南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


関東~東北の異常な地震活動と今後の活動パターン

f:id:tsukasa-fp:20190207061506p:plain


ここ最近の地震活動を見てみると、茨城県沖から内陸南部、北部と北上し、宮城、岩手にまで活動が広がっています。


中には震度3程度の揺れを観測する地震もあり、発生前後の地殻変動データを見てみると対応すると思われる変動が多数あったことがわかりますが、その方向はバラバラでした。

また、ここ半年間の統計調査で、現在までで70%近くの発生率を記録している内側方向へ集中して見られる変動パターンが複数みられていました。



このような地震活動や地殻変動などの記録から、関東~東北地方にかけてかなり広い範囲で今後誘発地震が活発になってくる可能性は十分に考えられます。



長期的な予測では、来年1年は関東~東北、2年後以降に東北~北海道地方で地震活動が活発になると推定することができます。



短期で見ると最低でも1ヶ月程度は注意が必要かと思っております。
今後の状況により随時Twitterで情報発信致しますので、よろしければご確認ください。



その他、九州地方の活動も気になりますので、九州の方に関しても今後の情報に注意して頂きたいです。


なお、南海・東南海での逆方向への大きな変動は続いていますが、現在のところ直ちに地震に繋がるようなデータは見られません。