南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


震災以外にも使える応急処置の知識 挫滅症候群に注意!!

f:id:tsukasa-fp:20190207061438j:plain


大地震の際、倒壊した家屋や、倒れた家具などに長時間挟まれていた人が身体を圧迫していた家具を外して救出された後、容体が急変して死亡に至るというケースが実は多くあります。


救出したから、救出されたからと安心してはいけません。
今回は、震災後の応急・救命手当の重要性を記事にいたしました。


震災以外でも命を守るためには充分必要な知識ですので、ぜひ皆さんに読んで頂きたいです。





クラッシュシンドローム(挫滅症候群)


なぜ、救出した後に容体が急変したのでしょうか?
これは、患部が長時間圧迫されていたことで、その部分の細胞が破壊されて発生する、毒性の強いカリウムやミオグロビンなどが、圧迫を解放したことで全身に回り心臓や腎臓に障害を起こし、最終的に心臓を止めてしまうというものです。


これをクラッシュシンドロームと呼びます。


阪神淡路大震災でもしばしば見られましたが、患部の腫れが少ないため、単なる打撲と思われて手当が遅れるケースが多かったと考えられています。


クラッシュシンドロームの重症度は、家具などに圧迫されていた時間や、強さによって変化します。

成人ならば、約2時間の圧迫でしたら危険な状態にはならないが、それを超えると危険が増します。


子供や高齢者だと、この目安がもっと早まることもあるし、早くに救出されたからといって危険がまったくないわけではありません。


救急隊や医療などの専門家が早くに到着可能でしたら、処置はプロに任せるのが安全です。
意識がはっきりしているならば、到着までの間に、できる限り大量の水を飲ませて、血液中の毒素の濃度を薄めておくとよいです。


どうしても到着が遅れる場合には、できる限りクラッシュシンドロームを起こさないように救出しなければいけません。


全身に急激にカリウムなどの毒素が流れないようにするには、圧迫している家具を外す前に、挟まれたところよりも心臓に近い箇所を、タオルなどの幅の広い布で縛ります。


その際に、動脈の流れをとめるほど強く縛らず、脈はあるが、静脈の流れを止める程度の強さで縛ってください。
ちょうど献血をしたときに縛る強さだと覚えておくとわかりやすいと思います。


その後、ゆっくり家具などを取り除いて救出すればクラッシュシンドロームを起こす危険が低くなりますが、救出後は必ず一刻も早く医療機関に搬送し、どこをどのくらい挟まれていたのかなどを詳しく伝えてください。



声をかけ、反応を確認する


もし大地震が発生し、人がけがをしてしまっても救急車はすぐにはこれません。


もし家族や近所の人が家具の下敷きになったり、頭をぶつけて倒れたりしたらどうしたらいいのでしょうか?


まずは反応があるかを調べます。


耳元で声をかけて、返事があるか、手足や瞼が動くかなどの反応を確認します。


その際に、軽く肩をたたきながら呼びかけますが、決して大きく揺すったり子供を抱き上げたりしないように注意してください。
心臓や脳の緊急時、また内蔵に出血があったり、骨折しているときには悪化させることになります。


目を開けていたり、明らかに動いていたり、意識がはっきりしている場合は、突然倒れたことや自分が側にいることを伝え、なるべく動かないようにしてもらいます。
そして、ケガや骨折の有無を調べ、救急隊が到着するまで付き添います。


逆に返事もなく、身動きもしないなど、反応がない場合はすぐに応援を呼んでください。
119番通報をし、近くにAEDがあれば持ってきてもらいましょう。



エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)


エコノミークラス症候群とは、長時間座った姿勢を続け、下肢の静脈に血栓が発生し、それが血流に乗って肺へ流れ、肺の動脈が詰まるなどして、最悪の場合、死に至るケースをいいます。


新潟県中越地震発生から6日目の朝、小千谷市で車中泊を続けていた40歳代の女性がこの症候群の疑いで死亡したとして一時問題となりました。


ほかにも車で避難生活を送っていた2名が亡くなったことから「車中避難」の危険性が相次いで報道されました。


小さい子供連れでの避難所生活に不便を感じる場合などで、精神的な面でも「車中避難」をせざるを得ない場合もあります。


熊本地震では、大きな余震が何週間も続いたため、余震で家屋が倒壊することを恐れて、車中避難をする人が多かったです。



もし車中避難を選択する際には、避難所での生活と組み合わせたり、運動や水分補給を心がけるなど充分な予防が必要となります。



呼吸が止まっていたら?


もし家族や誰かが倒れてしまったとき、呼吸をしているかも確認しなければいけません。


胸とお腹の動きを上から見て、普段通りの呼吸があり、胸やお腹が規則的に上下していれば安心です。
動いていなければ呼吸が止まっていますので、すぐに対処しなければいけません。また、変な呼吸をしていたり、普段の呼吸かわからない場合も同じ対処を始めます。



胸骨圧迫


呼吸がなければ、倒れた人の横に座り、胸の真ん中に手の付け根をあてて、強く早く押します。


片方の手の付け根を胸の真ん中に置き、もう一方の手を重ねます。
手は組んでも伸ばしてもどちらでもかまいません。


1分間に100~120回の速さ(1秒間に1.5~2回程度)で、胸が約5センチ程度へこむまで強く押します。


胸から手が離れなくてもいいですが、完全に力を抜き、心臓を元の大きさに戻します。


倒れている人が動いたり、救急隊が到着するまでひたすらこの胸骨圧迫を続けてください。


かなり体力を使いますので、周囲の人と交代しながら続けましょう。



AEDが届いたら、すぐにAEDの電源を入れて機械から流れる音声の指示に従って行動します。


その間にも誰かが胸骨圧迫を続けていることが望ましいです。



また、胸骨圧迫は成人の場合には両手で行いますが、子供には両手でも片手でもかまいません。
一歳未満の乳児には2本の指で行います。



人工呼吸を組み合わせると効果的


人工呼吸のやり方を習っていたり、行う意志のある人は、胸骨圧迫に組み合わせて行うことが効果的です。


自信がなかったり、口の周りにケガをしていたり、嘔吐している場合には無理には行わず胸骨圧迫のみでも良いでしょう。


人工呼吸の方法は、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回という組み合わせが基本です。



出血はあなどれない!


大地震が起きると、棚の中の食器やガラスなどが散乱し、家の中は滅茶苦茶になります。
あわてて外に飛び出すと、そのときは興奮していて気づかなかったが、足の裏や体中傷だらけということはよく聞く話です。


出血は量が多ければ多いほど生死に関わります。
また、鮮やかな血が勢いよく出ているときは動脈の損傷が疑われますので特に緊急を要します。



止血の方法


出血している傷口にきれいな布を当てて、強く直接圧迫をします。
それでも出血が続く場合は、圧迫の力が弱いか、場所がずれています。


しっかり押さえたまま救急隊の到着を待ちましょう。


もしも、傷口にガラスの破片などが刺さっている場合はそれが栓になって大きな出血にならずに済んでいますので、取り除かずに包帯やガーゼを周囲に当てて、破片が動かないように固定してから、全体を巻いて安定させます。


また、助ける側の人にと傷口があると、けが人の血液が入って病気が感染してしまう危険性があるので、けが人の血液を直接触らないことが重要で、できれば感染防止のゴム手袋などがあれば使いたいです。



打撲・骨折したら?


打撲をした場合、擦り傷などはきれいな水で洗って消毒し、ガーゼや絆創膏などで傷口を保護します。


腫れて熱を持っていれば、その上から氷や保冷剤などで冷やします。


骨折の場合は、「動かさない」ことが原則です。 救急車がくるなら、そのままの状態で待ちましょう。


救急車がこれる状況ではない、あるいは時間がかかる場合には、新聞紙、雑誌、段ボールなどを副木として固定します。
この際、使用するすべての資器材を準備してから手当を始めてください。

骨折した箇所をきれいな布やガーゼなどで保護します。固定する副木は、骨折箇所だけでなく、その上下の骨までカバーできるように長めのものを利用します。

骨折箇所を避けて、骨が動かないように包帯や三角巾、なければガムテープや太い紐など、身近にあるものでいいので固定します。


指の先端が見えるようにして、常に血の巡りに問題がないかをチェックしましょう。
青くなってきたり、冷たくなってきたりしたら、いったん包帯をはずして固定し直します。