南海トラフ地震警戒情報

Twitterにて減災活動、情報発信を行っています。@T1ZEg2jynaj9lQ7


石川県に影響を及ぼす地震活動と主な活断層

f:id:tsukasa-fp:20190207041558p:plain

 

 

 

 

石川県の過去の被害地震

1799年の金沢地震では、現在の金沢市を中心に死者や家屋倒壊などの被害が生じました。

 

1725年や1815年に小松市周辺で発生した地震では、小松城の石垣などに被害が生じたとされています。

 

1930年には、加賀市大聖寺付近でM6.3の地震が発生し、震源域付近で被害が生じました。

 

さらに、1952年にはその沖合で、大聖寺沖地震(M6.5)が発生し、県下全体で死者7名や家屋半壊などの被害が生じました。

 

1729年には能登半島周辺でM6.5~M7.0程度の地震が発生し、能登半島先端付近で死者、家屋損壊や山崩れなどの被害が生じました。

 

1933年の地震では、県内鹿島郡で死者3名、家屋倒壊などの被害が生じました。

 

最近では、1993年に能登半島沖でM6.6Mの地震が発生し、珠洲市を中心に被害が生じました。

 

さらに、2007年の能登半島地震(M6.9)では輪島市で1名が灯籠の下敷きになって亡くなるなど、輪島市や七尾市を中心に被害が出ました。


1948年に発生したM7.1の福井地震では、小松市や加賀市・小松市などを中心に死者41名、家屋全壊802棟などの被害が生じました。

 

 

 

 

石川県の主な活断層

邑知潟断層帯

石川県七尾市から鹿島郡中能登町、羽咋市、羽咋郡宝達志水町を経て、かほく市に至る断層帯です。

 

活動時期は、約3200年前以後、9世紀以前と推定され、その平均活動間隔は約1200年以上であった可能性があります。

今後30年以内の発生確率は2%とやや高く、万が一活動した場合はM7.6程度の地震が発生すると推定されます。

 

森本・富樫断層帯

石川県河北郡津幡町から金沢市を経て白山市明島町付近に至る断層帯です。

 

この断層帯は、約2000年前以後、4世紀以前に活動があったと推定されます。

平均的な活動間隔は約1700年以上であった可能性があります。

 

今後30年以内の発生確率は8%と高く評価されており、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生すると推定されます。

 

 

庄川断層帯

石川県金沢市東部から、富山県南砺市、岐阜県高山市荘川町を経て、同県郡上市北部に至る断層帯です。

 

この断層帯は、11~16世紀頃に活動があったと推定されその平均的な活動間隔は約3600年以上であった可能性があります。

 

今後30年以内の発生確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.9程度の地震が発生すると推定されます。

 

福井平野東縁断層帯

福井平野の東部から日本海沿岸にかけて分布する活断層帯で福井平野東縁断層帯主部福井平野東縁断層帯西部からなります。

 

本断層帯主部は、約2900~3400年前に活動があったと推定されその平均的な活動間隔は約6000年以上であった可能性があります。

今後30年以内の発生確率は0.07%で、万が一活動した場合はM7.6程度の地震が発生すると推定されます。

 

西部は、1948年の福井地震の際に活動があったと推定され、その平均的な活動間隔や発生確率は不明です。

万が一活動した場合はM7.1以上の地震が発生すると推定されます。