南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


首都直下型地震発生後、1週間で52%の電力復旧は困難になる!

youtu.be




電源喪失の最悪のケース


首都直下型地震の被害は一都三県に及ぶと想定されています。


地震発生直後から電力を喪失し、1週間後に戻るのは全体の52%の想定となっています。


この1週間の間の復旧見通しや順番は明確にされていません。



これを最悪のケースを想定するならば、地震発生直後にすべての電力が喪失するということを想定しておくべきです。



100万キロワットを上回る大規模発電所をwebで確認すると、首都圏内に15ヶ所あります。


東京都に2ヶ所、千葉に5ヶ所、神奈川に5ヶ所、茨城に2ヶ所、そして福島に1ヶ所。


合計4200万キロワットの発電能力を持っています。


これら発電所の中には老朽化しているものも多く、定期点検や出力制御により、100%の発電能力を発揮しているわけではありません。



すべての発電所が海に面している


注目すべきなのは、首都圏の火力発電所はすべて燃料輸送や備蓄の観点から海に面しているということです。



基礎設計から地盤改良まで、設備を守るための設計・施工がなされていることは間違いありませんが、


首都直下型地震の震源地によっては甚大な被害を受ける発電所が発生することは十分に考えられます。



仮に構造物本体に大きな損害を受けていなくても、発電するために必要なあらゆる設備に大きな損害を受ける可能性もあります。



震度7とそれに続く余震の影響を直接受けた場合、点検作業だけでも気の遠くなるような手順、作業、時間が必要となるのですが、


損害があれば作業に必要な人、車両を準備し、遠くから部品を搬送してもらうなど、さらに気が遠くなる作業、時間が必要になります。



電送路の問題


発電所の多くは埋め立て地にあり、発電所からの電送路は主に鉄塔によるものと、地中埋設されている管路を経由するものがあります。


震度7の地震が発生した後、鉄塔の曲がりや歪み、傾きなどの状態も確認する必要があります。



また、通常であれば装置ごとに日々点検するものや月度で点検するものなどを計画し、それに必要な人数や部品が用意されます。


しかし、首都直下型地震が発生し、すべての設備を一度に点検する要に迫られた場合には、膨大な人や資材、機材が必要になります。



それを確保するために必要な交通網は、鉄道は不可能、道路も倒壊した建物や瓦礫、放置されたり、避難しようとする車による渋滞、


さらに燃料の供給も見込めない中、どのように対処するのか考える必要があるのではないでしょうか。



復旧作業の困難さ


警視庁の計画では、主要国道や幹線道路は、首都直下型地震が発生した場合、災害支援物資搬送の主要ルートとなります。


首都圏で被災する3000万人に対して、けが人を含む人、食料、医薬品、応援者、必需品の輸送ルートになります。


そのルートのど真ん中で、マンホールを開けたり、道路を掘削したり、橋の裏に足場を築いて電線を繋ぐなどの作業は事実上かなり困難となることが予想できます。



電力の復旧作業は、地震発生から1日~3日の人命救助の重要な時間を経過した後からはじまります。


それも考えると、首都圏の電力が完全に喪失した場合、地震発生から1週間後に52%の電力が復旧したとすると「奇跡」としか言いようがありません。


つまり、私たちは、首都直下型地震が発生した場合、1週間以上完全な停電が発生することを考え、それに備えておく必要があるのです。


https://www.nankai-trough.xyz/entry/2019/01/23/054002

南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─