南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

長野県に被害を及ぼす地震活動


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

 

長野県の過去の被害地震

歴史の資料で古いものでは、762年、841年に県内に大きな被害を及ぼした地震があったとの記録があります。

 

1847年にはM7.4の善光寺地震が発生しています。

この地震は、長野盆地西縁断層帯で発生し、現在の新潟県上越市付近から松本付近に至る地域に被害が及びました。

特に飯山市や長野市で非常に大きな被害が生じ、この地震による死者は6000人を超え全国からの善光寺への参詣者約7000~8000名のうち、生き残った人は約1割とも言われています。

 

その他、1714年、1725年、1791年、1853年、1858年、1918年、1986年にM6前後の地震が発生し、県内に被害を及ぼしています。

 

1718年に発生したM7.0の地震では、死者、家屋倒壊などの被害が生じました。

また、この地震による山崩れで遠山川がせき止められ、その後決壊して、下流で被害が生じました。


1941年に長野市付近で発生したM6.1の地震では、長野市の北東を中心に死者5名や全壊家屋などの被害が生じました。

更にその約2年後の1943年に、野尻湖付近でM5.9の地震があり、死者1名や全壊家屋などの被害が生じました。

 

1984年の長野県西部地震(M6.8)の際には、地震に伴って発生した大規模な斜面崩壊とそれに続く土石流により、死者・行方不明者29名、建物全壊13棟などの被害が生じました。

 

前日に発生した巨大地震、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)により、あまり知られていないのですが、その翌日の3月12日未明に長野県の北部でM6.7の地震が発生しています。

この地震により、避難中や仮設住宅の除雪中の事故などによる死者3名や、負傷者12名、住家全壊34棟などの被害が生じました。


最近の活動では、2014年11月22日に長野県北部でM6.7の地震があり、長野県内で最大震度6弱を観測し、建物全壊77棟などの被害が生じました。

 

 

その他、長野県では南海トラフ沿いで発生する地震や、首都直下型地震などでも被害を受ける場合があります。

 


スポンサーリンク
 

 

長野県の主な活断層

糸魚川−静岡構造線断層帯(要警戒)

長野県北部から諏訪湖付近を経由して山梨県南部にかけて延びる活断層帯で、北部中北部南部中南部の4つの区間に分けられています。

 

 

本断層帯北部では、約1000年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は16%と相当高く、いつ発生してもおかしくない状態であると考えられます。

さらに活動した場合はM7.7程度の大規模な地震が発生する可能性があると推定されているため警戒が必要な区間です。

 

 

中北部では、約800年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は600年~800年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は30%と非常に高く特に危険な区間であると考えられます。

万が一活動した場合はM7.6程度の大規模な地震が発生する可能性があると推定されているため警戒が必要な区間です。

 

 

南部では、1400年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は4600年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.1%とやや高く、万が一活動した場合はM7.6程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

中南部では、約900年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1300年~1500年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は8%と相当高く評価されており、いつ発生してもおかしくない状態であると考えられています。

万が一活動した場合はM7.4程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

伊那谷断層帯

木曽山脈とその東側の伊那盆地の境界に位置する活断層帯で、伊那谷断層帯主部及び伊那谷断層帯南東部からなります。

 

伊那谷断層帯主部では、14~18世紀頃に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は約5200年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM8.0程度の巨大地震が発生する可能性があると推定されています。

 

伊那谷断層帯南東部での過去の活動や平均活動間隔などは不明ですが、万が一活動した場合はM7.3程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

境峠・神谷断層帯

長野県中西部に分布する活断層帯で、境峠・神谷断層帯主部及び霧訪山−奈良井断層帯からなります。

 

本断層帯主部では、約2500年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は1800年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は13%と相当高く、いつ活動してもおかしくない状態であると考えられます。

万が一活動した場合はM7.6程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

霧訪山−奈良井断層帯での過去の活動や平均活動間隔等は不明ですが、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 


スポンサーリンク
 

 

木曽山脈西縁断層帯

長野県中西部から岐阜県東部にかけて分布する活断層帯で、木曽山脈西縁断層帯主部清内路峠断層帯からなります。

また、木曽山脈西縁断層帯主部は、北部南部の2つの区間に分かれて活動すると推定されています。

 

北部では、約13世紀頃に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は約6400年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.5程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

南部では、約3800年以上前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は約4500年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は4%と高く評価されており、万が一活動した場合はM6.3程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

清内路峠断層帯

本断層帯での過去の活動や、その平均的な活動間隔は不明ですが、万が一活動した場合はM7.4程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

十日町断層帯

新潟県中越地方に位置しほぼ南北に細長く延びる十日町盆地とその東西両側の丘陵との境界に位置する断層帯で、十日町断層帯西部十日町断層帯東部に区分されます。

 

本断層帯西部では、約3100年前以前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は3300年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は3%と高く評価されており、万が一活動した場合はM7.4程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

本断層帯東部での過去の活動は不明で、平均的な活動間隔は4000年~8000年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.7%とやや高く、万が一活動した場合はM7.0程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

長野盆地西縁断層帯(信濃川断層帯)

長野盆地の西縁に沿って分布する活断層帯で、飯山−千曲区間麻績区間に区分されます。

 

飯山−千曲区間では、1847年の善光寺地震の際に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は800年~2500年程度だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.4以上の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

麻績区間での過去の活動などは不明ですが、万が一活動した場合はM6.8程度の地震が発生する可能性があると推定されています。


スポンサーリンク
 
にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ