南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


【地学】なぜ1日が24時間で1年が365日なのか?

youtu.be




地球の公転と自転


地球は太陽の周囲をまわっていますが、この太陽自体が夜空でまたたく星と同じ仲間です。


怛星といい、自らが莫大なエネルギーを出しながら光を放っています。



太陽は50億年以上もの長いあいだ輝いており、地球がその太陽を周回しているあいだに適度の量のエネルギーを受けとり、生命が維持されています。



「地動説」としてよく知られているように、太陽が地球の周りを動いているのではなく、地球が太陽を周回しています。


一年かけて太陽をぐるりと一周するのを「公転」といいます。


そして公転しながら地球は、自らが回転する「自転」も行っています。


一年かけて「公転」をしながら、その間に約24時間に一周「自転」をしています。



この時間は自転周期と呼ばれています。



もっと正確にいうと地球の自転周期は23時間56分と、一日の長さとして決められた24時間より少し短くなっています。



そもそも私たちが一日と決めている時間の長さは、地球が自転する周期ではなく、地球から見た太陽の動きで決められたものです。


地球は1回自転する間に太陽の周りを約1度、公転しています。


自転1回は360度で23時間56分ですが、一回自転する間に1度公転しているということは、一日に361度ということになり、その時間は「24時間」となるのです。



1年の長さも地球と太陽の関係によって決まっている


地球が太陽を一周する際、地球から見て太陽が元の位置に戻るまでの時間は、正確には365.2422日と「365日」より少し長い時間で太陽を周回しています。


このような長い数字を使うのは不便なので、365日となりました。


しかし、暦で365日を一年とすると、一年に0.2422日のズレが生じてきます。


このズレを解消するために、4年に1回だけ1日多い「閏年」というのが設けられているのです。



しかし、4年に1回、366日ある閏年を入れると、今度は1年が365.25日となります。


これでは数百年たつと、同じように別のズレが生じて暦が天体の動きと合わなくなってきます。


次はこのズレを解消するために、閏年を減らす作業を行うのです。


すなわち、400年に100回の閏年を入れるところを、このズレを解消するために97回にしているのです。


【地学】地球の形と大きさはどのようにしてわかったのか? - 南海トラフ地震警戒情報

南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─