南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


埼玉県の過去の被害地震と主な活断層

f:id:tsukasa-fp:20190207042048p:plain

 

 

 

埼玉県の過去の地震活動

1923年の関東地震(M7.9)では、埼玉県内のほぼ全域で震度5~6の揺れとなり、死者・行方不明者343名などの被害が生じました。


1931年の西埼玉地震(M6.9)では、県内の広い範囲で震度5程度の揺れとなり、県中部・北部の荒川・利根川沿いの地盤の軟らかい地域を中心に死者11名などの被害が生じました。


1855年に荒川河口付近で発生した地震(M7.0~7.1)では、県東部を中心に強い揺れが生じ、大きな被害が生じました。

 

1894年の東京地震と呼ばれるM7.0の地震でも埼玉県内で大きな被害があったと記録されています。

 

また2011年の東北地方太平洋沖地震では、県内で負傷者45名、建物全壊24戸などの被害が生じました 。

 

 

 

埼玉県の主な活断層

深谷断層帯

関東平野北西部と関東山地との境界付近から関東平野中央部に延びる断層帯です。

 

本断層帯では、約5800年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1万年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.1%ですが、万が一活動した場合はM8クラスの巨大地震が発生する可能性があると推定されています。

 

綾瀬川断層

埼玉県鴻巣市から北本市、桶川市、北足立郡伊奈町、上尾市、蓮田市、春日部市、さいたま市、越谷市などを経て川口市に至る断層です。

北足立郡伊奈町付近を境に鴻巣−伊奈区間と伊奈−川口区間に分けられます。

 

鴻巣−伊奈区間では、約1万年前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は45000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.0程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

伊奈−川口区間が活動した場合にはM7.0程度の地震が発生する可能性があります。 その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

 

立川断層帯

関東山地東部から武蔵野台地西部にかけて分布する活断層帯です。

 

本断層帯では、約13000年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1万年~1万5千年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は2%とやや高く評価されており、万が一活動した場合はM7.4程度の地震が発生する可能性があると推定されています。