南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


東京都の過去の地震活動と主な活断層

f:id:tsukasa-fp:20190207042232p:plain

 

 

東京都の過去の被害地震

東京では1923年の関東地震(M7.9)で重大な被害を及ぼしました。

都内のほとんどで震度5~6の強い揺れとなり、都会の大地震で最も恐れられる大火災が発生し、東京だけで、死者・行方不明者70,387名などの非常に大きな被害が生じました。

 

また、1703年の元禄地震(M7.9~8.2)の際にも火災が発生し、大きな被害を受けました。


1855年の江戸地震(M6.9)では、下町を中心に全体として死者約4千名などの大きな被害が生じました。

 

1894年の東京地震(M7.0)では、東京湾岸を中心に、都内で死者24名などの被害が生じました。


2011年の東北地方太平洋沖地震では、都内で死者7名、負傷者117名、建物全壊15戸などの被害が生じました。

 

 

 

東京都の主な活断層

立川断層帯

関東山地東部から武蔵野台地西部にかけて分布する活断層帯です。

 

本断層帯では、約13000年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1万年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は2%とやや高く、万が一活動した場合はM7.4程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

相模トラフ

相模湾から房総半島南東沖にかけての相模トラフ沿いの地域及び南関東地域の直下では、これらの領域を震源域とする被害地震が繰り返し発生しており、近年では1923年に大正関東地震が発生しています。

 

また、南関東地域では、南側から沈み込むフィリピン海プレートの下に、東側の日本海溝から太平洋プレートが沈み込んでおり、非常に複雑な地下構造を呈しています。

この周辺では、これまでにM7程度の地震が多く発生していることが知られており、首都直下型地震と呼ばれるものや千葉県東方沖で発生する地震等がこの例にあたります。

 

 

相模トラフ沿いで発生する巨大地震は約180年~590年の間隔で発生していると推定され、今後30年以内に発生する確率は5%と高く評価されています。

また、M8.5を超える規模になる可能性も考えられるため、非常に危険な地震といえます。

 

南関東地域で発生する地震は決まった周期などはなく、南関東地域のあらゆる場所を震源に頻繁に発生しています。

この地域で発生するすべてのM6以上の大地震を対象に推定すると、今後30年以内に発生する確率は70%と非常に高く評価されています。