南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


神奈川県の過去の地震活動と主な活断層

f:id:tsukasa-fp:20190207042312p:plain

 

 

 

 

神奈川県の過去の被害地震

1923年の関東地震(M7.9)では火災による被害も合わせて、県内では死者・行方不明者33,067名などの非常に大きな被害が生じました。

 

さらに、1923年の関東地震の余震である1924年の丹沢山塊の地震(M7.3)でも、県内で死者13名などの被害が生じました。

 

1703年の元禄地震(M7.9~8.2)では、小田原をはじめ沿岸部を中心に、死者約2,300名などの大きな被害が生じました。


県西部では、1633年の相模・駿河・伊豆の地震(M7.0)1782年の相模・武蔵・甲斐の地震(M7.0)1853年の小田原付近の地震(M6.7)などのM7程度の被害地震が繰り返し発生してきました。

 

これらの地震と1703年の元禄地震(M7.9~8.2)1923年の関東地震(M7.9)の発生年数などから、この地域に被害を及ぼす大地震が、約70年間隔でほぼ規則的に繰り返し発生し、現在は次の発生時期にあたっているという説が出されています。

 

2011年の東北地方太平洋沖地震では、県内で死者4名、負傷者138名などの被害が生じました 。

 

 

神奈川県の主な活断層

伊勢原断層

本断層帯では、5世紀以後、18世紀初頭以前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は4000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.003%ですが、万が一活動した場合はM7.0程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

三浦半島断層群

三浦半島の中・南部及びその周辺海域に発達する活断層群で、三浦半島の中・南部及び浦賀水道に分布しており、神奈川県三浦郡葉山町から横須賀市を経て浦賀水道に至る三浦半島断層群主部と、三浦市に位置する三浦半島断層群南部からなり、さらに三浦半島断層群主部は、ほぼ西北西−東南東方向に並走する北側の衣笠・北武断層帯と南側の武山断層帯に細分されます。

 

衣笠・北武断層帯(三浦半島断層群主部)

本断層帯では、6~7世紀に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1900年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は3%とやや高く、万が一活動した場合はM6.7以上の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

武山断層帯(三浦半島断層群主部)

本断層帯では、1900年~2300年前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1600年~1900年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は11%とかなり高く評価されており、万が一活動した場合はM6.6以上の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

三浦半島断層群南部

本断層帯では、2万年以上まえに活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は不明です。

万が一活動した場合はM6.1以上の地震が発生する可能性があると推定されています。