南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

愛知県に被害を及ぼす地震


スポンサーリンク


スポンサーリンク
 

 

 

愛知県の過去の地震活動

愛知県では南海トラフ沿いで発生する巨大地震で、過去に重大な被害が生じています。

 

1854年の安政東海地震(M8.4)1944年の東南海地震(M7.9)では、県内の全域で強い揺れが生じ、名古屋市付近で特に大きな被害が生じました。


その他に愛知県での被害地震は、715年に浜名湖の西、静岡県との県境付近で発生した地震(M6.5~M7.0)1686年の地震(M7.0)1861年の西尾市付近の地震(M6.0)などがあります。

 

1945年に発生したM6.8の三河地震では、幡豆郡を中心に、死者は2300人を超え、全壊家屋は約7200棟など特に重大な被害が生じました。

 

 

周辺地域で発生した被害地震では、1586年の天正地震1715年の大垣付近の地震1891年の濃尾地震などがあり愛知県内の広い範囲で被害が生じました。

 


スポンサーリンク
 

 

愛知県の主な活断層

屏風山・恵那山断層帯及び猿投山断層帯

恵那山地、三河高原と美濃山地との境界から、岡崎平野・知多半島に至る活断層帯です。

 

屏風山断層帯赤河断層帯恵那山−猿投山北断層帯猿投−高浜断層帯加木屋断層帯に区分されます。

 

屏風山断層帯

岐阜県中津川市から恵那市に至る断層帯です。

  • 過去の活動ー不明
  • 活動間隔ー4000年以上
  • 発生した場合の規模ーM6.8程度
  • 今後30年以内の発生確率ー0.7%

 

赤河断層帯

岐阜県加茂郡白川町から恵那市に至る断層帯です。

  • 発生した場合の規模ーM7.1程度
  • その他、不明

 

恵那山−猿投山北断層帯

岐阜県中津川市から瑞浪市を経て、愛知県豊田市北西部に至る断層帯です。

  • 過去の活動ー約5400~7600年前
  • 活動間隔ー7200年以上
  • 発生した場合の規模ーM7.7程度
  • 今後30年以内の発生確率ー2%(高い)

 

猿投−高浜断層帯

愛知県豊田市から大府市を経て、西尾市に至る断層帯です。

  • 過去の活動ー約14000年前
  • 活動間隔ー約4万年程度
  • 発生した場合の規模ーM7.7程度
  • 今後30年以内の発生確率ーほぼ0%

 

加木屋断層帯

愛知県東海市から半田市を経て知多郡南知多町に至る断層帯です。

  • 過去の活動ー不明
  • 活動間隔ー約3万年程度
  • 発生した場合の規模ーM7.4程度
  • 今後30年以内の発生確率ー0.1%(やや高い)

 

 

伊勢湾断層帯

伊勢湾の中・北部に分布する活断層帯です。

 

木曽川河口の南方海域から愛知県知多郡南知多町の南方海域に延びる伊勢湾断層帯主部と、愛知県知多郡美浜町の沖合いから、三重県津市沖合いに達する白子−野間断層からなります。


伊勢湾断層帯主部はさらに北部南部に細分されます。

 

伊勢湾断層帯主部(北部)
  • 過去の活動ー約500~1000年前
  • 活動間隔ー約1万年~15000年程度
  • 発生した場合の規模ーM7.2程度
  • 今後30年以内の発生確率ーほぼ0%

 

伊勢湾断層帯主部(南部)
  • 過去の活動ー約1500~2000年前
  • 活動間隔ー約5000年~10000年程度
  • 発生した場合の規模ーM6.9程度
  • 今後30年以内の発生確率ー0.002%

 


白子−野間断層
  • 過去の活動ー約5000年以上前
  • 活動間隔ー約8000年程度
  • 発生した場合の規模ーM7.0程度
  • 今後30年以内の発生確率ー0.8%(やや高い)

スポンサーリンク
 
にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ