南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

滋賀県の過去の地震活動と主な活断層


スポンサーリンク

 

 

滋賀県に被害を及ぼした地震

歴史の資料で最も古い地震は、976年のM6.7の地震で、京都府南部や滋賀県で死者50名以上などの被害が生じたとされています。

 

また、1185年に発生したM7.4の地震では、琵琶湖の南西岸を中心に大きな被害を与えました。

 

1662年のM7.6程度の地震では、特に県北西部の比良山地を通る若狭街道沿いの被害が甚大でした。

さらに被害は福井県域にも及び、全体で死者は800名を超えています。

 

1325年のM6.5の地震は琵琶湖北部の竹生島の一部が崩壊しました。

 

明治以降では、柳ヶ瀬断層の南端付近で1909年に江濃地震(M6.8)が発生し、県内では死者35名などの被害が生じました。

 

 


海溝型の地震も度々発生し、県内外の広い地域で被害を及ぼしています。

 

1802年と1819年には、同じ地震が発生しており、両方ともM7クラスの規模で発生しています。


1854年の伊賀上野付近の地震1891年の濃尾地震など、周辺地域で発生する大地震や、南海トラフ沿いで発生する地震でも滋賀県は大きな被害が生じています。

 


スポンサーリンク
 

 

滋賀県の主な活断層

柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯

丹生山地西方の日本海沿岸から琵琶湖東岸を経て伊吹山地南縁に至る活断層帯です。

 

本断層帯は、柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯主部の北部、中部、南部の3つの区間と浦底−柳ヶ瀬山断層帯からなります。

 


柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯主部は、全体の長さは約100kmあり、北部は断層帯北端の福井県福井市鮎川から山中峠南東付近、中部は山中峠南東付近から椿坂峠付近、南部は椿坂峠から断層帯南端の岐阜県不破郡垂井町までの区間になります。

 

 

北部は17世紀頃に活動があったと推定され、活動間隔は約2300~2700年程度であった可能性があります。

 

今後30年の発生確率はほぼ0%ですが、この区間で万が一活動があった場合はM7.6程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

中部は約7000年以上前に活動があったと考えられていて、その平均的な活動間隔は不明です。

万が一活動した場合はM6.6程度の地震が発生する可能性があります。


南部はの約4900年前以後、15世紀以前であったと推定されます。平均的な活動間隔は不明です。

万が一活動があった場合はM7.6程度の地震が発生する可能性があります。


浦底−柳ヶ瀬山断層帯は過去の活動や活動間隔に関する資料は得られていません。
万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があります。

 

 


また、この断層帯が全体で同時に活動する可能性も考えられ、その場合は、マグニチュード8.2程度の巨大地震が発生する可能性があります。

 

 

 

野坂・集福寺断層帯

若狭湾から琵琶湖北方の野坂山地にかけて分布する活断層帯で、野坂断層帯集福寺断層の二つに区分されます。


野坂断層帯は、若狭湾から福井県三方郡美浜町を経て敦賀市に至る断層帯です。

 

15~17世紀に活動があったと考えられており、その平均的な活動間隔は約5600年以上であった可能性があります。

 

今後30年以内に発生する確率は0%、もしくはそれ以上とされており、万が一活動した場合はM7.3程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

集福寺断層は、敦賀市から滋賀県伊香郡西浅井町に至る断層です。

 

過去の活動や平均活動間隔は不明で、万が一活動した場合はM6.5程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

湖北山地断層帯

敦賀平野東部から琵琶湖北方の野坂山地にかけて分布する活断層帯で、北西部南東部の2つに区分されます。

 

断層帯北西部は、福井県敦賀市から滋賀県高島市に至る断層帯です。

 

11~14世紀に活動があったと推定され、その平均的な活動間隔は約3000~4000年であった可能性があります。

 

今後30年以内の発生確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があります。

 


断層帯南東部は、敦賀市南部の滋賀県境付近から高島市に至る断層帯です。

15~17世紀に活動があったと推定され、その平均的な活動間隔は約7000年程度であった可能性があります。

 

今後30年以内の発生確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM6.8程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

琵琶湖西岸断層帯

滋賀県高島市から大津市国分付近に至る断層帯で、本断層帯は過去の活動時期の違いから、断層帯北部断層帯南部に区分されます。

 

断層帯北部は、高島市に分布する断層で、約2400年以上前に活動があったと考えられていて、その平均的な活動間隔は1000年~2800年であった可能性があります。

 

その経過率等から、今後発生する確率は3%と高く評価されていて、いつ発生しても不思議ではありません。

北部が活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

断層帯南部は、高島市南方の琵琶湖西岸付近から大津市国分付近に至る断層です。

 南部では1185年の地震の際に活動したと考えられていて、活動間隔は約4500年以上であることから今後の発生確率はほぼ0%とされています。

 

なお、万が一活動した場合はM7.5の地震が発生する可能性があります。

 


スポンサーリンク
 

 

三方・花折断層帯

若狭湾から京都盆地南東部に至る活断層帯で、三方断層帯花折断層帯の2つに区分されます。

 

三方断層帯

福井県三方郡美浜町沖合いの若狭湾から遠敷郡若狭町に至る断層帯です。

1662年の地震の際に活動したと考えられていて、その平均的な活動間隔は約3800年以上であった可能性があります。

 

今後30年以内の発生確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があります。

 

花折断層帯

滋賀県高島市から京都市を経て京都府宇治市に至る断層帯で、北部中部南部の3つの区間に細分されます。

 

北部は1662年の地震の際に三方断層帯と同時に活動したと推定されています。

その他、活動間隔や発生確率は不明ですが、万が一活動した場合はM7.2程度の地震が発生する可能性があります。

 

中部、南部は約2800年前に同時に活動した可能性があり、平均活動間隔は4200年~6500年程度で発生確率は中部と南部が別々に活動する場合も含めて0.6%とやや高く評価されています。

 

万が一活動した場合はM6.8~M7.3程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

鈴鹿西縁断層帯

滋賀県米原市から、甲賀市土山町に至る断層帯です。

 

本断層帯での、過去の地震活動は不明で、平均的な活動間隔は約18000年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は0.2%とやや高く評価されており、万が一活動した場合はM7.6程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 

 

頓宮断層

滋賀県甲賀市水口町から伊賀市に至る断層です。

 

本断層帯では、約1万年前に活動した可能性があり、その平均的な活動間隔は約1万年以上だと考えられています。

今後30年以内に発生する確率は1%でやや高く評価されています。

 

万が一活動した場合はM7.3程度の地震が発生する可能性があると推定されています。

 


スポンサーリンク
 

 

にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ