南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。




2019.1.21更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:茨城、栃木、愛知
Level.3:沖縄、九州南部
Level.2:長野、北海道~東北
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

沖縄~九州で相次ぐ地震について 種子島近海(M6.4) 奄美大島近海(4.4)

昨日1月8日の21時半頃、種子島近海でマグニチュード6.4の大規模地震が発生しました。


多少の海面変動はあったものの、津波被害にも至らず、内陸での揺れも最大震度4と地震の規模に対しては小さく済んだことが幸いで現在のところ目立った被害の報告はありません。



数ヶ月前から大分や熊本、宮崎などで気になる変動が見られ始め、それと同時に九州全域での地震活動が活発化しました。


その内のひとつに熊本地方で震度6弱を観測した地震もありましたが、規模は小さくマグニチュード5.1でした。


これは、震源が浅い部分で発生した内陸地震であったこともありますが、震度計が置かれていた地盤が周囲と比べて弱かったと考えられます。


そのため地震の規模に対して、観測された揺れが大きくなったのですが、震度5強を観測した地点が存在せず、1地点のみ飛び抜けて大きな震度となっているというのがその証拠でしょう。



そのほかにも沖縄~九州で小規模ではありますが、日向灘、鹿児島湾、石垣島近海、トカラ列島、宮古島近海、宮崎県など広範囲で活動しています。


さらに沖縄地方から鹿児島県内陸までにかけて気になる変動パターンが見られ、その後発生した、奄美大島近海の地震(M4.4)で最大震度4を観測しました。


しかし沖縄地方から鹿児島県内陸までのかなり広範囲で見られた変動に対応する地震のうちの1つに過ぎず、また規模的にもかなり小さく、他に対応する地震が複数起こる可能性があると考えられるため、Twitterにて注意をしておりました。



その後、種子島近海にてM6.4の大規模地震が発生しましたが、幸いにも揺れは小さく、被害の報告もありませんでした。



ただ今回の地震も先ほど話したものと同じで規模は大きいものの、広範囲で見られた変動に対応する地震のうちの一つだと捉えることができ、また全く別の種類の地震が発生する可能性は十分に考えられます。


例えば内陸部の浅い場所で地震が発生した場合、規模はそれほど大きくなくても今回の震度4よりもさらに大きな揺れに襲われる可能性があります。


また、地震活動や発生状況、過去の変動などから特に恐れている地震が、日向灘南部沖で発生する地震です。


この場合、マグニチュード7~8クラスの規模となり、大きな揺れと津波による甚大な被害が予想されます。
そしてここでの地震活動を恐れる一番の理由が南海地震との連動です。


日向灘での大地震をきっかけに南海・東南海・東海と続けて発生し、4連動の超巨大地震になれば西日本は壊滅的な被害を受けることになります。



少なくとも現時点での活動状況では、特別南海トラフとの関連など心配する必要はありませんが、今後の活動次第では南海トラフに影響してくる可能性は十分に考えられます。


また今回発生した種子島近海での地震が前震である可能性も考え、十分に注意しておく必要があります。


その場合、本震の規模はM7.1程度になると考えられますので津波にも備えておく必要があります。



今後の調査により、状況の変化や新しい情報が入り次第Twitterにて報告させていただきます。


伝わりづらい下手な文章で申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願い致します。


にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ