南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


地球科学の革命と呼ばれた「プレート・テクトニクス」

youtu.be




プレート説による地球科学の革命


地球の表面の7割は海で、残りの3割は陸から構成されていますが、いずれもプレートと呼ばれる厚い板で覆われていることがわかりました。


海の底は「海洋プレート」、陸は「大陸プレート」という岩板で、いずれもできているのです。


大陸移動説から発展したプレート・テクトニクスは、地球上の数多くの事実を見事に解明しました。


プレートという見方を持ち込むことで、地震や噴火などのまったく別のもののように見えるさまざまな現象を、シンプルに解釈することが可能になったのです。


そしてプレート・テクトニクスは地学の基本的な考え方となったのです。



地球の表面は10枚ほどのプレートに覆われています。


これらのプレートが横に動くために、プレートが接する場所ではプレートどうしが衝突したり、またすれ違ったりします。



そして、一つのプレートが別のプレートの下に沈み込むという運動によって、地球上では地震や火山の噴火が頻繁に起きます。


さらに、ヒマラヤ山脈やアルプス山脈など、地球表面を構成する主要な地形の成因も解明されたのです。



プレートはどのように移動しているのか?


プレートが誕生するところでは、プレートをつくる材料自体が有り余っているため、プレートを横へ押し広げていきます。


一方、大陸の縁に沈み込むプレートには、下から引っ張り込む力が働いています。


この2つの力が合わさって、プレートは何億年という長い時間をゆっくりと横へ移動するのです。



このような力をたえず受けているため、沈み込むプレートは、その力に耐えきれず跳ねることがあります。


これが南海トラフ地震などの海溝型巨大地震のメカニズムだと考えられています。



山脈を形成する


プレートは大陸上に山脈をも形成します。


たとえばヒマラヤ山脈もエベレスト山も、プレートの衝突によってできたものだと考えられるのです。


インド亜大陸は今でも年に数センチずつ北に動き続けているため、ヒマラヤ、カラコルム、パミール、ヒンドゥークシの各山脈では、隆起によって現在も山が形成されていると言われています。


また、ヨーロッパでも同じような現象が起きており、アルプス山脈もまたプレート運動によってできたものなのです。


具体的いうと、アフリカ大陸がユーラシア大陸にゆっくりと衝突し、押し続けることによって巨大な隆起地形が作られたのです。



また、ヨーロッパ大陸の下へ沈み込んだアフリカ大陸によって、プレート境界で地震が起き、活火山の噴火が起きています。


たとえば、イタリアやギリシアで起こる地震や噴火は、こうしたプレート沈み込み運動のあらわれです。



新生代以後に見られるさまざまな地形には、たとえば巨大な山脈や河川など、地理上の知識としてお馴染みのものが多くありますが、それらが形成された成因は長い間、うまく説明することができませんでした。


そこに、プレートという見方を持ち込むことで、地殻の変動にまつわる多様な現象をシンプルに解釈することが可能となりました。


何千万年にもわたるプレート運動は、それぞれの時代に特有の証拠を残してきました。


地層に残されたその証拠をかき集めることで地質学者は地球の歴史を推理してきました。



こうしてプレート・テクトニクスから、地球上のさまざまな大地形ができる成因が、具体的に解明されました。


プレート説によって明らかになった、火山の成り立ちと噴火活動 - 南海トラフ地震警戒情報

南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─