震→東海地震→南海地震
という順であろうという予測がされています。


この地域における巨大地震の発生には周期性があることが確認されており、また、3回に1回はさらに大きな地震が発生したことが知られています。


その3回に1回発生するといわれる地震こそが、マグニチュード9クラスの超巨大地震です。


その例としては、1361年の正平地震と1707年に発生した宝永地震があります。



そして実は、次に日本列島で起きる巨大地震は、この「3回に1回」の番に当たるのです。


つまり、東海・東南海・南海の3つ、もしくはそれに日向灘沖を含んだ4つの地震が同時発生する「連動型地震」という巨大災害を起こすシナリオが予想されているのです。


そのことから、地震が起きる前から「西日本大震災」と命名がされています。


南海トラフ巨大地震は20年以内には確実に発生する。具体的な発生時期はいつなのか? - 南海トラフ地震警戒情報