南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

静岡県に被害を及ぼす地震活動


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

 

 

静岡県の過去の被害地震

静岡県では南海トラフ沿いで発生する巨大地震で日本でも特に被害を受ける可能性の高い地域です。

 

1944年の東南海地震では、地震の揺れ及び津波によって、死者・行方不明者が295名、家屋全壊が6970棟などの被害が生じました。

 

また、1707年の宝永地震1854年の安政東海地震、地震の揺れ・津波・火災・山崩れ等によって甚大な被害が生じました。

 

1946年の南海地震の際にも県内では津波による家屋の浸水や船舶の流出などの被害が生じました。

 

相模トラフで発生した1923年の関東地震では、地震の揺れと火災及び津波によって、県内では伊豆半島を中心として死者・行方不明者444名、家屋全壊2298棟などの甚大な被害が生じました。

 

また、1703年の元禄地震でも、伊豆地方などを中心として、津波や山崩れなどによる被害が生じました。

 


伊豆諸島周辺では、1974年伊豆半島沖地震で死者30名の被害、1978年の伊豆大島近海の地震で死者25名などの被害が生じています。

 

最近の活動は、2011年の静岡県東部の地震があり、負傷者48名などの被害が生じました。

 


スポンサーリンク
 

 

静岡県の主な活断層

塩沢断層帯

神奈川県足柄上郡山北町から静岡県駿東郡小山町、御殿場市付近に至る断層帯です。

 

本断層帯での過去の活動は不明ですが、その平均活動間隔は800年程度かそれ以上である可能性があります。

 

地震の経過率は不明ですが、少なくとも推定される活動間隔内での活動記録がないことから、いつ発生してもおかしくない状態であることは確かで、今後30年以内の発生確率は4%とかなり高い数値となっています。

 

万が一活動した場合はM6.8程度以上の地震が発生する可能性があります。

 

 

北伊豆断層帯

神奈川県足柄下郡箱根町南部から、湯河原町、静岡県三島市、熱海市、田方郡函南町、韮山町及び国市を経て、伊豆市に至る断層帯です。

 

本断層帯は1930年の北伊豆地震の際に活動があったと考えられ、その平均活動間隔は約1400年以上である可能性があります。

 

今後30年以内の発生確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.3程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

富士川河口断層帯

静岡県富士宮市から、富士市を経て静岡市清水区に至る断層帯です。

 

本断層帯は地表地質調査で、1回のずれの量が明らかになっておらず、浮島ヶ原地区で認められた堆積物の急激な変化が本断層帯の活動と関係しているかどうかについても明らかになっていません。

 

このため、活動した際の地殻変動の考え方によって、推定される2つのパターンが考えられています。

 

 

1つ目の考えられるケースでは、13~18世紀に活動があり、その平均活動間隔は150~300年程度である可能性があります。

 

2つ目に考えられるケースは、6~9世紀もしくはそれ以後に活動があったと推定されるケースで、その平均活動間隔は1300年以上とされます。

 

いずれの場合にも活動した場合の地震の規模はM8クラスの巨大地震となり、今後30年以内の発生確率は最大で18%と推定され、近々活動する可能性が相当高い特に危険な活断層であると言えます。

 


スポンサーリンク
 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ