南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


【南海トラフ巨大地震】大阪府の甚大な被害予想とは!?

youtu.be


安政南海地震の他にも、大阪は1361年の正平地震でも大津波に襲われたことがあります。


「太平記」や「斑鳩嘉元記」などによると、地震からおよそ一時間で津波が襲ってきたとされています。


その津波は当時海から5キロ離れ、標高20メートルの上町台地に建つ四天王寺の辺りにまで達したといいます。



空襲でほとんどの木造家屋が燃えた東京と違い、大阪は戦前からの古い木造建築が数多く残っています。


そのため巨大地震に襲われると、阪神淡路大震災の6倍もの瓦礫が出るとも推定されています。


特に西成区や天王寺区は道路も細く、消防車が入れない道が多く存在します。


火事が出れば延焼は免れず、大火災が起きることが考えられるのです。



内閣府による南海トラフ巨大地震の被害想定で全壊建物約33万7000棟となっていますが、そのうち約26万棟は火事によるもので全国最多の数値となっています。




南海地震が発生したら大阪府はどうなるのか?


大阪湾沿岸は、京浜工業地帯に次ぐ日本第二の工業地帯、阪神工業地帯として知られています。


大阪湾に沿って、新日鐵住金や日立造船、三菱化学といった大企業の工場がつらなり、それらを結ぶ湾岸道路と鉄道が通り、港湾施設が並びます。


海抜はほぼゼロメートルで、すぐ近くには海が迫っています。


その海岸線は大阪府だけで230キロあり、そこには就業者人口775万人50兆円の産業生産が集中しています。


こんな場所に大地震、続いて津波が襲えば被害は膨大なものになるということが容易に想像ができます。



まずM9の南海地震が発生した場合、潮岬を震源とする揺れはおよそ40秒で大阪平野に到達し、その揺れは3分以上も続くと考えられます。



やはり問題となるのが、高層ビルでの長周期地震動でしょう。


例えば、舞洲にある30階建てビルの場合、震源から200キロも離れているにもかかわらず、周期3秒の地震で最大1.3メートルもの振り幅が生じるとされています。



瀬戸内海全域が有毒物質によって汚染される


また、大阪湾沿岸にある大阪ガスの泉北製造所第一・第二工場や、堺エルエヌジーといったLNGタンク群も揺れによるスロッシングの危険性があります。


それらが一つでも爆発や火災を起こせば、密集する工場群では壊滅的な被害となります。



また有毒物質が大阪湾に流れだし、潮の流れに乗って瀬戸内海全域を汚染するということも考えられます。



液状化現象


海溝型地震の長い揺れは、液状化現象を随所に引き起こします。


大阪湾に突き出ている舞洲、夢洲、咲洲といった人工島については、2011年8月、咲洲への市の本庁舎移転案を検討していた専門家会議が「周辺道路について、水没や液状化の危険性が指摘され、周辺から孤立するとし、電気やガスなどライフラインへの対策にも懸念。」と表明しています。



湾の沿岸部に立ち並ぶ工場群でも当然、液状化現象は起こり得ます。


そこへ数メートルもの高さの津波が襲うことで、一帯は甚大な被害を受けると考えられます。



大阪の津波被害


南海トラフ巨大地震が起こると、津波は紀伊半島、四国に向かって押し寄せます。


紀伊水道を通って約1時間後、大阪湾に押し寄せます。


紀伊半島や淡路島が津波を防ぐのではなく、逆に紀伊水道に集中する形で勢いを増すと考えられます。



M9.1の南海トラフ巨大地震の想定では、津波の高さは3~5メートルです。


その場合、12市町で浸水被害が生じ、海抜の低い地域は2メートル以上水没するとされています。



大阪市はV字形に広がる大阪湾の一番奥にあります。


V字地形は流れ込んだ海水が一ヶ所に集まるため、高潮や津波の被害が大きくなります。


そのため大阪府では高さ3メートル以上の防潮堤が160キロの長さにわたって設置されているのです。


また淀川、大和川、石津川などの主な川に水門を設け、防潮堤にある約7000の出入口にも浸水を防ぐ扉を付けています。



ただしこれらは元々、高潮や台風用の防潮堤なので津波への耐久性には疑問が残ります。



大阪市内に4メートルを超える津波が押し寄せた場合、津波は淀川を逆流し、時速30キロ以上のスピードで海岸から15キロ離れたJR大阪駅まで到達します。


ちなみに多くの人が集まる梅田周辺の海抜は1メートルしかありません。



M9の規模で発生した場合、浸水は海岸から約40キロ離れた大阪府北部・東部の16市まで達する可能性があります。



南部の堺市は、JR阪和線より西側が水没するといいます。


また、大阪は昼間の人口が924万人に達し、京阪神からの通勤者も多いので、かなりの帰宅困難者が出ることも予想されます。



大阪にはJR大阪駅を中心とする巨大な地下街が存在します。


ホワイティうめだ、ディアモール大阪、ドージマ地下センターと三つの地下街が交差する上、


百貨店やオフィスビルの地下街、また鉄道七路線の地下施設が連結しており、その複雑さから「日本一の巨大迷路」とも呼ばれています。



鉄道には御堂筋線、谷町線、四つ橋線といった地下鉄も含まれます。


津波はそれらの地下鉄網に流れ込み、短時間で大阪の地下を水没させます。



地上の水深が30センチある時、標準的な地下街の階段下で水の流れる速度は秒速4メートル以上になるといいます。


地下施設にも排水機構はありますが、一気に水が流れ込むと確実に追いつかなくなります。



同時に停電が起これば、地下街は暗闇となってしまいます。


暗闇でのパニックは命の危険を伴います。



成人男性で水深40センチ、女性や小学生高学年で水深30センチが避難できる限界だと言われています。


それ以上になると水圧で倒れないことに精一杯で、身動きがとれなくなるのです。


また、その頃には水圧のかかった扉は大人の男性でも動かせなくなっています。



京都大学防災研究所が行った実験では、高さ2メートル、幅82センチの鉄製扉のある地下街に浸水したとして、そこにかかる水圧は10センチで4キロ20センチで16キロ30センチで36キロ40センチで64キロ50センチで100キロでした。


なんとか水圧に耐えながら階段までたどりついたとしても、大量の水が上から流れ込む階段をのぼるのはほぼ不可能でしょう。



大阪に限らず、都市圏に広がる地下街では必ず地下浸水というリスクがあります。


地下で浸水に気がついたなら、即座に地上へ避難しなくてはいけません。


これは津波のみに限りません。


万が一地下鉄に乗っている時に地震が起き、駅と駅の間で電車が止まり、そこへ津波がせまってきているとしたらまさにそこは地獄となりかねないのです。


南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─