南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

「愛知県東部の地震」誘発地震の危険性が高いと判断


スポンサーリンク

今朝10時すぎ頃に愛知県東部を震源とするM5.1の地震が発生

この地震について、規模や最近の変動データなどから、今後周辺で誘発地震が発生する可能性があり、調査対象としています。

 

今回の地震は比較的広範囲で地震の規模に対して強い揺れが観測され、周辺の活断層にも広く影響した可能性が考えられます。

 

更に今回発生したところでは、周辺に特に危険な活断層が固まっており、これらの断層帯へ刺激が加わることによりM7~M8クラスの大地震を引き起こす可能性もあるため、詳しく調査をしていく必要があると考えています。

 

 

また、今回の地震の揺れの広がり方や、震源の位置等を考えると、伊那谷断層帯の南東部にある新野断層付近で活動した可能性が考えられます。

 

万が一、誘発され本断層帯南東部全体が活動するとM7.3前後の地震が発生すると推定され、長野県南部を中心に今回震度3以上を観測した地域で震度7の強い揺れが生じる可能性があります。

 


スポンサーリンク
 

 

周辺の影響を受けた可能性のある活断層は木曽山脈西縁断層帯南部糸魚川−静岡構造線断層帯境峠・神谷断層帯屏風山・恵那山断層帯及び猿投山断層帯などがかんがえられます。

 

これら周辺の活断層は比較的経過率が高く、発生確率の高い断層帯で、活動した場合の規模も大きいとされているため、また、過去の統計調査によりM5前後の規模から誘発地震の発生確率が高くなることや、最近の地殻変動や地震活動などのデータなどから、今回の地震により同断層及び周辺で誘発地震が発生する可能性が高いと判断致しました。

 

 

今回揺れを観測した地域に加え、その周辺の地域では特に備えをしておくようにしてください。

 

 


スポンサーリンク
 

 

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ