南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震の観測、研究をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などを潮位、動物や海洋生物、ラドン濃度、電磁波ノイズ 、地殻変動、水文観測などの異常から警告します。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。

2018.11.15更新
最新警戒情報
Level.5:
Level.4:
Level.3:沖縄、北海道、関東、東北
Level.2:長野、大分、宮崎
Level.1:

発生率、及び推定マグニチュードから人的被害を及ぼす危険性の高いものをlevel5から順に表示しています。
※過度に心配せず減災、防災等の意識の向上にお役立て下さい。


f:id:tsukasa-fp:20180822225926j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225935j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225948j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822225958j:image


f:id:tsukasa-fp:20180822230005j:image

大阪府の地震活動と主な活断層


スポンサーリンク

 

大阪府に被害を及ぼした過去の地震活動

過去の被害地震でも特に重大な被害が生じたのは1596年の慶長伏見地震です。

 

この地震により大阪府内では、堺で死者が600人近くでています。

 

 

その他には1936年の河内大和地震では、死者8名などの被害が生じ、地面の亀裂や噴砂・湧水現象も見られました。

 

最近の活動では、2018年6月18日に発生した大阪府北部。

この地震により、府内では死者4名、負傷者360名などの被害が生じました。



周辺の地震では、阪神淡路大震災とも呼ばれる兵庫県南部地震により大阪府内でも重大な被害が生じました。

 

また、大阪府では南海トラフ地震の際にも重大な被害が想定されていて、実際に過去の南海トラフ沿いで発生した地震の際には大阪府でも毎回大きな被害が生じています。

 


スポンサーリンク
 

 

大阪府の主な活断層

有馬、高槻断層帯

神戸市北区の有馬温泉西方から高槻市街地北部に至る長さ約55kmの断層帯です。

 

1596年の慶長伏見地震の際に活動したとされていますが、2018年の大阪府北部地震でも本断層が関連した可能性があると指摘されています。

 

この断層の活動間隔は1000~2000年程度と考えられており、今後30年以内に発生する確率は0.03%となっていますが、大阪府北部地震の活動によって現在の調査データの信頼性が指摘されていますので、活動した断層等について今後調査する必要があります。

 

 

生駒断層帯

大阪府枚方市から羽曳野市まで延びる断層帯で、生駒山地とその西方の大阪平野との境界付近に位置しています。

 

この断層では約1000~1600年前に活動があった可能性があり、その平均的な活動間隔は3000年以上であると考えられています。

 

今後30年以内に発生する確率は0.2%とやや高く、万が一活動した場合はM7クラスの大規模な地震が発生すると推定されています。

 

六甲・淡路島断層帯

大阪府箕面市から兵庫県西宮市、神戸市などを経て淡路島北部に至る六甲・淡路島断層帯主部と淡路島中部の洲本市から南あわじ市に至る先山断層帯からなります。

 

六甲・淡路島断層帯主部は、断層の分布形態や過去の活動時期の違いなどから、長さ約71kmの六甲山地南縁−淡路島東岸区間及び長さ約23kmの淡路島西岸区間の2つに区分されます。

 

六甲山地南縁-淡路島東岸区間は16世紀頃に活動があった可能性があり、その平均的な活動間隔は900年~2800年と考えられています。

 

今後30年以内に発生する確率は1%と高く評価されており、万が一活動した場合はM8クラスの巨大地震になる可能性もあります。

 


スポンサーリンク
 

 

淡路島西岸区間は1995年の兵庫県南部地震の際に活動したと考えられており、周期は短くても1500年以上はあるとされているため、その経過率から考えて、今後30年以内に発生する確率はほぼ0%となります。

 

先山断層帯では、11世紀~17世紀頃に活動があった可能性があり、その平均活動間隔は5000年以上だと考えられています。

 

今後30年以内に発生する確率はほぼ0%ですが、万が一活動した場合はM6.6程度の地震が発生する可能性があります。

 

 

上町断層帯

大阪府豊中市から大阪市を経て岸和田市に至る断層帯です。

 

この断層では約9000~28000年前に活動した可能性があり、その平均活動間隔は8000年程度と考えられています。

 

経過率を考えると、今後いつ活動しても不思議ではないが、2018年の大阪府北部地震の際に少なくとも上町断層帯に刺激が加わっていたことがわかっており、本断層の活動が関連している可能性も少なからず考えられるため、発生確率の見直しのための今後の調査が必要だといえます。

 

 

大阪湾断層帯

神戸市沿岸から大阪湾を縦断して大阪湾南部に至る断層帯です。

 

9世紀以後に活動があった可能性があり、平均活動間隔は3000年~7000年程度であると考えられています。

 

地震発生確率は30年以内に、0.004%以下で発生した場合の規模はM7.5程度であると推定されています。


スポンサーリンク
 
にほんブログ村 ニュースブログ
人気ブログランキングへ