南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。




2018.12.5更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、東北
Level.2:長野、関東南部
Level.1:和歌山、徳島

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

マグニチュードの正確性 なぜ度々、訂正されるのか?

 

 

 

マグニチュードの定義

地震研究の進展とともに様々なマグニチュードの定義が用いられてしました。

現在よく普及しているものでも5種類以上ありますが、おおむねすべてのマグニチュードMがエネルギーEを用いて、

 

M=2/3log(10)E+定数

 

のように表すことができます。

 

マグニチュードが1違うとエネルギーは約30倍違い、マグニチュードが2違うとエネルギーは1000倍違うということになります。

 

 

マグニチュードは不正確?

ひとつの地震について、定義の異なるマグニチュードの値は当然異なることになります。

 

マグニチュードは観測される地震動からの推定量で計算されるため、0.1〜0.2程度の推定誤差は常にあります。

 

度々マグニチュードが訂正されることが多いのもこのためです。

 

 

 

東日本大震災はM7.9だった

東北沖の巨大地震はマグニチュード9.0といわれています。

 

しかし、実際に気象庁は地震直後にマグニチュード7.9と公表しました。

それに基づいて最初の津波警報が出されたために、津波の高さの見積もりが小さめになったといわれています。

 

これは気象庁の計算ミスなどではありません。

ある種のマグニチュードでは計算上の最大値が決まっていて、気象庁の計算方法も同じように限界をもっていました。

 

東日本大震災によって、その限界があらわになったのです。

 

このように非常に大規模な地震の大きさを正確に測れないのでは、防災対策上問題があるとして、今でも議論されています。

 

 

正確に地震の大きさを測る「地震モーメント」

震源の大きさは、マグニチュードとは別の方法によって、正確に推定することができます。それが地震モーメントです。

 

断層のすべりによる変形量で地震の大きさを測るもので、様々な方法で推定することができ、その誤差も比較的小さいため、地震の大きさを測る尺度としてかなり正確といえます。

 

地震モーメントに比べると、マグニチュードははるかに不正確なため、地震の大きさを表す物理量として、業界内では地震モーメントを用いるのが一般的になっています。

 

 

ちなみに、東北沖地震をこの地震モーメントで計算すると、Mw=9.05となります。

この数値が東北沖地震がM9の超巨大地震といわれる根拠になります。

 

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ