南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。




2018.12.5更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、東北
Level.2:長野、関東南部
Level.1:和歌山、徳島

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

津波が発生したときの対処法!

 

 

津波が発生した場合、私達はどのような行動を取ればいいのでしょうか。

 

東日本大震災では、引き潮がなかったため津波はこないと判断した人が多かったために、逃げ遅れた人が多数犠牲になったとされています。

 

津波は引き潮がなくても、突然発生します。

また、第1波よりも第2波、第3波が大きくなるという可能性もあります。

 

 

津波警報の種類

津波はある一定基準から、被害が重大になることが実験からわかっており、三段階に分けて警報が発令されます。

 

 

津波注意報

予想される津波の高さが、高いところで20cm以上1m以下の場合で、津波による災害の恐れがある場合。

 

海の中にいる場合、速い流れに巻き込まれ、溺れてしまいます。

ただちに海からあがり、海岸からなるべく遠くに離れてください。

 

 

津波警報

予想される津波の高さが、高いところで1m超、3m以下の場合。

 

標高の低いところに津波が到達し、浸水被害が発生します。

沿岸部や、川沿い、海抜の低いところにいる人は直ちに高台に避難してください。

 

 

大津波警報

予想される津波の高さが、高いところで3mを超える場合。

 

人が津波に飲まれるのはもちろんですが、3mを超える津波では木造家屋が流失してしまいます。

 

ただちに高台や避難タワーなどに避難してください。

 

 

 

地震=津波を常に意識する

地震が発生した場合、常に後に津波がくるかもしれないということを意識しておく必要があります。

 

たいした揺れでなくても、津波は発生することがありますので少しでも揺れを感じたら、すぐさま情報をチェックしましょう。

 

津波が注意報や警報が発令された場合、やることは一つで、高台、または避難タワー、避難ビル等に避難することです。

 

万が一高台が見つからない場合、3階以上の鉄筋構造のビルを探し、避難してください。鉄骨構造の建物に避難すると助かる確率がかなり上がるそうです。

避難する際は、どんな建物であれ最上部へ登ってください。

 

 

また、避難する際はできるだけ徒歩での避難をするようにします。

混乱した人で道路は埋め尽くされていますので、車で避難しようとしても渋滞に巻き込まれるだけです。

 

 

 

避難する際の注意点

木造の建物への避難はNG

どれだけ大きな揺れに耐えた木造家屋であっても、3mを超える津波がくれば、いとも簡単に流されてしまいます。

 

川沿いは危険

津波の際に、川沿いに住んでいる方は直ちにそこから離れる必要があります。

 

河口から数十キロ以上も津波が遡上し、津波の到達しない地域まで浸水してしまうことがあります。

 

どれだけ河口から離れていても、川沿いからなるべく遠くへ避難してください。

 

 

津波は何度も押し寄せてくる

津波は何度も繰り返し押し寄せてきます。

第1波が必ずしも大きいとは限らず、第2波、第3波から突然巨大になることもあります。

 

また、何時間も時間をおいて発生することもありますので、必ず警報が解除されるまでは高台などの安全な避難場所に待機しておきましょう。

 

 

自分のことだけを考える

例えば、自宅にいるときに津波警報がでたとき、子供が幼稚園にいる場合、親は必ずまっさきに幼稚園に子供を迎えにいこうとします。

 

他には外にいるときに、足の不自由な家族を助けようと一旦自宅へ引き返す。

 

その気持ちは痛いほどわかります。

しかし、その一瞬の迷いで命を奪うのが津波の恐ろしさです。

家から歩いてすぐにいけるほど近ければいいのですが、基本的には子供は幼稚園に任せる、家族は周囲の人に任せるなどして、まずは自分自身が優先的に避難をしなくてはなりません。

津波はほんの数秒の差で生死がわかれます。

他人の無事は祈るしかないのです。

 

子供が心配だから、家族が、ペットが心配だといって避難を後回しにした結果、逃げ遅れてしまうというケースはものすごく多いです。

 

例えば幼稚園などでは、必ず避難訓練が実施されていますので、災害が発生した場合は速やかに避難活動を行います。

そこにあなたが飛び込んでいったとしても、子供が助かる確率は変わらないのです。

 

ただ、あなたが逃げ遅れる可能性が高くなるだけです。結果的には自分自身で自分の愛する子供を孤独にさせてしまうような行動をとることになるのです。

 

 

避難が間に合わなかった場合

どうしても避難が間に合わず、このままでは津波に巻き込まれてしまう!という状況になったとします。

 

万が一そうなってしまった場合、少しでも助かる確率をあげるためにはどのような行動をとればいいのでしょうか。

1m以上の津波に巻き込まれると、ほぼ死亡するというデータがあります。

正直、巻き込まれたらどうすればいいのか、正しい答えがありません。

 

津波に流されても助かったという人もいます。実際に東日本大震災の際に津波に巻き込まれ、その後生還したという人達の体験談を後日、まとめたいと思います。

 

実際の体験談ですので、そこから学ぶことは多いと思います。

 

万が一津波に巻き込まれたとき、自分の置かれた立場と照らし合わせてみて、少しでも助かる可能性がある方法を引き出しとして持っておくことはとても重要です。

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ