南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


今後、備えるべき危険な地震とその前兆等!

youtu.be




北海道、東北エリア


1990年代前半に北海道では南西沖や東方沖などで地震が多発していましたが、21世紀になってからは比較的落ち着いてきています。


しかし、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による地殻変動の影響で北海道の火山が活発化しました。


東北地方太平洋沖地震の際に東北沖の境界プレートが大きく割れたのですが、青森県沖の境界プレートは破壊されず、ストレスを受け続けています。



2015年4月、知床半島の羅臼海岸で海底が突如隆起したことが話題になりました。



また、その年の7月には、雌阿寒岳で火山活動が活発化し、噴火警戒レベルが「2」まで引き上げられました。


これらのことから東方沖にはまだ大きなストレスが溜まっているということがわかります。



北海道東方沖では、1994年にマグニチュード8.2の地震が発生しています。



ここでまたマグニチュード8クラスの地震が発生すれば津波被害が生じるおそれがあるため注意が必要です。



東北地方の地震に関わるストレスは、東日本大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震によってその大部分は取れていると指摘する学者も多くいますが、まだ東北地方太平洋沖地震と同程度の地震が発生する可能性は少なくとも残されており、それ以下のM7クラスの地震は2011年の巨大地震発生以前よりも発生リスクが増していると考えられます。



また、青森県東方沖での地殻活動は東日本大震災以前は活発でしたが、


大地震後はおとなしくなっているためそこまで心配する必要はないように思われますが、度々中規模程度で地震が発生していますので万一の可能性も十分考えられます。



また、日本海側の秋田県沖には地震の空白域と言われるものがあり、もし秋田駒ヶ岳、島海山が噴火するなどするとこの空白域に地震の可能性が高まると思われます。



関東エリア


関東の地震といえば、関東大震災タイプの地震や首都直下地震などが危惧されています。


また、関東のもっと南にある伊豆諸島沖では現在、巨大地震が迫っていると指摘されています。



さらに、関東では箱根山の火山活動が活発化してきています。



その延長線上にあるのが「富士山」であり、富士山噴火も間近に迫ってきていると指摘されています。


実は関東エリアでは近い将来、大規模な災害が起こる可能性は高いと言われているのです。



中部エリア


中部地方では2014年に御嶽山が噴火したのをきっかけに、その後、他の火山も動きが活発になってきています。


浅間山、草津白根山、富士山などでも噴火が近いと考えられます。



また、御嶽山の噴火は周辺の地震活動の前兆とも考えられますが、現在のところ直ちに地震に繋がるような兆候はみられていません。


また東海地震については、2009年の駿河湾地震でほぼ完全にストレスがぬけてしまっている可能性があるという考えもありますが、東海地震は過去に繰り返し発生するM8クラスの巨大地震であり、2009年に駿河湾で発生したM6.5の地震で歪を完全に解消することはまず考えにくいです。


マグニチュードは1増えるとそのエネルギーは約32倍にも膨れ上がりますので、例えばM7の地震が32回発生してはじめてM8の地震のストレスが完全に抜けたと表現することができるのです。


これがM6.5だと100回以上発生してもまだまだM8の地震のエネルギーには及びません。


2009年に起きた駿河湾の地震は、東海地震が発生するまでの一連の駿河湾の活動に過ぎないと考えることのほうが自然なのです。



近畿エリア


近畿地方では、地殻の目立った変動は少ないですが、そんなエリアにおいても警戒すべき地震がいくつかあります。



とくに近畿地方のど真ん中を走っている断層は注意したほうがいいでしょう。


富山から岐阜県北部、琵琶湖、淀川、淡路島を結ぶ断層があり、四国の中央構造線とつながった先は吉野川沿いを走り、九州の別府から雲仙普賢岳にまで至ります。


この日本列島の東西を走る断層では、地震が生じやすく、「阪神淡路大震災」や「長野県神城断層地震」などもこの断層周辺で発生しています。



京都、大阪、神戸などの大都市は、この大きな断層の近くにあり、万一断層が割れてしまうと重大な被害に遭いやすいです。


関西は特に地震への注意、備えをおこたってはならない地域でもあるのです。



中国エリア


現時点中国エリアにて、ここ数年の間に差し迫っている地震の兆候は見られていません。



ただ、2000年以前に島根県東部にかかっていたとされるストレスが完全に取れたのかが不明であるため、万一のことも考えられますので絶対に安心とは言えません。



四国エリア


四国で被害を生じる大きな地震といえば、南海トラフ地震が想起されます。



東日本大震災以後、次は南海トラフ地震ではないかという学者も一部いますが、これについては比較的根拠が薄いです。


また、現時点では南海トラフ一帯で地震に関連する兆候はあまり見られていません。


南海トラフ沿いを震源とする「南海地震」の発生時期はあらゆる地学的な根拠により、2030年代に発生すると予測されています。


例えば、最も有力な根拠とされる高知県室戸港の沈降データにより予測される南海地震の発生時期は2038年前後となります。


「南海地震」に関しては、現時点、日向灘や東海地震の発生などの外的な要因がない限りは直ちに発生する可能性は低いと考えられます。



それよりも危惧されるのが、中央構造線断層帯で発生する地震です。


このラインは日本の活断層のなかでも特に危険な場所といえますが、南海トラフ地震の陰に隠れてしまい一切話題にならないため、一人一人がしっかり頭に入れておく必要があります。



九州エリア


九州では現在、火山活動が非常に活発化しています。



桜島が噴火し、霧島の新燃岳が噴火活動を開始し、口永良部島と諏訪之瀬島でも噴火、阿蘇山でも火山活動が活発化しています。


この火山活動の活発化に伴って大地震の発生も迫っていると考えられているのです。


その中で最も懸念されているのが「日向灘南部沖」での地震です。



九州付近での火山活動活発化は、この地震の予兆である可能性が高く、万一発生した場合は最大マグニチュード8.7という超巨大地震になる可能性も指摘されています。



また、九州西部、熊本県八代から鹿児島県川内にかけて断層が走っていて、


歴史上では地震活動が認められていませんが絶対に地震が発生しないという保証がないということも頭に入れておく必要があります。


さらに川内には原子力発電所がある、つまり原発事故のリスクも存在しているということも頭に入れておきたいです。



沖縄・奄美エリア


南西諸島というと、地震のない地帯に思われがちですが、実は世界最大とされる津波があったのはこの地域です。



1771年の八重山地震による明和の大津波がそうであると考えられています。


石垣島での震度は4程度でしかなかったものの、海底で大規模な地滑りが起こったため巨大な津波が宮古・八重山諸島を襲い、大きな被害をもたらしました。


東日本大震災を上回る規模の巨大な津波は、石垣島を横断したとも考えられています。



現在、注意しなければならないエリアは八重山諸島周辺と奄美地域です。


沖縄本島周辺では、1665年、1760年、1768年などに地震が発生していて、城や寺の一部が壊れたなどの記録もあります。


また、奄美地域では、1911年にマグニチュード8クラスの大地震も発生しているため、沖縄が特別地震がすくない地域であるとは言えません。



沖縄の島々には現在活動している火山はないため地震は少ないと思われがちですが、実は沖縄には海底火山が複数存在しています。


与那国島、西表島、宮古島、石垣島に沿っていくつもの海底火山が存在しているのです。


海底火山は実際に観察することができないため、地震との関係を明らかにするのは難しいですが、


沖縄にも地震があり、最大級の津波が生じる可能性があるということも知っておく必要があります。


南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─