南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


高層ビルやマンションを襲う長周期地震動の脅威!

youtu.be


昔と比べると東京の都心では、高層マンションやビルがかなり増えました。


また、地方でも5階以上の高い建物は驚くほど増えてきました。


このような高い建物で特に怖いのは「長周期地震動」というものです。


長周期地震動ではどんな被害が考えられるのでしょうか?


また対策はどうすればいいのでしょうか?というのを考えていきたいと思います。




長周期地震動による被害


長周期地震動とは、数十秒以上のゆっくりした周期の揺れのことを言います。



この長周期地震動の恐ろしさは、2004年に発生した新潟県中越地震を見るとわかりやすいです。



新潟県中越地震が発生した際、東京の六本木ヒルズ森タワーの67基あるエレベーターのうち6基が損傷し、そのうち1基では直径1センチもあるワイヤーケーブルが切れてしまいました。


地震被害ではこんなことは全く不思議ではありませんが、衝撃だったのは、このときの東京地方の揺れはわずか震度3だったことです。


震度3程度の揺れだったにも関わらず、長周期地震が発生したために高層ビル等では大きな被害が生まれたのです。



家具、家電は必ず固定を


高層建築物に長周期地震動が伝わると、室内はどのようになるのかを実験したものがあります。



2008年に南海地震を想定した長周期地震動で、ビルの上層階における室内がどのように揺れるかを検証したものです。



南海地震の長周期地震動を受けた高層ビルの30階程度の上層階では、最大片振幅約150センチ、最大加速度約500ガルの大きくゆったりとした揺れに数分間みまわれます。



数字だけでは、あまりピンとこないと思いますが、室内の様子を説明すると、


オフィスではキャビネットが倒れ、キャスターのついたオフィス機器は、まるでそれ自体が暴走しているかのように動き回ります。


リビングでは大型の家具が倒れ、テレビは床に落下した後、すべるように室内を動き回ります。



高いマンションに住んでいる人や、ビルの上層階で働く人は特にビルトインタイプの家具にするか、家具を壁や柱にしっかりと固定しておくことがどれだけ重要であるかがわかります。



また、費用が一切かからない防災対策としては、家具をできるだけ置かない部屋を設け、安全な部屋を確保しておくことなども有効です。



緊急地震速報を活用する


今後発生が危惧されている東海地震では、震源から距離のある東京や大阪でも最大震源5以上の揺れが想定されています。



長周期地震動は、遠くで起きた地震によって、地表での震度以上に上層階が大きく揺れて被害が起きます。



建物自体に大きな損傷はなくても、高層階では室内は命に関わるほどの危険地帯となります。



遠くで起こった地震の場合は、緊急地震速報を活用すれば、揺れが襲ってくる前にできるだけ安全な場所に移動することが可能です。


東海地震の場合、例えば東京の新宿では45秒程度前に速報が届くと試算されています。


45秒の時間があれば、安全な部屋へ移動することぐらいはできるかもしれません。


南海トラフ地震警戒情報管理人が実際に使用、推薦する「おススメの防災グッズ」 ↓↓↓

最近、災害が多発したことにより、皆さんの防災意識が高くなったのか、よく「防災グッズは具体的に何を買えばいいのか?」や、「南海さんのおススメの物があれば教えてください」などといったお問い合わせをTwitterのDMで頂くことが多くなりました。

この機会にいくつか紹介しておきたいと思います。

まず、相次いで起きている停電に対する備えとして非常に重要な「ポータブル電源」というものを紹介したいと思います。

災害と停電はセットといわれており、何の備えもないままいきなり停電状態で生活を強いられると本当に「地獄」といっても過言ではないほど不便な生活になります。

また、小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では、停電は非常に危険な環境だといえますので確実に備えておきたいのが災害用の非常電源です。



以下の3点が特に信頼性の高いおススメのものになります。

詳しくは商品ページに入って頂ければ、説明が書かれていますので是非ご覧になってみてください。

ちなみに当管理人は上の「エナ―ボックス」というものを事務所と自宅にそれぞれ備えております。


防災製品として話題沸騰中のポータブル電源「エナーボックス」


30日間返品返金・2年間正規保証!今、最も売れているポータブル電源!



こちらは企業向けの非常電源になります。
病院や介護施設などの停電が直接、人の命に関わるような施設はこちらを備えておくと安心です。


災害時でも業務を止められない企業様の電源確保に【UPS搭載リチウム蓄電池セット】



その他、防災グッズとして私自身がおススメしているものを以下に載せておきますので参考にして頂ければ幸いです。



寝袋は様々なものが販売されており、実際に試させていただいたりしているのですが、コストや機能性など総合的にみて「一番」だと思えたのがコチラでした。

災害対応型 超万能「寝袋」~スリーピングッド~



大事なペットがいる家庭では、ペットを抱いて避難すると逃げ遅れたり手が塞がることで危険な目に遭う可能性が高まります。

また、避難所ではペットをそのまま連れていくと受け入れ拒否されてしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

対策として、このようなグッズは備えておく必要があるでしょう。


同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】



玄関などに備える「非常用バッグ」に関しては以下のような、プロの方が選んだ、あらかじめセットになったものを用意しておけば間違いないでしょう。


防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】


「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ


新しい収納方法の防災バッグ ─ OTE (On The Exit) ─