南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。




2018.12.5更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、東北
Level.2:長野、関東南部
Level.1:和歌山、徳島

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

北海道中部地域の過去の被害地震と主な活断層等

 


スポンサーリンク
 

 

 

北海道中部地域の過去の地震活動

1968年の十勝沖地震(M7.9)では、札幌市周辺ではおおむね震度4でしたが、局地的に震度5相当の揺れがあり、地盤のごく軟弱な地域や新しく造成された団地などで家屋への被害が生じました。

 

1982年の浦河沖地震(M7.1)では、苫小牧市や札幌市なで、負傷者や家屋の破損などの被害が生じました。

 

 


中部地域のうち、石狩、留萌、宗谷の各地方の日本海沿岸の地域では、日本海東縁部の地震で被害を受けることがあります。

1940年の神威岬沖の地震(M7.5)では日本海沿岸を津波が襲い、死者10名、家屋流失20棟などの被害が生じました。

 

最近では、2018年9月6日に「平成30年北海道胆振東部地震」が発生し、道内で死者41名、負傷者691名、住家全壊394棟などの被害が生じました。

 

 

北海道中部地域の主な活断層

富良野断層帯

富良野盆地の西縁及び東縁に位置する活断層帯で、富良野断層帯西部と、富良野断層帯東部からなります。

 

本断層帯西部では、2世紀~1739年に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は4000年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.03%で、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

本断層帯東部では、約4300年前~2400年前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は9000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.01%ですが、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

増毛山地東縁断層帯

増毛山地の東縁部に分布する活断層帯です。

 

本断層帯での活動時期は不明で、その平均的な活動間隔は5000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.6%以下で、万が一活動した場合はM7.8程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 


スポンサーリンク
 

 

沼田−砂川付近の断層帯

北海道雨竜郡沼田町から砂川市に至る断層帯です。

 

本断層が活動した場合にはM7.5程度の地震が発生する可能性があります。

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

 

当別断層

増毛山地南部の当別川上流部から月形町西方以南の石狩平野の西縁部にかけて分布する活断層です。

 

本断層帯では、約11000年前~2200年前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は7500年~15000年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は2%で、万が一活動した場合はM7.0程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

石狩低地東縁断層帯

北海道西部の石狩平野とその東側に分布する岩見沢丘陵、栗沢丘陵、馬追丘陵との境界付近に位置する活断層帯で、その分布形態から石狩低地東縁断層帯主部石狩低地東縁断層帯南部に区分されます。

 

本断層帯主部では、1739年~1885年に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1000年~2000年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.9程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

本断層帯南部での活動時期は明らかになっていませんが、その平均的な活動間隔は17000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.2%以下で、万が一活動した場合はM7.7程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

サロベツ断層帯

北海道北部の宗谷丘陵西縁に分布する活断層帯です。

 

本断層帯では、約5100年前~4500年前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は4000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は4%以下で、万が一活動した場合はM7.6程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

北海道北西沖

堆積物の解析から、この領域において地震が発生する平均間隔は3900年程度、最新の活動は約2100年前と推定されています。

 

このことから、今後30年以内に、この領域で地震が発生する確率を求めると、0.06%~0.1%と推定されています。

万が一発生した場合の地震の規模はM7.8程度と予想されています。


スポンサーリンク
 
にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ