南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


近畿地方で続く異常について 3ヶ月程度中規模以上の地震活動に注意

f:id:tsukasa-fp:20190207073949p:plain


大阪~京都などで気になる変動が見られました。


万が一、地震発生に対応する変動であった場合、中規模以上の地震となる可能性があります。


また、範囲の特定は難しいため、近畿一帯を調査対象としました。



近畿地方では、2016年前後から地殻活動が活発化し始め、不安定な状態が続いていました。


その後、2017年後半から静穏化し、2018年1月頃から静穏化が加速し、ピークに達した後、一度収束に向かい、2018年6月に大阪府北部地震が発生しています。



しかし、大阪府北部地震という大きな地震が発生したにも関わらず、静穏化は完全には解消されていません。


現在ピーク時から比べると、大阪府北部地震によって半分以上の値は収束していますが、残り半分の値の静穏化が再び収束に向かった場合に大きな地震が発生する可能性が高いと考えられます。



いつから収束に向かうのか、予測はできませんので今後の情報に十分注意しておく必要があります。


また、地震発生後に収束に向かうケースも考えられますので、近畿地方の地殻変動や地震活動に注視しながら調査を続けていきたいと思っております。



今回見られた変動が地震に対応するものである場合、そして万が一発生する場合は長くても3ヶ月程度は警戒しておく必要があると考えております。


近畿地方一帯を調査対象としていますが、特に大阪や京都、紀伊半島地域などは可能性が高いのではと考え、これらの地域を中心に近畿地方全体を調査していきたいと思っております。