南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、地殻変動、マグマ、火山活動や静穏化現象などの様々な異常を総合判断し、警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。


千葉県北東部でM5.3(震度4)の地震が発生

f:id:tsukasa-fp:20190207041816p:plain

2018年10月12日13時15分頃、千葉県北東部でM5.3の地震が発生しました

この地震により千葉県の北東部では震度4、その他茨城県などで震度3の揺れを観測しました。

 

震源の深さは50kmとやや深いところで発生していますが、最近の地殻変動や地震活動、また今回発生した地震の規模などから、今後周辺で誘発地震がする可能性が高いと考えられます。

 

今後、震源がさらに浅い場所で発生した場合は同程度の規模でも大きな揺れになり、震源の周辺で被害が生じる可能性があります。

 

 

 

また、Twitterにより情報発信していました、関東南部での変動が今回の地震に関連する可能性もあります。

その場合、現段階でまだ少し気になる変動が継続しているため、今後も関東南部もしくは沖合で地震が発生する可能性が十分考えられます。

 

 

今回の震源となった場所では、過去(1989年、2000年、2005年など)にM6程度の地震が複数発生しています。

周期的に発生しているものとは考えにくいですが、比較的短い期間に周辺で同規模の地震が発生していることから、今回の地震との関連も強い可能性があります。

 

 

今後誘発地震が発生する場合、主に考えられるのは、やはり関東南部で特に千葉県と茨城県での変動が最近において気になる点が多いです。

 

今後の活動、今後の情報に注意をしてください。