南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。




2018.12.5更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、東北
Level.2:長野、関東南部
Level.1:和歌山、徳島

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

次に大地震が発生するのはどこか? 発生率ランキング

 

これまで国民の注意が南海トラフ地震にむきすぎたためか、不意をつかれたように、東北沖地方太平洋沖地震熊本地震鳥取地震北海道大阪と次々と大地震が起こり被害が生じてきました。


しかし、それらの地震をすべて南海トラフ地震と無理やり結びつけようと、あらゆるデマ情報を流し、より不安を煽る。

そしてまた別の場所で大地震が起こるということが、このSNSやインターネット上だけでなく一部テレビ番組や雑誌などによっても繰り返されてきました。


次に日本で発生する巨大地震や巨大津波は、南海トラフ地震だけではありません。

「自分は南海トラフ地震被害想定区域じゃないから安心」というわけにはいきません。

もっと注意を向けるべき地域が他にも複数存在しているということを認識して、各地域の住民が、次に自分に被害を及ぼすであろう地震をしっかり把握して、それがいつ起きても対応できるように備えなければいけません。


次に発生する確率が高い地域は?

では、将来どこでどの程度の地震が発生するのか、政府の発表する発生率をもとにわかりやすくランキング形式にして考えてみたいと思います。


1位.茨城県沖【90%以上】

この領域は、東北地方太平洋沖地震の震源域に含まれていて、2011年3月11日の地震も一つの活動として評価した場合、平均活動間隔は約22年となり、今後30年以内に再び活動する確率は90%を超えると考えられています。

この領域は過去にM6.7~M7.2程度の地震が繰り返し発生しています、次に発生する場合も単独であれば同程度の規模で地震が発生すると考えられます。


2位.北海道(色丹島沖及び択捉島沖)及び三陸沖北部【90%】

これらの領域では、今後30年以内に発生する確率が約90%と評価されています。 発生した際に想定されるマグニチュードは、いずれもM7.0~M7.6程度で十分津波を引き起こすことの可能な規模です。


3位.南海トラフ【80%以上】

南海、東南海、東海という区分をせず、南海トラフ全体を1つの領域として考え、この領域では約100年〜200年の間隔で繰り返し大地震が発生していることを仮定し、次の地震の発生確率は今後30年以内に80%以上と評価しています。

更に、この領域すべてが同時に活動した場合、東日本大震災相当のマグニチュード9の超巨大規模になると想定されています。

4位.十勝沖、根室沖及び日向灘【80%】

北海道の千島海溝沿いは、日本でも特に地震活動が活発な領域として知られています。 十勝沖、根室沖では過去にM8クラスの大きな地震が繰り返し発生しており、津波も発生していることが調査によりわかっています。

また、日向灘の領域では、M7.6程度の地震が約200年の間隔で繰り返し発生しており、それより少し小さな規模でM7.0〜M7.2程度の地震がおよそ20年の間隔で発生しています。

これらの領域では、今後30年以内に80%の確率で発生すると評価されています。


5位.相模トラフ、関東地震、首都直下地震【70%以上】

南関東地域の直下では、南側から沈み込むフィリピン海プレートのしたに、東側の日本海溝から太平洋プレートが沈み込んでおり、非常に複雑な地下構造になっています。

この領域では、茨城沖や千葉県東方沖なども含めて、これまでにM7程度の地震が多く発生しています。

また、相模トラフ沿いで地震が発生した場合はM7.9〜M8.6の巨大規模になり、南関東を中心に相当大きな被害が生じることが予想されます。

この付近全体を1つの領域とすると、今後30年以内に発生する確率は70%以上だと考えられます。


6位.宮城県沖【60%以上】

この領域も東北地方太平洋沖地震の震源域となっており、それを含め約30年間隔でM7.0〜M7.4程度の地震が繰り返し発生しています。

今後30年以内に発生する確率は60年以上と推定されています。


7位.安芸灘〜伊予灘〜豊後水道【40%】

この領域は平均で約67年に一回の間隔でM6.7〜M7.4の地震が発生しています。


8位.北海道沖超巨大地震【40%以内】

北海道東部では津波によって運ばれた海底や海岸の堆積物が海岸から離れた湿原の土中や海食崖の上部等で確認され、その解析から、17世紀頃に1952年の十勝沖地震をはるかに超える規模の津波が発生し、現在の海岸線から1~4km程度内陸まで浸水したと推定されています。

この地震は十勝沖、根室沖の領域が海溝寄りの領域を含んで破壊する、東北地方太平洋沖地震と同様の特徴を持ち、規模は少なくともM8.8に達する地震であった可能性が指摘されています。

平均的な活動間隔は約340年〜380年と推定されていますが、前回の活動が1611年〜1637年の間に発生したと評価されていますので、これが正しければ、少なくとも既に380年以上は経過している計算になりますので実際の発生確率はもっと高い可能性があります。

いま作成していただいています記事で、次に上げることになると思いますが、ある研究者による、地震予測についての衝撃的な研究結果があります。

非常に説得力があり、熊本地震や東北地方太平洋沖地震とそれに誘発された長野県の地震など、次に地震が発生する可能性が高い地域として事前に指摘していました。

多くの地震学者が知らない、もしくは信じない地震のある発生パターン。 少なくとも現在、地球上で発生する地震はほぼ、この研究者の見つけた発生パターンに一致して起こっていました。

今後の地震予測に役に立てることができれば、将来早い段階で、発生時期まではわからなくとも、次に発生する地域をある程度特定できるようになる可能性があると思っています。

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ