南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


日高・十勝地域に被害を及ぼす地震

f:id:tsukasa-fp:20190207043002p:plain

 

 

 

日高・十勝地域の過去の地震活動

1952年の十勝沖地震(M8.2)

1968年の十勝沖地震(M7.9)

2003年の十勝沖地震(M8.0)

など、この領域では複数同じ地震が発生していて、それぞれ地震の揺れによる被害だけでなく、津波によっても著しい被害が生じました。

 

1982年の浦河沖地震(M7.1)では、浦河町で震度6が観測され、大きな被害が生じました。

 

その他、

1931年の日高地方東部の地震(M6.8)

1932年の日高地方中部の地震(M6.9)

1970年の十勝地方南部の地震(M6.7)

などの被害地震が発生しています。

 

 

三陸沖の地震でも津波による被害を受けたことがあります。

例えば1933年の三陸地震(M8.1)に伴って、当時の幌泉町などに高さ数mの津波が来襲し、死者13名を含む被害が生じました。

 

 

 

十勝平野断層帯

十勝平野にほぼ南北に分布する活断層帯で、十勝平野断層帯主部光地園断層からなります。

 

十勝平野断層帯主部での活動時期は不明で、その平均的な活動間隔は17000年~22000年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.2%で、万が一活動した場合はM8.0程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

光地園断層では、約21000年以後に2回活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は7000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.4%で、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

根室沖の巨大地震

根室沖では1839年以降、1843年、1894年、1973年にM8前後巨大地震が発生しています。

この領域の平均的な活動間隔は約65年であると推定され、今後30年以内にM7.8~M8.5程度の地震が80%の確率で発生すると評価しています。

 

 

十勝沖の巨大地震

十勝沖では1839年以降、1843年、1952年、2003年にM8クラスの巨大地震が発生しています。

この領域の平均的な活動間隔は約80年であると推定され、今後30年以内にM8.0~M8.6程度の地震が8%の確率で発生すると評価しています。

 

 

ひとまわり小さいプレート間地震(十勝沖及び根室沖)

この領域では、1900年以降、M7.0以上の地震は、十勝沖・根室沖のプレート間巨大地震、およびプレート内地震と同定したものを除いたものは8回発生しています。

本領域では、2008年の9月11日が最新活動時期で、平均活動間隔が約20.5年であることから、地震の経過率から計算すると今後30年以内に発生する確率はほぼ100%に近いと考えられています。

 

 

沈み込んだプレート内のやや浅い地震

この領域での最新活動時期は1994年の10月4日で、平均活動間隔は約88.9年であると考えられています。

 

本領域ではM8.4前後の巨大地震が、今後30年以内に30%の確率で発生すると評価されています。

 

 

沈み込んだプレート内のやや深い地震

この領域での最新活動時期は1993年の釧路沖地震で、平均活動間隔は約39年であると考えられています。

本領域ではM7.8程度の巨大地震が、今後30年以内に50%の確率で発生すると評価されています。

 

 

超巨大地震(17世紀型)

北海道東部では津波堆積物が海岸から離れた湿原の土中や海食崖の上部等で確認され、その解析から1611年~1637年の間に1952年の十勝沖地震をはるかに超える規模の津波が発生し、現在の海岸線から1~4km程度内陸まで浸水したと推定されています。

研究により、この津波を発生させた地震は2011年の東北地方太平洋沖地震と同様の特徴を持ち、規模はM8.8以上に達する地震であった可能性が指摘されています。

 

この地震は、津波堆積物から17世紀と推定された地震を含め過去6500年間に最多で18回発生したと推定されています。

本領域での平均活動間隔は340年程度だと考えられ、今後30年以内に発生する確率は40%と評価しています。