南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。




2018.12.5更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、東北
Level.2:長野、関東南部
Level.1:和歌山、徳島

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

アメリカの震度7の地震はそれほど大きくはない? 日本の震度とメルカリ震度階級の違い

地震は得体のしれない現象であるという認識が強いため、人は強く恐怖を感じてしまいます。

 

地震について、よく知ることは恐怖を少しでも和らげることにも繋がります。

 

 

揺れは地下深くから地表へ伝わる

私達が地震だと認識するのは「揺れ」を感じたときです。

この地表近くの地震の揺れを地震動と呼びます。

 

地震の時に揺れるのは、地表近くだけではありません。

地表での揺れは地下深くから伝わってきたものです。

 

その地震波のエネルギーの放出源を震源と呼びます。

 

 

 

地震の大きさの認識

私達はとくに疑問ももたずに、大地震、大きな地震、大規模な地震などという曖昧な表現を使用しています。

 

この地震の「大きさ」とは何を指しているのかを考えたことはありますでしょうか?

 

とくに私達の聞き慣れた代表的なものでは、「震度」と「マグニチュード」があります。

 

震度

地表での地震動の大きさの尺度が震度です。

震度はある場所がどのくらい揺れたのかという尺度で、その場所ごとに違う値になります。

 

マグニチュード

マグニチュードは、発生した地震のエネルギーの大きさのことです。

 

したがって、1つの地震につき1つに決まるべき尺度となります。

 

一般的に、震度は震源に近いほど大きく、震源から遠ざかるにつれて小さくなります。

例えば、自分のいる真下で地震が発生したとしても深さが深ければ深いほど、地表で観測される震度は小さくなります。

 

 

海外と日本では震度の定義が違う

震度はある地点での揺れをいくつかの階級にわけたもので、もともとは体感した揺れや構造物の破損状況と結びつけて定義されていました。

 

 

かつて気象庁で用いられていた震度階では、次のように定められていました。

 

「震度1」

静かにしている場合に揺れをわずかに感じる。

 

「震度3」

少し驚くほどに揺れを感じ、眠っている人も目をさます。

 

「震度5」

立っていることがかなり難しく、一般家屋では軽微な被害が出始める。

 

「震度7」

30%以上の家屋が倒れる。

 

 

震度はそれぞれの国で独自の震度階級を使っているところが多く、地震大国である日本も

そのひとつです。

 

日本では最大震度7まで震度階がありますが、国際的にはメルカリ震度階というのがよく使われています。(アメリカ、韓国など)

その値は12段階あり、日本の震度の約1.5倍くらいの数字になります。

 

つまり、日本で震度7というと最大級の地震になりますが「アメリカで震度7の地震が発生」といっても、メルカリ震度階の7は日本でいうと震度4〜5程度ですので、大騒ぎするほどの大地震ではないのです。

 

 

 

メルカリ震度階級と日本の震度階級

メルカリ震度1(日本震度0)

一部の動物だけが感知することができる。

 

メルカリ震度2(日本震度1)

ごく少数の人だけが感じることができる。

 

メルカリ震度3(日本震度2)

ぶら下がっている物体が揺れる。

 

メルカリ震度4(日本震度3)

ほとんどの人が揺れを感じる。

 

メルカリ震度5(日本震度4)

建物全体が揺れる。

 

メルカリ震度6(日本震度5弱)

重いものが移動する。

 

メルカリ震度7(日本震度5強)

立っているのが困難。

 

メルカリ震度8(日本震度6弱)

一部の建物や構造物が崩壊する。

 

メルカリ震度9(日本震度6強)

地表に亀裂が生じる。

 

メルカリ震度10(日本震度7)

多くの建物が崩壊する。

 

メルカリ震度11(日本震度7)

建物はほとんど残らず、山が崩れる。

 

メルカリ震度12(日本震度7)

すべてのものが破壊される。

 

 

なぜ「5弱、5強」と「6弱、6強」ができたのか?

揺れの体感や構造物の破損状況による尺度は、客観的ではないことに加えて、地震後すぐに算出することができないという欠点がでてきました。

 

現在では地震計により、観測される地震動から直接震度を計算し、即時にニュースで報道されるようになりました。

 

階級としては0〜7まであるのですが、計測震度の計算上、震度5と震度6の範囲が大きすぎる問題が出てきました。

 

そのため、それぞれ強・弱の2階級に分けられました。

震度は7までですが実際には10階級あるということになります。

 

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ