南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


メルマガはこちら(地震予測・調査情報)

自宅に居る時に地震が発生したらどうすればいいのか?

youtu.be

 

どれだけ意識していても、いざ地震が発生したときにしっかりと防災の知識を持っているのと持っていないのでは、ケガをする可能性はもちろん、その後の精神状態もまったく変わってきます。

 

もしも、自分が自宅にいるときに大地震が発生した場合どのような行動をとればいいのでしょうか。

 

また、自宅のどこの部屋にいるのかによっても対処法が変わってきます。

 

 

 

 

 

キッチン、リビングにいる場合

まず、キッチンの場合、食器や包丁などの凶器が飛び交ったり、食器棚や冷蔵庫などの大型家具が倒れてきたりする恐れがあるので、自宅の中でも特に危険なエリアとなります。

 

 

冷蔵庫や食器棚、電子レンジやトースターなどすべての家具、家電を何らかの方法で固定しておくこと。

 

そして地震の揺れによって冷蔵庫や食器棚、キッチンの棚などの扉が簡単に開かないようにロックをしておくこと。

 

最低限しておくべき、キッチンでの地震対策です。

 

 

ものがすぐに倒れたり飛んできたり、落下したりしないようにしておけば、地震が発生したときに速やかに安全なエリアへ避難することができますし、万が一その場から動けなくても助かる可能性が格段に上がります。

 

地震が発生したときに、キッチンにいる場合は、速やかに安全なエリアへ避難して揺れが収まるのを待ちましょう。

 

 

万が一、料理中で火を使っている場合でもガスをわざわざ止めることを考える必要はありませんので、自分が避難することだけを考えてください。

 

たいていのガスメーターは、震度5弱以上の地震が発生した場合や、多量にガスが流れた場合、ガスが自動的に遮断するようになっています。

 

お使いのガス会社のホームページなどで確認しておくと安心です。

 

 

また安全なエリアとは、家具や家電、小物も含めて「物がなるべく少ない場所」です。

 

 

テーブルの下に隠れるというのは、昔から正しい身の守り方だと教わってきましたが、

 

実際のところ、リビングにいるときに地震が発生した場合は、丈夫かつ危ないものが置かれていないテーブルや机の下にもぐることは効果的です。

 

地震の際には机も大きく動きますので脚をしっかりと握って、落下物などから身を守ります。

 

 

 

過去の例では、机のしたに隠れていたところ、建物が崩れたが、机が丈夫だったために命が助かったという例もあれば、

 

机が脆かったのか、テーブルごと下敷きになっていたという例もすくなくありません。

 

 

家にいるときは、たいていリビングか寝室にいる場合が多いでしょう。

 

ですので、いつも使っている机やテーブルを丈夫なものに買い換えるということも、重要な地震対策のひとつだということが言えるかもしれません。

 

 

寝室で、寝ているときに地震が発生した場合

揺れで目が覚めたら、すかさずマットや布団にくるまって身を守ります。

 

寝室には特に大きな家具や家電などは置く必要がありませんので、比較的安全な場所エリアだといえますが、

 

窓ガラスが割れて飛んできたり、照明などが落下したり、割れたり、扉が外れて倒れてきたりなど危険がまったくないとは言えませんので、油断せず布団やマットにくるまって揺れが収まるのを待ちましょう。

 

 

ワンルームで、家具や家電が近くにある場合も基本的に行動パターンは同じです。

 

寝ているときに地震が発生して目覚めたら、すかさず布団やマットにくるまってください。

 

そしてくるまる際は敷き布団があれば敷き布団を自分に被せるようにするといいです。

 

 

例えば、過去に台湾で、大地震が発生したときに大きなマンションが一気に崩れたことがありました。

 

このニュースで驚いたのは、上階と下階の部屋に挟まれるようにつぶれた部屋から、無傷で生還した人がいたのです。

 

インタビューによると「布団を体にグルグル巻きにして、そのまま地震の揺れに身をゆだねて部屋中を転がっていた」ということをおっしゃっていました。

 

このような例からも、身を守るという点ではかなり効果のある方法だということがわかります。

 

 

 

お風呂、トイレにいる場合

基本的にトイレやお風呂など、狭い空間では地震が来た!と感じたらすぐにドアを開けましょう。

 

大地震では少なくとも、家が傾いたり、ゆがんだりしてしまうことが考えられます。

 

扉などはほんの数ミリのゆがみがあるだけで、ものすごく硬くなって開けづらくなるというのは結構経験したことがあるのではないでしょうか。

 

 

地震の際にドアが開かなくなるというのは、実はよくあることなのです。

 

 

お風呂やトイレなどの窓もなく狭い空間では、閉じ込められるリスクを少しでも減らすために、今後、例え小さな地震であっても揺れたと感じたらすかさずドアを開けるように意識をしておくことが重要です。

 

 

お風呂に入っている場合は、揺れが収まるまでは湯船に入り、蓋や桶、椅子などで頭を守りながら揺れが収まるまで耐えましょう。

 

揺れが収まり、服を着たらすかさず避難行動しますが、

 

家が半壊していたり、一部倒壊していたり、また津波が襲ってくるような危険な地域の場合は服を着ていなくてもそのまま避難をすることも考えましょう。

 

 

揺れが収まった後の行動

揺れが収まってからも考えることは自分の身の安全の確保です。

 

大きな地震の後は、家の中に割れたガラスや食器、子どものおもちゃや調理機具、テレビや椅子、照明器具、本、パソコンなど、モノが散乱して、バラバラになっています。

 

時間帯によっては、停電して真っ暗な場合もありますので十分足元に注意をしながら行動しなければいけません。

 

 

まずは可能ならば、ガスの元栓を閉めておきます。

 

そして可能ならば、防災グッズなどを持ち、スリッパや靴を履き、ブレーカーを切って外へでます。

 

 

すべて絶対にやらなければいけないことはありません、可能であればやっておきましょう。

 

なによりも自分の身の安全を最優先に行動していくのが基本です。

 

 

玄関まで行くのが危険だが、他の場所からは安全に外へ出られるという場合、靴を履くのを諦めてでも、避難を優先する必要があります。

 

そのような場合を想定して、ベランダなどの非常口になりそうな場所に一足スリッパを置いておくことも重要です。

 

 

万が一、家具などの下敷きになってしまったら

万が一家具や家電、または壁などの下敷きになってしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

 

まずは、早く脱出しようと身体を無理に動かさないことです。

 

 

自分の体がどのような状況であるのかをしっかりと把握してから、次の行動に移ってください。

 

  • なにが倒れてきたのか
  • 倒れてきたもののどの部分に自分の体が挟まっているのか
  • ケガはないのか
  • どこをケガしているのか
  • どの程度のケガなのか
  • 身体のどの部分を動かすことができるのか
  • まわりの状況は?
  • 近くになにがあるか
  • 声はだせるか
  • 手足の指一本一本にちゃんと力がはいるか

 

など、今の自分の周りの状況、身体の状況からできるだけ多くの情報を集めます。

 

 

どうしても身動きができない、ということがわかれば、無理に動いたり、やたらに声を出したりして無駄に体力を消耗せず、必要最小限の行動で助けを呼びましょう。

 

無駄に動いたり、助けを呼んで体力を消耗するよりも、耳を澄まして近くに人の気配を感じたときにだけ助けを呼ぶようにしましょう。

 

笛をもっていれば、笛の音は遠くまで届く可能性がありますので、継続的に吹いていれば気づいてくれる可能性がかなり高くなります。

 

外出先で大地震が発生した時の対処法 - 南海トラフ地震警戒情報