南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


プレート・テクトニクス誕生までのプロセス!

youtu.be




海洋底拡大説


アメリカのハリーという地質学者が「海底そのものが動いている」という説を提出しました。


彼は、大西洋の海底は、反対方向に動く二台のベルトコンベアのように広がっていると考えたのです。



反対方向に移動する海底の上に、北米大陸とヨーロッパ大陸が乗って、それぞれ西と東へ移動するというものです。


このコンベアのベルトの役割を果たすのが「プレート」で、プレート・テクトニクスの起源です。


このハリーのアイデアは、海の底が拡大していくことから「海洋底拡大説」と名付けられました。


大西洋の中央海嶺では、プレートが海底山脈の両側に向けて、毎年数センチというゆっくりとした速度で拡大していたのです。



海洋底拡大説の新たな証拠


この海洋底拡大説について、海底の地磁気を測定してみたところ、縞状のパターンが見つかりました。


地球には磁場があり「地磁気」と呼ばれています。


1950年代に、その強さを電磁石によって測る磁力計が開発されました。


この磁力計を飛行機や船に積み込み、地磁気を連続的に測ることによって、地下に石油が埋蔵されている場所を探すことができます。



このようにして広い海域の地磁気を調べてみると、驚くべき事実が発見されました。


大西洋の地磁気に、規則的な縞模様が見つかったのです。


とくに大西洋中央海嶺と平行に、地磁気が帯状の構造をつくっていることが判明しました。


しかも、こうした地磁気の帯は、大西洋中央海嶺の両側で、きれいな左右対称をなしていたのです。


具体的には、縞状の帯の太い部分と細い部分が、大西洋中央海嶺で折り返したように両側で同じ配置になっていました。



いわば大西洋中央海嶺を鏡とすると、両側の地磁気の模様は鏡に移したように裏返しの姿を示していたのです。



これは、大西洋の真ん中で中央海嶺が毎年、数センチメートルの割合で両側に広がることによって、左右対称の縞模様ができたのです。


海底ではたえず玄武岩のマグマが噴出しています。


これが冷え固まって溶岩になるときに、地磁気が記録されます。


つまり地磁気の縞模様とは、過去の地球が持っていた地磁気が、化石のように溶岩にきろくされたものだったのです。


つまり、中央海嶺に噴出した玄武岩の溶岩がプレートとなり、東西方向に分かれていきます。


その結果、プレートの東側はヨーロッパとアフリカへ移動し、もう片方の西側は南北アメリカへと動いているのです。



地磁気の逆転


さらに、縞模様はそれぞれの時期の、磁場の正逆をも記録していました。


地磁気がそれまでとは反対方向に向く時期があったことも記録していたのです。


つまり、磁石の向きが180度変わり、磁北極が磁南極に変わってしまう完全な反転が起きていたのです。



また、海底で冷え固まった溶岩の古地磁気を調べていくと、地磁気の逆転は頻繁に起きていたことが判明しました。


過去7600万年間に170回以上も、地球のN極とS極が入れ替わるという事件が起きていたのです。


最近では、78万年程前にこの反転現象が起きたことがわかりました。


平均すると、地球は50万年に1回くらいの頻度で地磁気が反転していたことも明らかになってきました。



プレート・テクトニクス説の誕生


のちに、こうした縞模様は他のすべての海洋でも発見されました。


大西洋だけでなく、地球全体にわたるメカニズムであることが判明したのです。



その後、地磁気逆転の年代データから、海洋底が拡大する速度が計算されました。


もし海底が水平方向に動いていると、海底に隣接する大陸もそれに従って離れていきます。


つまり、大陸は海底というベルトコンベアに乗って移動しているということになり、これこそが「大陸移動説」の原動力だったのです。


ベルトコンベアはプレートという巨大な岩板で構成され、その厚さは平均して100km程です。


このプレートは大西洋中央海嶺から生み出され、カリフォルニアや日本列島の近くで沈んで消えていきます。



やがて、地球上のプレートどうしの境界は、以下の3つのタイプで構成されることがわかってきました。


・プレートが誕生する場所
・プレートが消滅する場所
・プレートがすれ違う場所


プレートが誕生する場所


1つ目の「プレートが誕生する場所」は海の底にあります。


プレートをつくる高温の材料が地下深部から上がってきて、海底で固まったのです。


ここで誕生したプレートは、水平方向に広がっていきます。


中央海嶺では二枚のプレートが固結しながら互いに離れていきます。


プレートが消滅する場所


これはプレートが行き着く先の「海溝」です。


ここでは1つのプレートが他のプレートの下に沈み込んで消滅してしまいます。


日本列島はその典型で、これによって地下で地震が発生し、マグマが生産されるのです。



プレートがすれ違う場所


これは、プレートどうしが横ずれし、誕生もしなければ消滅もしていない場所です。


カリフォルニア州のサンアンドレアス断層はこの代表的な例で、プレートどうしが横ずれする境目に、巨大な活断層が形成されています。


地球科学の革命と呼ばれた「プレート・テクトニクス」 - 南海トラフ地震警戒情報

南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─