南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


地殻変動の観測方法 国土の変形で地震を調査する

f:id:tsukasa-fp:20190207053411j:plain


 

 

日本列島は地震のあるなしに関わらず、日常的に変形しており、地震のときにはとくに激しく変形します。

ということは、地殻変動を観測することで、地震についての情報を逐一得ることができるということです。

 

最近でいうと、北海道胆振での地震がありましたが、あとで資料を見てみるとあきらかな変動データが1日の間だけ記録されていました。それが対応していると確証できるほどの根拠はありませんが、少なくとも調査対象範囲に入るもので、注意をすることができるものでした。

 

大きな地震が発生した後に、その前後の変動データを観察してみると、パターンは異なりますが、ほとんどの確率である一定以上の地殻変動が記録されています。

 

 

地殻変動の観測方法

地殻変動の観測に用いられるのは、GPSです。

 

阪神淡路大震災以後に、全国的に設置された国土地理院の地殻変動観測網「GEONET」

 

約1300点のGPS観測点のネットワークで、これらの高性能アンテナの位置の変化を観測することによって、国土の変形が手に取るようにわかります。

例えば、長期のゆっくりとした変動、地震の瞬間の地域的な変動などもミリ単位で検出することができます。

 

しかし、地震について調査するためには、観測点がまばらすぎる等、まだ不十分なところがあります。

 

そこで、よりたくさんの場所で面的に地殻変動を検出する技術が組み合わせられ、高精度な分析を可能にしています。

それが「合成開口レーダー干渉法(InSAR)」です。

 

 

 

合成開口レーダー干渉法(InSAR)とは?

InSARも同じく衛生を用います。

地表の撮影、計測などで様々な衛生が地球を周回しています。

 

その中のひとつ、陸域観測技術衛星「だいち2号」はマイクロ波を地表に向けて放出し、その反射波を捉えることで地面の凸凹を計測しています。

この計測が繰り返し行われていて、地表に変形が生じると、その前後の計測結果にわずかな誤差が生まれます。その誤差から地表の動きを面的にとらえることができるのです。

 

この面的に連続して地殻変動をとらえるInSARと、時間的に連続して地殻変動をとらえるGPSを組み合わせることで、高精度に分析することが可能になります。