南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

岐阜県に被害を及ぼす地震活動


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

 

 

岐阜県の過去の地震活動

岐阜県の被害地震でよく知られているのは、1891年に濃尾断層帯で発生した「濃尾地震」でマグニチュード8クラスの巨大地震があります。

 

1586年に発生したM7.8の天正地震は、の濃尾地震に匹敵するほどの巨大地震であったと考えられています。

 

1858年の飛越地震では、県北部を中心に被害が生じ、その被害状況などから跡津川断層帯で発生したと考えられています。

 

1961年に発生した北美濃地震県では、岐阜県北部を中心に死者3名などの被害が生じました。

 

1969年岐阜県中部で発生したM6.6の地震では、死者1名などの被害が生じました。

 


また、歴史の資料には1847年の善光寺地震の際には、白川村の飛騨保木脇で山崩れがあり、圧死者が数十名等の被害が生じたとの記録があります。

 

 

南海トラフ沿いの巨大地震でも、岐阜県は地震の揺れによる被害を受けています。

 

宝永地震や安政東海地震、安政南海地震の際にも、県南部を中心に大きな被害が生じています。

 

1944年の東南海地震では、県内で死者・行方不明者16名、家屋全壊406棟、さらに1946年の南海地震の際には、死者32名、家屋全壊340棟などの被害が生じました。




スポンサーリンク
 

岐阜県の主な活断層

牛首断層帯

富山県富山市から、岐阜県飛騨市、富山県南砺市を経て、岐阜県大野郡白川村に至る断層帯です。

 

本断層帯では、11世紀~12世紀頃に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約5000年以上である可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.7程度の地震が発生する可能性があります。

 

跡津川断層帯

富山県中新川郡立山町から富山市、岐阜県飛騨市を経て同県大野郡白川村に至る断層帯です。

 

本断層帯では、1858年の飛越地震の際に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約2300年以上である可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.9程度の地震が発生する可能性があります。

 

高山・大原断層帯

岐阜県北部の高山市及びその周辺の市に分布する断層帯で、複数の断層帯に細分されます。

 

ここでは高山市国府町から高山市荘川町に至る国府断層帯、高山市から郡上市に至る高山断層帯、高山市高根町から下呂市小坂町に至る猪之鼻断層帯について評価を行われております。

 

国府断層帯

本断層帯では、300年~4700年前に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約3600年以上である可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率は5%と高く評価されており、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があります。

 

高山断層帯

本断層帯の過去の活動は不明で、平均活動間隔は約4000年程度であると推定されています。

 

今後30年以内に発生する確率は0.7%とやや高く、万が一活動した場合はM7.6程度の地震が発生する可能性があります。

 

猪之鼻断層帯

本断層が活動した場合にはM7.1程度の地震が発生する可能性があります。

 

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

 

庄川断層帯

石川県金沢市東部から、富山県南砺市、岐阜県高山市荘川町を経て、同県郡上市北部に至る断層帯です。

 

本断層帯では、11~16世紀頃に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約3600年以上である可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.9程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

長良川上流断層帯

岐阜県郡上市に分布する断層帯です。

 

本断層が活動した場合にはM7.3程度の地震が発生する可能性があります。

 

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 


スポンサーリンク
 

 

木曽山脈西縁断層帯

長野県中西部から岐阜県東部にかけて分布する活断層帯で、木曽山脈西縁断層帯主部清内路峠断層帯からなります。

 

木曽山脈西縁断層帯主部

木曽山脈西縁に沿って長野県の木曽町から、上松町、大桑村、南木曽町を経て、岐阜県中津川市東部に至る断層帯で、更に北部南部に細分されます。

 

北部は、13世紀頃に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約6400年以上である可能性があります。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.5程度の地震が発生する可能性があります。

 

南部では、3800~6500年前に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約4500年以上である可能性があります。

今後30年以内に発生する確率は4%と高く評価されており、万が一活動した場合はM6.3程度の地震が発生する可能性があります。

 

清内路峠断層帯が活動した場合にはM7.4程度の地震が発生する可能性があります。

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

 

屏風山断層帯

岐阜県中津川市から恵那市に至る断層帯です。

 

本断層帯での過去の活動は不明ですが、その平均活動間隔は約4000年以上である可能性があります。

今後30年以内に発生する確率は0.7%とやや高く、万が一活動した場合はM6.8程度の地震が発生する可能性があります。

 

赤河断層帯

岐阜県加茂郡白川町から恵那市に至る断層帯です。

 

本断層が活動した場合にはM7.1程度の地震が発生する可能性があります。

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

 

 

恵那山−猿投山北断層帯

岐阜県中津川市から瑞浪市を経て、愛知県豊田市北西部に至る断層帯です。

 

本断層帯では、約5400年~7600年前に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約7200年以上である可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率は2%と高く、万が一活動した場合はM7.7程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

阿寺断層帯

阿寺山地と美濃高原の境界に位置する活断層帯で、阿寺断層帯主部佐見断層帯白川断層帯からなります。

 

阿寺断層帯主部

阿寺断層帯主部はさらに北部南部に細分されています。

 

北部では、約3000年前に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約1800年以上である可能性があります。

今後30年以内に発生する確率は11%と相当高く評価されており、いつ起きてもおかしくない状態です。

万が一活動した場合はM6.9程度の地震が発生する可能性があります。

 

南部は、1586年天正地震にの際に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約1700年程度である可能性があります。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.8程度の地震が発生する可能性があります。

 

佐見断層帯

本断層が活動した場合にはM7.2程度の地震が発生する可能性があります。

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

 

 

白川断層帯

本断層が活動した場合にはM7.3程度の地震が発生する可能性があります。

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

 

濃尾断層帯

両白山地から濃尾平野北方にかけて位置する活断層帯で、温見断層濃尾断層帯主部揖斐川断層帯武儀川断層からなります。

 

温見断層

福井県今立郡池田町から大野市南部を経て岐阜県本巣市北部に至る断層です。

本断層は過去の活動時期の違いから、北西部と、南東部に区分されます。

 

濃尾断層帯主部

福井県大野市南部から、岐阜県本巣市、岐阜市北部、山県市南部、関市を経て、美濃加茂市と加茂郡坂祝町の境界付近に至る断層帯です。

 

本断層帯は、大野市南部から岐阜市北西部に至る根尾谷断層帯、本巣市から美濃加茂市、坂祝町境界に至る梅原断層帯、岐阜市北部に分布する三田洞断層帯に区分されます。

 

◎根尾谷断層帯

本断層帯は、1891年の濃尾地震の際に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約2100年以上である可能性があります。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.3程度の地震が発生する可能性があります。

 

◎梅原断層帯

本断層帯は、1891年の濃尾地震の際に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約14000年以上である可能性があります。

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.4程度の地震が発生する可能性があります。

 

◎三田洞断層帯

本断層が活動した場合にはM7.0程度の地震が発生する可能性があります。

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

揖斐川断層帯

揖斐川町から本巣市に至る断層帯です。

 

本断層帯は、1~10世紀頃に活動したと考えられており、その平均活動間隔は明らかになっていません。

万が一活動した場合はM7.1程度の地震が発生する可能性があります。


武儀川断層

岐阜県本巣市から山県市を経て関市武芸川町に至る断層です。

 

本断層が活動した場合にはM7.4程度の地震が発生する可能性があります。

その他過去の活動や、平均活動間隔などは不明となっています。

 

 

柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯(南部)

柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯は、丹生山地西方の日本海沿岸から琵琶湖東岸を経て伊吹山地南縁に至る活断層帯で、その南部で活動した場合に岐阜県にも被害を及ぼす可能性があります。

 

本断層帯南部では、約4900年前に活動したと考えられており、その平均活動間隔は不明です。

万が一活動した場合はM7.6程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

養老−桑名−四日市断層帯

岐阜県垂井町から三重県桑名市を経て四日市市まで、ほぼ養老山地と濃尾平野の境界及び養老山地の南に続く丘陵地の東縁に沿って延びる、長さ約60kmの断層帯です。

 

本断層帯では、13~16世紀頃に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約1400年以上である可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率は0.7%とやや高く、万が一活動した場合はM8クラスの巨大地震が発生する可能性があります。

 

鈴鹿東縁断層帯

岐阜県大垣市)から三重県いなべ市、三重郡菰野町、四日市市、鈴鹿市を経て、亀山市に至る断層帯です。

 

本断層帯では、約2800~3500年前に活動したと考えられており、その平均活動間隔は約6500年以上である可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率は0.07%で、万が一活動した場合はM7.5程度の地震が発生する可能性があります。


スポンサーリンク
 
にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ