南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


栃木県の過去の被害地震と主な活断層帯

f:id:tsukasa-fp:20190207041906p:plain

 

 

 

栃木県の過去の被害地震

栃木県では1683年に日光付近で発生したいくつかの地震があります。

4月頃から日光付近で群発地震が続き、6月17日にM6.0~6.5程度の地震、翌日の18日にはM6.5~7.0程度の地震が発生し、その約4か月後の10月20日にM7クラスの大きな地震が発生しました。

その後も1725年1735年1746年1755年などに被害地震が発生しています。

 

1659年の岩代・下野の地震では、県北部を中心に被害が生じました。

 

1949年の今市地震では、M6.4前後の規模の地震が8分の間隔をおいて続けて発生しました。この地震によって、今市市付近では震度6相当の揺れが生じ、県内で死者10名などの被害が生じました。

また、この地震の数日あるいは数ヶ月前から地鳴りがあったことが報告されていて、それが前兆であった可能性も指摘されています。

 

2011年の東北地方太平洋沖地震では、県内で死者4名、負傷者133名、建物全壊261戸などの被害が生じました

 

 

 

栃木県の主な活断層

関谷断層

栃木県北部、那須野原の西縁に沿って延びる活断層です。

 

関谷断層の最新の活動は14世紀以後、17世紀以前と推定され、平均的な活動間隔は約2600~4100年と推定されます。
今後30年以内の発生確率はほぼ0%ですが、全体が1つの活動区間として活動する場合、マグニチュード7.5程度の地震が発生すると推定されます。